<   2014年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 31日

家族旅行


27日夜に娘たちが迎えに来てくれて、車に乗り込みイザ東京へ向かって出発。

家族10人が2台のワンボックスカーに乗った。


夜中の高速道路は80%以上が大型トラック。

金曜日なのにSAへ入っても駐車場が満車。

何度も休憩を取りながら東京ディズニーランドへ向かった。

午前6時頃に到着。

入園準備をしてからゲート前に行き列に並んだ。

開園すると並んでいた人たちが目的のアトラクションへ走っていた。

e0008820_10372620.jpg


子供4人いるから危険と感じて歩いた。

先ず第一目標の「モンスターズインク」の入場予約をした。


色々なアトラクションを子供たちが楽しんで、早めの昼食を食べて「モンスターズインク」へ。

老人の私にはそれほど楽しく感じなかったが、孫たちは歓声を上げて喜んでいた。


昼過ぎに私たち夫婦は疲れ果てて休憩タイム。

柚奈を連れて一旦ホテルへ向かった。

ホテルの部屋(10階)の窓から見るとディズニーランドが一望できた。

e0008820_10384039.jpg




柚奈を連れて再入園。

夜のパレードを見るために場所を確保して座り込んだ。

ジイジは何処へ行っても場所取り要員だ。

約2時間待ってパレードが始まった。

次々と目の前を通過する電飾された車が通ると、孫たちは大喜び。

これは「トイストーリー」だ。

e0008820_10385858.jpg


パレードが終了してからホテルへ向かった。

ディズニーランドの中のトイレには大不満だ。

トイレの数が少な過ぎて男子トイレでさえ長蛇の列。

これでよく苦情が来ないのかと疑問を感じた。





二日目

朝早く目が覚めた私はホテルの周りを散歩した。

家族全員(10人)揃って朝食を取ってから、ディズニーランドを1周するモノレールに乗った。

出発前にホテル前で記念撮影。

e0008820_105448100.jpg





おのぼりさんらしくお台場へ。

フジテレビ近辺を散策して回った。

歩いていると目の前に「ガンダム」の巨大な姿が。

夏鈴と柊人がアリンコに見えるほどだ。

e0008820_10392883.jpg


e0008820_10394557.jpg




次の目的地の横浜中華街へ向かった。

宿泊先のホテルにチェックインしてから歩いた。

娘がネット予約したお店へ行った。

写真の左側「横浜大飯店」。

食べ放題の予約をしていた。

e0008820_104039.jpg



食物アレルギーの愛華の食べられる物を探すのが大変だった。

驚いたのは私だけしか食べないと思っていた「北京ダック」。

なんと愛華が大いに気に入って沢山食べた。

女房、娘たち、お婿さんたちの次々と要望があり、大量に追加注文をした。

私が口にしたのは皆が「もう要らない」と言った後だった。

e0008820_10401899.jpg


全員お腹一杯になって中華街を散歩した。


私が一番行きたかった「関帝廟」(かんていびょう)。

実は20年以上前に亡父亡母と行った場所だ。

しかもその日は新しく造られた「関帝廟」の落成式の日だった。

それからも改築されたそうだ。

e0008820_10403475.jpg


そこを後にして街を散策した。





3日目

ホテルを10時にチェックアウトして一路東名高速道路へ向かった。

徐々に風雨が強まってきた。


途中センターラインに激突して大破しているホンダNSXがあった。

3車線の一番右でまだ事故があったばかりなのか、車内に姿が見えた。

高速で突っ込んでくる車があるのではないかと心配した。

その後どうなったのかは分からない。

前方の車が見えにくいほど雨が降っていた。

時々突風が吹いて車が揺れた。

新東名の浜松SA近辺でやっと雨がやんだが、相変わらず風が強かった。


何処のSAに入っても駐車するための場所探しに時間を費やした。

食事をするためのフードコートでも座れる場所取りに困った。



自宅に到着したのが午後10時。

娘たちはそれから尾鷲市まで帰って行った。

昨日の午後4時に開通した無料区間を走行することが出来て、驚くほど早く娘から「今着いたよ」

と連絡があった。

多分20分内で行くことが出来そうだ。



2泊3日の楽しい楽しい家族旅行が終わった。

1日目万歩計の数字が13000.

