<   2015年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2015年 09月 30日

薪造り


朝から里山の会の男メンバーで薪造りをした。

10月から始めるコンニャク造り用だ。


会長の御主人が事前に山から丸太を運んでくれた。


私の友人が助っ人でチェンソーで短く切ってくれた。

e0008820_191760.jpg





私たちはそれにクサビを当ててハンマーで割った。

e0008820_1911693.jpg


午前9時から始めて昼食をはさんで午後3時過ぎまでかかってしまった。

奥にある保管場所に積み上げた。

コンニャク造りの期間にこれだけあれば足りだろう。


終了後はゴミ掃除。

全てが終了したのが午後4時だった。



思い鉄ハンマーを振り続けて腕が痛い。

知らない間に足に何か当たったのか、内出血していた。

左手の親指も2回もハンマーで叩いてしまって内出血。


明日の朝起きた時に体が普通に動くのか・・・・・・心配。

by hamabo-1m | 2015-09-30 19:11 | 里山を守る会
2015年 09月 28日

スーパームーン


昨夜の十五夜に続いて今日はお月様が地球に一番近づいたスーパームーン。

海から登るお月様を見に出掛けた。

手持ちではブレて写らない。

三脚にカメラをセットして撮影した。

最初に撮影した場所では綺麗な画像は無かった。

仕方無しに帰ろうと車を走らせていると、途中で素晴らしいお月様が見えた。

e0008820_19554493.jpg


ガードレールの上にカメラを固定して撮影した。

水平線から上り始めると赤く染まったお月様。

これは地上の空気の汚れで赤くなるのだ。

段々上に登ると普段見る白っぽいお月様になる。


二日続けての天体ショー。

お天気に恵まれて運が良かった。






ボルネオにいる友人から十五夜の写真が届いた。

e0008820_2052423.jpg


。ボルネオは日本より空気が汚れているようだ

by hamabo-1m | 2015-09-28 20:07 | 風景
2015年 09月 27日

中秋の名月


昼間で降り続いた雨。

昼からは晴れて夜に亜素晴らしいお月様が出た。

e0008820_21215758.jpg

          (アイフォンで撮影)

