☆ はまぼうの里 ☆

hamaboo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 30日

朝露

昼間はまだまだ夏のようだが、朝晩はかなり涼しくなった。

気温の温度差で綺麗な姿を見せてくれる草がある。

その名はチカラシバ。

e0008820_1923212.jpg



1本1本に露が付いて朝陽を受けて輝いていた。

e0008820_1924275.jpg


雑草なのだが大好きな草の一つだ。








第18栄福丸事故

5人が死亡し1人が行方不明になっている。

隣の尾鷲市の乗り組員で知らない方ばかりと思っていた。

長女からメールがあった。

「船長さんの娘さんが空手をしていて、お母さんも知っているよ。」

「お父さんも奥さんと話をしていたよ」と言ってきた。

数年前の話なので私は全く記憶が無い。

しかし知っている方には違いが無かった。


そう聞いてから他人事ではなく悲しい気持ちとなった。

1年前の堀栄丸事故からたったの1年。

悲惨な事故が続くのは何故だろう。

by hamabo-1m | 2013-09-30 19:14 | 山野草
2013年 09月 29日

運動会

孫達の運動会が行われた。


朝5時15分起床すると外は雨。

7時前まで降ったり止んだりだった。

娘に運動会が開催されるかメールで聞くと「あるよ、ジイジ来てね。夏鈴」と返事が来た。

7時20分我が家を出発する時には霧雨。

本当にあるの・・・そう思いながら車を走らせた。


尾鷲市に到着した時に雨は止んでいたが、何時振り出すか分からない空模様。


学校へ行くと婿殿達が朝4時半から並んでテントをセットしてくれていた。


校庭は素晴らしく水はけが良くて濡れている場所は無かった。

予定通り開会式、準備運動が終わり、最初に柊人の80m走。

e0008820_19411730.jpg



次は愛華の50m走。

素晴らしい走りで驚いた。

e0008820_1941272.jpg



二つはさんで夏鈴の100m走。

e0008820_19413899.jpg



続いて愛華の踊り(学校では踊りではなく表現と言う)。

実に楽しそうに踊っていた。

e0008820_19415022.jpg



楽しいお昼ご飯。

娘達が朝早く起きて作ってくれた。

e0008820_1942422.jpg


白いカップの中身は?