2日目は14000歩。

3日目は7800歩。

歩き疲れた3日間だった。

by hamabo-1m | 2014-03-31 11:28 |
2014年 03月 27日

枝垂れ桜 Ⅱ



隣町の紀勢町役場支所。

樹齢100年以上の枝垂れ桜の大木がある。

行ってみると満開だった。

e0008820_11122162.jpg



旧国道の上までかぶさっているのが見事だ。

e0008820_1111675.jpg




その足で近くの笠木渓谷へ行った。

この枝垂れ桜は上の桜の子供になる。

山奥にあり気温が低いために7分咲きだった。

e0008820_11112350.jpg










いよいよ開通


高速道路紀勢線紀伊長島から尾鷲市まで無料区間が間もなく開通する。

30日(日)には記念イベントがある。

ハイウェイウオークを初め踊走会の演舞も披露する。

生憎私は30日の夜に帰宅する予定で不参加。

e0008820_11113546.jpg


孫の顔を見に行くのにかなりの時間短縮になる。





今日からブログを休む予定だったが、出発が夕方になったので写真を撮りに行った。

by hamabo-1m | 2014-03-27 11:18 |
2014年 03月 26日

一人静(ひとりしずか)



庭にあるビワの木下で一人静がひっそりと咲いている。

e0008820_1855060.jpg



何故なのか今年は1本しか出なかった。

e0008820_186687.jpg


種が出来たら増えるように慎重に撒くことにしよう。



久しぶりの雨。

庭の花や木々は喜んでいることだろう。


町内にあるソメイヨシノも咲き始めている。

まだまだ1分咲き程度だが、雨上がりに一気に開花するに違いない。

週末には見頃となるだろう。

by hamabo-1m | 2014-03-26 18:10 | 我が家の庭
2014年 03月 25日

枝垂れ桜



町内にある枝垂れ桜の古木が満開になっていた。

e0008820_19393184.jpg



e0008820_19395237.jpg


惜しいことにこの桜が咲いているのがお墓の真ん中。

もし普通の山や公園内だったら大勢の見物客が訪れるだろう。









ミツマタ

先日雪の中を走って見に出かけたミツマタの花。

そろそろ満開になっていると思い出かけてみた。

思った通り見事に咲いていた。

毎年増え続けて山の上のほうまで広がっていた。

e0008820_1940912.jpg



e0008820_19402012.jpg



種が飛んで下を流れる川の淵にも沢山咲いていた。

e0008820_1940394.jpg


この場所は隣町の大内山。

学問の神様で有名な「頭の宮」から約5,5km。

普通のスピードで林道を走って約12分。

かなりの山奥にある。

しかし見ごたえがあるミツマタの群生だ。

あと1週間程が見頃だろう。

by hamabo-1m | 2014-03-25 19:48 |
2014年 03月 24日

陽光桜 満開



陽光桜が満開になった。

河津桜と似たピンクの花だが、私はこの陽光桜のほうが好きだ。

e0008820_194025100.jpg



e0008820_19405259.jpg




昨夜フラッシュ撮影してみた。

e0008820_19413541.jpg



e0008820_19415187.jpg


ニュースを見ていると各地からソメイヨシノの開花宣言が報道されている。

我が町ではまだまだだ。

海岸沿いで朝晩が冷え込むのが原因だろう。

しかしそれだけ色が綺麗になる長所もある。

開花は週末になりそうだ。





陽光桜の横には数種類の水仙を植えてある。

毎年順調に増えているのが嬉しい。

e0008820_19421083.jpg


水仙ばかりになっても面白くない。

少し違う花も植えることにしよう。











愛華の気使い

昨日三重県空手大会で総合優勝した愛華。

今まで賞状やトロフィー等に興味が無かった。

しかし昨日は嬉しさがあったのか、トロフィーを見たくなったそうだ。

ところが姉の夏鈴が父親に注意されて泣いているから出すことが出来なかったそうだ。

夏鈴が泣き疲れてベッドへ行ってから出したそうだ。

幼いながら姉に気を使った愛華だったそうだ。

by hamabo-1m | 2014-03-24 19:52 | 我が家の庭
2014年 03月 23日

愛華が・・・・・



空手道三重県選手権大会が津市で開催された。

孫娘の愛華にとっては2度目の大きな大会。


先ず形の部に出場。

今年から2年生だけでしかも女子だけの試合になった。

昨年までは1,2年生男女混合だった。