今朝小雨の中ススキと萩を取りに出掛けた。

我が家と娘達の3軒分だ。

女房は昨夜からアズキを煮て、愛華と柚奈とオハギを作った。


今も素晴らしいお月様が見えている。




明日は「スーパームーン

スーパームーンとはお月様が一番地球に近づく時だ。

十五夜より綺麗に見えるかもしれない。

by hamabo-1m | 2015-09-27 21:27 | 風景
2015年 09月 26日

キンピラ芋



キンピラ・ゴボウではなくキンピラ芋。

私はサツマイモの茎が大好きで、初めて苗を植えて育てた。

普通は肥料などしないが故意に与えて葉を育てた。

下に芋が付いているのかはまだ不明だ。


先ずイモの茎を綺麗にして糠漬けにした。

それを細かく刻んでご飯にふりかけ、その上に二杯酢をかけて混ぜ込む。

とても美味しい混ぜご飯になる。


そしてイモの茎の皮を剥いて6,7センチほどに切る。

刻んだものにアゲを入れてキンピラ芋の出来上がり。

e0008820_19311874.jpg


ゴボウで作るのが定番だが、コレは絶品の一つだ。


数年前に山間部でサツマイモを栽培しているおばあさんに「イモの茎を摘ませて」と頼んだ。

「いくらでも持って行きな」と言った。

そしてもう一言・・・「貧乏人やなぁ」と笑った。

戦後の食べ物が不足している時に嫌と言うほど食べたのだろう。

私も同様なのだが大好きなのだ。


庭でせっせと葉を摘んでから女房にバトンタッチ。

明日も摘むことにしよう。






伊勢湾台風


56年前の今日(1959年9月26日)巨大台風15号が潮岬に上陸した。

紀伊半島のど真ん中を名古屋に向かった。


死者約4700人、行方不明者約400人の第三次となった。


その時私は東京に住んでいてその恐怖には出会わなかった。


台風の大きさで言えば1990年9月19日の台風19号のほうが大きかった。

海岸には大きな堤防が出来て、家も丈夫になっていたから被害は伊勢湾台風ほどではなかった。

しかし山の木の倒れ方などを見ると、伊勢湾台風より大きかったと思う。

翌年の台風19号は日本列島を縦断して、リンゴの大被害など大きく報道された。

しかし1990年の19号の方が遥かに恐ろしかった。

二度とあんな台風は来て欲しくないと何時も思う。

by hamabo-1m | 2015-09-26 19:49 | その他
2015年 09月 23日

テレビを信じるなかれ



テレビのニュースで流れた熊野市にある丸山千枚田の彼岸花を見て行ってきた。

全体を見渡せる場所から見て驚いた。

何処にあるの???????????????

e0008820_19452719.jpg


確かに咲いてはいるが、ほんのわずかだ。



坂を下って途中の展望所から見てみた。

故意に彼岸花を入れて撮影しないと駄目だった。

e0008820_19455249.jpg





e0008820_1946692.jpg




一ヶ所蕎麦の花が咲いていた。

そこにも少しの彼岸花があった。

e0008820_19465844.jpg


赤と白のコントラストが素敵だった。


e0008820_19473151.jpg




テレビの画像は切り取った素敵な場所だけ。

全体像を見せることが無い。

それに騙されたのだ。



確かに過去に我が町を紹介した映像でも同じだった。

「切り取り画像を見ると和が町も素晴らしい」と思った。


千枚田を見に多くの人が来ていた。

皆さんも同じようにがっかりしたのではなかろうか。


テレビ画面を信じるな

by hamabo-1m | 2015-09-23 19:52 | 風景
2015年 09月 22日

ブルーインパルス


昨日石川県にある航空自衛隊小松基地へ行ってきた。

目的はブルーインパルスの曲芸飛行を見るためだ。


目の前を離陸のために移動する隊長機と2番機。

e0008820_1373293.jpg







3番機のパイロットが手を振っているのまで見えた。

e0008820_1374638.jpg






編隊飛行が始まった。

e0008820_1375736.jpg







1機は仏飛行で右の機は背面飛行をしている。

e0008820_13101783.jpg







大空多角揚がって花が開くような飛行。

e0008820_1383463.jpg


昨日は薄曇りで青空が少なかったのが残念だった。



このブルーインパルスの前にF-15Jイーグルのデモ飛行があった。

まだ会場に着いていなく遠くからしか見ることが出来なかったのが残念。

ブルーインパルスF-2は国産ジェットでエンジンは1基。

それに対してF-15Jは巨大なエンジンが2基。

その爆音は驚くばかりだった。


このF-15J戦闘機ha全国8ヶ所に配備されていて、日本の空を守っている。

その数は200機。

日本では1980年に配備されて古く感じるが、今でも世界のトップクラスの戦闘機なのだ。

中国が最新鋭戦闘機を開発しているが、それと同等以上の性能を持つ素晴らしい戦闘機だ。










小松基地航空ショー

今年で15回目となる小松基地の航空ショー。

8月初めに阪急交通のツアーを申し込んだ。


20日(日)午前10時頃に家を出発した。

11時頃に松阪駅に着き駐車場を探した。

どれだけ探してもすべて満車だった。

仕方なく近鉄の緯線中川駅へ行って探した。

ここもすべて満車。

途方にくれて松阪市の従兄弟に電話して、車を預かってもらうことにした。

それまでの所要時間が2時間半。

タクシーで駅に向かい名古屋へ向かった。


予約してあったホテルにチェックイン。

少し休んでからJR高島屋へ行った。

東急ハンズへ行き探し物をしたが見つからなかった。


12階のドイツ料理店に入り夕食。

コース料理を食べたがどれも美味しくて大満足した。




21日(月)