これはソーメンなのだ。

昨年テレビ「秘密の県民ショー」で「運動会のお弁当はソーメン」と・・・。

それを次女が真似して昨年作ってきた。

それが意外な事に全員に大好評だったのだ。

汗を流した後のサッパリしたソーメンの味は抜群だ。



毎年の事だが、仕出し弁当屋さんがドッサリ配達に来ていた。

そんなに主婦って忙しいの・・・・・。




午後から柊人も踊ったが、走っているより楽しそうだった。

e0008820_19421655.jpg




夏鈴の踊りは。

私達ソーランチームのオリジナル曲「奉華(まつりばな)」。

始まる前に放送で「東紀州踊走会さんのオリジナル曲、奉華です」と言ってくれた。

e0008820_1942273.jpg


勿論我がチームの踊りは真似をしたくても踊れるわけも無い。

しかし簡単な振り付けは数ヶ所に入っていた。

先生がユーチューブを見て覚えたのだろう。


孫達3人で尾鷲節総踊りを含めて13回出場した。

26競技中半分だ。

私はカメラのファインダー越ししか孫達の競技を見ていない。

毎年の事だが少し寂しい気がする。

しかし娘達はDVD撮影で写真は私だけだから仕方ない。

運動会が終わってからユックリとテレビで孫達の勇壮を見るだけだ。


こうして怪我も無く無事に終わった。



今日は町内で行われる「昭和の縁日」の日だった。

「夜7時過ぎまでしているから来てね」と言われていたが、疲れ切って行く事が出来なかった。


最近は行事が重なる事が度々ある。

体を二つ欲しいと思った事が何度もある。

今日は早く寝る事としよう。

by hamabo-1m | 2013-09-29 20:10 |
2013年 09月 28日

バッタと目が合った

朝早くに町内にある一番大きな大白公園へ行った。

アオサギやシラサギの姿を見てから川へ降りて行った。

すると足元から何か飛んだ。

よく見るとイナゴだった。

地下寄ると目が合ってしまった。

逃げるかなぁと重いながらカメラを向けた。

強い朝陽に目がくらんでいるのかジッとしていた。

e0008820_1933776.jpg







バッタの写真を撮ってから川の淵に立った。

小さな(15cmほど)魚が集団で泳いでいた。

e0008820_19331820.jpg




e0008820_19332982.jpg


生粋域だからボラの子供(当地ではイナゴと呼ぶ)だろうか。

この小魚を捕ってウナギ釣りのエサにしたらよく釣れるだろう。





明日は小学校の運動会。

夏鈴、柊人、愛華の3人が出る。

3人いると写真撮影が忙しくなりそうだ。

愛華は小学校初めての運動会。

一番のオチビさんだから踊りも一番前で撮影が楽だ。

3人の活躍ぶりを楽しんでこよう。

by hamabo-1m | 2013-09-28 19:40 | 自 然
2013年 09月 27日

アメジストセージ

台風19号で打撃を受けたアメジストセージ。

一昨日の20号の風でまたまた痛んでしまった。

それでも何とか花を咲かせ始めた。

葉には元気が無いが花色は普通だ。

e0008820_19162817.jpg




e0008820_19163994.jpg


昨年この葉でハーブティーを飲もうと干してあったのが行方不明。

今年も作るとするか・・・・・。






昨日の海難事故。

情報が入り乱れているが6人の中の4人が尾鷲市の人のようだ。

昨年の9月24日に起こった「堀栄丸」と3日違いで、またまた起こってしまった。

先日掘栄丸の合同慰霊碑が建立されたばかり。

町では「エッ!またなの」と絶句する人が多かった。

6人の中のうち5人が引き上げられたそうだが、心肺停止状態と放送されている。

何とか助かって欲しいと願うだけだ。

by hamabo-1m | 2013-09-27 19:23 | 我が家の庭
2013年 09月 26日

カラスの餌

今日は伊勢湾台風54周年。

大勢の人が亡くなり大変な被害があった巨大台風。


私は中学生で東京に住んでいた。

父の郷である紀伊長島も大きな被害が出た。

父が経営する製材工場も浜の砂利の下になっていたそうだ。

東京から紀伊長島までどうやってたどり着いたかは知らないが、1ケ月以上帰京することが

無かった。

当然山の木々にも多大な被害が出た。

そんな苦しい中で育ててくれた父に感謝。



今から23年前の平成2年に巨大台風19号が襲った。

伊勢湾台風(929hp)より大きな900hp前後だった。

建築法も変わり家屋も丈夫になり、海岸沿いも大きな堤防が出来て被害は最小限で済んだ。



台風20号も大きいが遥か南海上を通過して助かった。

しかし数日前から大波が押し寄せて、今日はかなり強い風も吹き荒れた。







山間部へ走っているとガードレールの上にカラスが止まっていた。

車を停めても逃げる気配が無く、写真を撮らせてくれた。

何かを口にくわえているのは分かったが、それが何かはパソコンで見るまで分からなかった。