おのずと参試合に出場する子供の数も減った。

愛華はかんり緊張したそうだが、見事に形の演技を見せてくれた。

審判員が出した点数が36点。

2位の子供が34.8点だから、いかに愛華が高得点を出したか・・・。


賞状とトロフィーを手にした愛華が嬉しそうだった。

e0008820_20515874.jpg



表彰式も緊張しているように見えた。

e0008820_20521423.jpg



それだけではなかった。

嫌いな組み手の試合も制したのだった。

勝ち上がって決勝戦は始めての本格的な組み手試合。

始まると同時に攻める一方で相手の子を圧倒した。

アッという間に2本決めて優勝してしまったのだ。

「形」「組み手」の両方を制すると総合優勝と呼ばれる。

今日の総合優勝は3人だったそうだ。

とてつもない結果を出してしまった愛華。


しかし本人はケロッとしてその価値が理解出来ていないようだった。




今朝娘が愛華を起こすと開口一番「行くのをやめようよ」だったそうだ。

空手が大好きで練習も好き。

だけど試合には出たくないと常に言い続けていた。

会場に入っても嫌がっていた。

ところが胴衣に着替えるとスイッチが入ったように変わる。

本人も「形はスイッチが入ったけど、組み手は入らない」と笑っていた。




姉の夏鈴。

苦手な組み手は僅差で4位だった。

午後からは得意の組み手。

1回戦は簡単に2本決めて勝った。

ところがベスト8の試合でまさかの敗戦。

見ていた私も唖然とした。

ディフェンデイング・チャンピオンのプレッシャーかと・・・・・。


娘に聞いてその原因のひとつが分かった。

2,3日前から体調を崩して下痢はする、嘔吐もしていたそうだ。

万全な体調で試合に挑んで欲しかったと思う。


負けて泣き崩れる夏鈴に掛ける言葉も見つからなかった。

総合優勝した愛華、負けてしまった夏鈴の両方を扱う娘の苦労はどれだけのものだろう。


姉妹で試合に出る以上は必ずあり得る結果だ。

愛華の素晴らしい結果をただ喜んでいられなかった。

by hamabo-1m | 2014-03-23 21:09 |
2014年 03月 22日

レンゲ



綺麗なレンゲの花を見つけた。

e0008820_18274697.jpg



e0008820_1828277.jpg


最近は広いレンゲ畑を見ることが無くなった。

化学肥料の発達でレンゲ草の種まきをする農家が減ってしまったのだ。

娘が幼い頃ににはレンゲ畑に入って花を摘み、女房が首飾りの作り方を教えていた。

遠い昔に感じてしまう。










山の遭難事故

今日も山の遭難事故のニュースが流れていた。

ニュースで聞いたり見たりする度にに思うことがある。

遭難した方は気の毒に思うが、所詮遊びの上での事故と思う。

海のレジャー事故も同様だ。

天気を甘く見ていることが圧倒的だ。

お天気を見て雪山登山をするか中止にするか自己判断しかない。

せっかく来たのだから・・・自分は大丈夫と過信している。

一度遭難事故があると警察や地元の山岳会の方々が救助に向かう。

そこで問題なのは二次災害だ。

救助に向かっている方々も命がけなのだ。


そこまでして何故冬山に登らなくてはならないのだ。

遊びはあくまでも他人に迷惑をかけるようであってはならない。

マスコミももっと注意喚起したらどうだろう。

無謀な登山客には批判をしても良いと思うのだが・・・・・。

by hamabo-1m | 2014-03-22 18:40 | 山野草
2014年 03月 21日

トサミズキ(土佐水木)



名前の通り高知県原産のマンサク科の植物。

今朝の新聞を見て車を走らせた。

「ごんべいの里」の庭園に数多く植えられていた。

小さな花を覗き込むと可愛い姿だった。

e0008820_18304128.jpg



かなりの数が植えられていた。

e0008820_1831534.jpg



この横にはハクモクレンやマンサクの花も満開だった。



庭園に到着したときに驚いた。

「新聞を見て来たのだろうか」と思うほど人が大勢集まっていた。

そう思った私が馬鹿だったと気づいた。

そうだ今日は「ごんべい祭り」だったのだ。

大勢の方々がその準備をしているところだった。


しかし生憎のお天気。

小雨が降るし風も強い。

しかしかなりのお客さんが来られて無事に開催された様子を、テレビのニュースで知った。






帰り道に山の方を見ると雪が降っていた。

直線距離でわずかなのに山では雪、国道では雨だった。

わき道に入って車を停めて撮影した。

この中に滝が見えるはずなのに雪で隠れてしまっていた。

e0008820_18312035.jpg

     (ここは海山区中里付近)