朝5時前に起きてシャワーを浴び、駅のツアー集合場所へ向かった。

午前6時というのに大勢の人が溢れていて驚いた。

受付を済ませて予定通り6時45分に出発。


小松基地が近くなると大渋滞だった。

やっとバスの駐車場に入り、そこからシャトルバスに乗り換えて基地へ行った。

そのあいだにF-15のデモ飛行が行われていて、遠くからしか見る音が出来なかった。


本命のブルーインパルスを見るために、一番滑走路に近いところに陣取った。


出発前に添乗員さんが「最後まで見るとシャトルバスに乗るのが遅くなります。終わりがけに

早目にバス亭に向かい、歩きながら見て下さい」と言った。

勿論近くで最後まで見たかったのだが、出発に遅れてはいけないと思い我慢した。

早くバス亭に着いたために帰りの観光バスには3時5分に到着した。

出発は4時半。

ところがその時間になっても17人(全員で40名)が帰ってきていない。

5時頃にはまだ8人がいない。

添乗員に長屋駅に10時半までに着かないと、家に帰れないことを告げた。


あきれ果てた結果全員揃ったのが5時半過ぎ。

中学生くらいの男の子達だった。

「ごめんなさい」と謝りながら席についたが、私は気がきではない。

どう考えても間に合うはずが無い。

腸が煮えくり返った。


携帯電話で近鉄の時刻表を見ると、津駅行きの特急が11時15分発があった。

それも間に合うかどうかも分からなかった。

添乗員さんがホテルの空きを調べてくれて、確保してくれた。


名古屋駅11時到着。

私は悪い足で女房に支えてもらいながら早足で近鉄に向かった。

バスを降りた場所とはまったく反対側がえきなのだ。


何とか間に合って電車に乗った。


津駅に到着してタクシーに乗り松阪の従兄弟の家まで走った。

到着したのが0時半。

タクシー料金は9000円。

遅れてきた中学生とその親らしき人達に請求書を出したい気分だった。


車に乗って自宅に到着したのが午前1時半。

疲れきってしまった。


初日の駐車場探しでヘトヘトとなり、当日も疲れ切った。

こんなバスツアーは二度と行きたくない。



自分勝手で他の人の迷惑をかけてはいけないなどと、今の人達は考えもしないのか。

勝手な者達と旅行社を訴えてやりたい気持ちで、不愉快なバス旅行が終わった。

by hamabo-1m | 2015-09-22 14:00 | 祭り・イベント
2015年 09月 19日

彼岸花とハマボウ



お彼岸が近づき各所で彼岸花を見ることが出来る。

自宅前でも満開に近い。

彼岸花の後ろに黄色い花が咲いている。

ハマボウの花だ。

e0008820_19222658.jpg




毎年季節を間違えることも無く花を咲かせる彼岸花。

e0008820_1921304.jpg


大好きな花でもっともっと増やしたいと思っている。




朝晩はとても涼しくなった。

しかし日中の暑さは夏と変わらない。

気象庁の発表では最高気温29,8度と言っていてが、30度を超えていたのは間違いない。

いったい何時までこの暑さが続くのだろう。

寒さ暑さも彼岸までと言うが、その通りになって欲しい。

by hamabo-1m | 2015-09-19 19:28 |
2015年 09月 18日

津波



昨日南米のチリでM8.3の大地震があった。

津波が紀伊半島に到達するのは24時間後と予測した。


今朝(深夜)3時にけたたましいサイレンの音がして飛び起きた。

最初は何処か火事なのかと思った。

直ぐに「津波注意報が出ました」と大音量で部屋のスピーカーから流れた。

警報なら納得出来るが注意報を夜中に出すべきか腹がたった。


朝に知り合いと話すると口をそろえて「馬鹿げている。あの放送で起こされて眠れなかった」と言った。

私も同様で眠ろうとしても無理だった。

仕方無しにテレビをつけたがしょうも無い番組ばかりだった。


我が町の全戸に防災スピーカーが設置されている。

普段は町内の催しもの開催のお知らせやら、大雨注意報を出したり便利なのは間違いない。


しかし・・・・・夜中に大音量の放送をされたら困る。

おそらく子供や赤ちゃんまで根が覚めたに違いない。