e0008820_2312511.jpg


何とムカデではないか。

画面を見ていて気分が悪くなった。


山には柿や栗など食べる物がイッパイあるだろうに。

生きているものが良いのかも・・・。

by hamabo-1m | 2013-09-26 18:46 |
2013年 09月 25日

斑入りツユクサ

日中の暑さには閉口している。

この台風20号が過ぎ去れば秋風が吹き、秋らしくなると言うが・・・。



次の日曜日は夏鈴、柊人、愛華の運動会がある。

幸いな事に天気予報では雨は無いだろう。


ヤマモモの木の下に出ている斑入りツユクサ。

e0008820_135981.jpg


数多くあるが全て斑の入り方に違いがある。

先祖返りして普通のツユクサになるのが多いが、芽を出した時に選別して抜き去る。

斑入りの中でも面白そうな葉だけ残すようにしている。

by hamabo-1m | 2013-09-25 20:55 | 山野草
2013年 09月 25日

台風20号

まだ八丈島沖にいる台風20号。

直線距離で1000km以上離れているはずだ。

それなのに大波が打ち付けている。



今朝洞門から見えるはずの日の出を見に再度行ってきた。

東の空を見ると雲がいっぱい。

海岸には激しく波が打ち寄せている。

大きな流木が数本打ち上げられていた。

e0008820_8125787.jpg



午前5時45分頃でまだまだ薄暗かった。

e0008820_81367.jpg


これより大きな流木がもっと上の砂利浜に打ち上げられていた。



日の出を待っていたが・・・・・とうとう姿を見せてくれなかった。


これで秋の撮影チャンスが消え去った。

来春の春分の日を待つことにしよう。




自宅近くの海岸に行った。

大きな波が岩に当たっていた。

e0008820_8131450.jpg



この内側に海上釣堀があるが、さすがにお客さんの姿は無かった。



今日も日中最高気温が30度を超えるだろう。

朝晩はかなり涼しくなったが、日中はまだまだ真夏だ。

by hamabo-1m | 2013-09-25 08:19 | 風景
2013年 09月 24日

彼岸花とハマボウ

自宅前の川の土手に毎年咲く彼岸花。

この写真を隅々まで見て欲しい。

後ろにハマボウの花、手前に彼岸花、そして左下に白っぽく見える彼岸花の変わり花。

e0008820_193183.jpg



上の写真ではよく分からないので変わり花を撮影した。

突然変異と思われるが自然交配で固定してくれたら嬉しい。

e0008820_19311828.jpg





朝晩はすっかり秋で肌寒く感じるが、昼前には夏日となり熱くてたまらない。

夕方に海を見ると一段と波が高くなり、島々の周りに打ち付ける波が高かった。

この台風が過ぎると本格的な秋になるのだろう。

by hamabo-1m | 2013-09-24 19:36 |
2013年 09月 24日

朝 陽

今朝5時過ぎに目を覚ました。

朝陽を撮りに5時23分に家を出た。


春分の日と秋分の日の2回、その前後数日に素晴らしい朝陽が見ることが出来る。

ところが現地に到着するとすでに陽が上り始めていた。

e0008820_7421617.jpg



この海食洞門「天満洞」の中から出てくるのを撮影したかった。

e0008820_7422485.jpg



現地到着が3分程遅れてしまった。

先客が3名おられたが撮影場所を間違えて構えていた。


e0008820_7423572.jpg



帰路に立ち寄った高塚公園から見ると素敵な日差しが見えた。

e0008820_7424426.jpg




台風20号の影響で3日ほど前から波が高い。

かなり遠くに位置する台風だが、大きな波が押し寄せている。

今後は東よりのコースを進んで房総半島沖を通過する見込みだ。

喜んでいるのはサーファーだけだろう。

by hamabo-1m | 2013-09-24 07:50 | 風景
2013年 09月 23日

カルガモ

カルガモは渡りをしないと言われているが、当町では毎年今頃来て春には飛び去る。

北部へ移動しているようだ。

国内を移動するだけでは渡り鳥とは言わないようだ。



今朝町を流れる川を見ていると、今シーズン初めてカルガモを確認した。

e0008820_192192.jpg


右側を飛んでいるのは何か分からなかった。



カルガモの群れが居る中に1羽だけ小さなカモが居た。

それも何かは分からない。

e0008820_1921016.jpg


間もなくヒドリガモやマガモも来るだろう。








お彼岸

毎年時期を間違う事無く咲く彼岸花。

e0008820_1922217.jpg



不思議なことが一つある。

球根なのに毎年必ず咲くわけではない。

群生する場所が移動するのは何故だろう。

by hamabo-1m | 2013-09-23 19:08 |