ここ数日は夜でも暖房が要らなかった。

しかし今日は寒くてエアコンを入れた。

by hamabo-1m | 2014-03-21 18:42 |
2014年 03月 20日

植木屋さん



庭のヤマモモの木が大きくなり過ぎて、植木屋さんに剪定をしてもらった。

今までは自己流でやっていたのだが限界を感じた。

特に高い場所は危険で出来なくなった。

e0008820_199353.jpg


隔年で実が多く生るヤマモモ。

今年は生り年ではない。

剪定をするなら今年だと思い、知り合いの植木屋さんにお願いしたのだ。

e0008820_1995261.jpg



手前はドイツトウヒ(クリスマスツリーもどき)で、これもお願いした。

なんとサッパリしたものだ。

e0008820_1910111.jpg



これで数年は楽になりそうだ。

そして来年はヤマモモは多くの実を付けてくれるだろう。






孫娘

孫娘の愛華は食物アレルギー(卵黄のみ)が凄いのは何度も書いた。

それ以外にも持病があり先月から新しい治療を始めている。

今日は2度目で国立三重病院へ行ってきた。

その病気とは「喘息」。

咳が出始めると息が出来なくなって眠ることも出来ない。

娘は毎晩アサノ時に起きて吸入をさせている。

愛華は眠ったままだが娘が大変だ。

丈夫ではない身体で無理を重ねていた。


主治医の話で「これ程の数値だと特別な注射を打つ条件に当てはまる」と・・・・・。

何故そんな事を言うかと思った。

とても高価な注射で保険対応で1本7万円!

子供の医療費は全額市役所から返ってくる。

しかし申請してから数ヵ月後になる。

事前申し込みで1本3万円になったが、それでも窓口で支払うのには負担が大きい。


今日の注射をする前の血液検査では驚きの結果が出ていた。

先月受けたたった1本の注射で劇的な変化が出ていたのだった。

今日も同じように注射をしたが、飲み薬は半分になった。


この注射は副作用がある。

普通副作用と聞くと悪いことを考える。

それが良い方向になると言う。

それは食物アレルギーに対しても劇的な変化が見えるという。


注射をすると卵黄を食べもアレルギー反応が出ないそうだ。

一石二鳥と言いたいが注射を止めた後が、様子を見ないとだめなそうだ。

上手くいけば両方完治出来るのだが・・・・・。


注射は皮下で時間がかかりかなり痛いそうだ。

愛華は強い子だ。

ジッと我慢して注射をしてもらう。

注射を受ける半数以上の子供は泣き叫んで中止せざるを得ないという。

愛華は泣きもせず自分のためだと我慢しているのだ。



7月に1ケ月間入院治療を受ける予定。

それで上手くいけば柊人のように何でも食べられるようになる。

そして喘息も完治するだろう。

娘も夜中に起きて吸入させる必要も無くなる。


全てが注射と入院治療にかかっている。

夏には笑って何でも食べて、呼吸も楽になっている愛華の笑顔を見られるだろう。

by hamabo-1m | 2014-03-20 19:37 | その他
2014年 03月 19日

松浦漬



「松浦漬」をご存知だろうか。

九州佐賀県の郷土料理だ。


クジラの骨(特に軟骨)を細かく刻み、長時間水にさらして脂を抜いた後に

甘く調理した酒粕に漬け込んだものだ。


珍味中の珍味と言えよう。

e0008820_21345313.jpg


1缶180g入りで1260円もする。



e0008820_2135546.jpg



捕鯨が厳しくなる一方で将来は無くなるかも・・・・・。


里帰りした女房のお土産だ。


まだ食べていないが・・・勿体無い。

何時缶を開けようかと迷う。





違う会社が販売している「玄海漬」という製品もある。

私は断然「松浦漬」が好きだ。







明太子も生産販売会社が多い。

「ふくや」「かねふく」「福さ屋」・・・・・上げればキリが無いほどのメーカーがある。

40年ほど前福岡に住んでいた頃に、色々と食べ比べてみた。

人それぞれ好みがあるが、私は断然「ふくや」が好みだ。

お中元お歳暮は全部明太子を贈る。


注文して買い求めた物をはじめ、頂き物など多くある時は冷凍保存している。


博多の朝の食卓に欠かせないのが「おきゅうと」だ。

海草から作られたトコロテンのような食感。

これも欠かせない1品だ。


九州には美味しいものが多い。


福岡育ちの女房が作る「ちゃんぽん麺」も最高。

「さらうどん」も美味しい。

「とんこつラーメン」も・・・・・・あぁきりがない。


何時か「尾の身」を食べたい。

by hamabo-1m | 2014-03-19 21:55 | その他