きっと役場には多数の苦情があったことだろう。





午前6時過ぎに堤防に行った。

予想到達時間は6時半だったのに7時近くまでいたが何の変化も無かった。

何も無くて幸いだが役場の対応には大不満が残った。

by hamabo-1m | 2015-09-18 19:01 | その他
2015年 09月 17日

センニンソウと・・・・・


何処にでも咲いている白い花。

これはセンニンソウ。

e0008820_1874013.jpg


しかし少し離れたところから見ると、センニンソウと間違う花がある。

以前にもアップしたことがあるが、再度知っていただきたい。



右の花がセンニンソウで左はボタンズル。

近くで見るとかなりの違いが分かる。

しかし遠めで見ると区別が付かない。

e0008820_188389.jpg





葉もかなり違う。

右がセンニンソウで左がボタンズルの葉。

e0008820_1881839.jpg



殆どの方は同じ花と思っているようだ。








安保法案可決

とうとう安保法案が可決した。

世論調査で賛成はわずかで反対が少し。

「どちらとも言えない」が圧倒的だ。

自民党はもっと国民が納得する説明すべきだった。


反対デモをしている人達の言い分も可笑しい。

「戦争反対」ばかり叫んでいる。

安保改定法案が通過しても直ぐに戦争を容認出来るわけがない。

有事には迎え撃つことが出来ると言っているのだ。


最近の日本人は能天気過ぎる。

海洋進出ばかりしている中国。

日本の領海内サンゴの堂々としている野蛮国家。

北朝鮮も同様だ。


韓国も武力で日本の領土である竹島を占領している。

日本の周りの国は野蛮国家ばかりだ。




マスコミ

日本のマスコミも変だ。

中国の軍事的脅威を報じながら、安保法案になるとまるで手のひらを返したように、旧態依然の

非武装的平和主義の議論を繰り返しているのは何故???




沖縄辺野古基地問題。

もし沖縄から米軍が照ったしたらどうなるだろう。

中国は今よりもっと好き放題するに違いない。

直ぐに尖閣諸島も占領するだろう。

米軍の脅威を感じるからこそ尖閣諸島は無事なのだ。


国は沖縄県に対して迷惑をかけているからこそ思いやり予算を出している。

その規模は年間約3000億円。

基地が無くなれば当然この予算も消えるだろう。

それでなくても失業率が日本一の沖縄県。

基地で働いている人々や色々な物資を納入している業者も多い。

基地が無くなれば失業者が激増する。

観光業だけで沖縄の経済が成り立つとは思えない。


先日見たテレビで島と島を結ぶ立派な橋があった。

当然交通量も少ない。

思いやり予算でこんなものを作る必要性があるのか疑問だ。


確かに沖縄県には迷惑をかけているのは事実だ。

しかし隣の軍事巨大国家がある限りは基地は必要だ。


中国、北朝鮮、韓国と我が物顔をしている国家ばかり。

脅威を感じない能天気な国民が多すぎるではなかろうか。

by hamabo-1m | 2015-09-17 18:44 | 山野草
2015年 09月 14日

鵜の捕食


今日の午後川の土手道を走っていると、シラサギが騒いでいるのを見つけた。

以前にも1度見たことがあるのを思い出して車を止めた。

この下の画像を見て頂きたい。

e0008820_18365933.jpg


この中には2羽のシラサギしか写っていないが、近くには5,6羽いたのだ。

全体を撮影すると何がなにやら分からなくなるのでアップで撮影した。


2羽のシラサギの間の水が波打っているのがお分かりだろう。

この波は水に潜って魚を追っている鵜が立てている。


10羽ほどの鵜が集団で魚を囲み、岸の浅瀬に追い込んでいる。

そのおこぼれをシラサギが頂いているのだ。


鵜も浅瀬では捕食が難しい。

浅瀬に追い込まれた魚はシラサギに追われて深みに戻る。

鵜とシラサギが魚を捕って飲み込むのを撮影できなかったのが残念。


これは鵜とシラサギの連携プレーに見えた。


こんな様子を見ることが出来たのは2度目だ。

by hamabo-1m | 2015-09-14 18:48 |