<   2011年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 30日

タツナミソウ

ビワの樹の下の白花タツナミソウが咲いた。

e0008820_9163817.jpg



山間部へ行くと石垣の間から咲いていた紫タツナミソウ。

e0008820_9164829.jpg


波が立った姿に似ているから名前が付いた。

e0008820_9165593.jpg




田の畦道に植えられたタラの木に新芽が付いていた。

e0008820_917384.jpg


個人的には小さな蕾より少し葉が開いたものを食べるのが好きだ。

先日元タカラジェンヌが来られた時にもテンプラにしたが、大変喜んで下さった。




春の山野草も数多い。

花々も数多く咲いている楽しい時期。

もっと山歩きをしたいが体調が戻らない。

少し動くだけで足腰が痛くなる。

そして疲れ果てる。

毎日努力はしているが何時になったら戻るのか不安だ。

昼ご飯

by hamabo-1m | 2011-04-30 09:35 | 山野草
2011年 04月 29日

ブランコ

ブランコが大好きな愛華。

e0008820_7323192.jpg



e0008820_7324197.jpg


いつまでたっても止めない。

暖かい日差しの中で遊んでいる孫の姿が眩しい。




家に入ると「ジイジ、肩車をして」と乗ってきた。

e0008820_7325068.jpg


立ち上がると「高いなぁ」と喜んだ。

背の低い愛華が見る家の中は違った世界に見えたことだろう。





今日から大型連休に入る。

各地では大混雑になるだろう。

自粛も収まり家族連れで賑わうに違いない。


長女の家族と女房はアニメ映画を見に出かけるようだ。

私はまだまだ足手まといとなりそうで断念した。

一日も早く孫たちと遊べるように回復したいと願っている。

by hamabo-1m | 2011-04-29 07:40 |
2011年 04月 28日

旬の食べ物

食事制限されていた私もやっと旬の食材を口に出来た。

e0008820_0141696.jpg


竹の子ご飯、竹の子の味噌和え、自分で採ってきたワラビ、そしてアオサの味噌汁。

どれも最高に美味しかった。



竹の子ご飯にはワラビとシイタケが入っている。

e0008820_01425100.jpg


尾鷲曲げワッパに入れられて雰囲気も最高だ。


竹の子は次女の嫁ぎ先のお父さんが掘ってきて下さった。


春の山菜尽くし。

これ以上の贅沢はない。








定期検査日

脳梗塞を起こしてから5年近くなる。

今日は検査日で鈴鹿市へ走った。

血液検査の結果を見て愕然とした。

腸閉塞で入院した2週間は薬を止められていた。

そのツケが結果に現れた。

血流が極端に悪化していた。

退院後に飲み始めたが元に戻るのに10日から2週間かかるそうだ。

一生飲み続けなければならないワーファリン。

早く効いて欲しい。



往復200kmの距離を走ってみたが、やっぱり疲れた。

途中で休憩を取りながらの往復だった。

体力の復活が第一目標になった。

by hamabo-1m | 2011-04-28 00:20 | その他
2011年 04月 27日

野に咲く花々

昨年見つけた白花カラスノエンドウを探しに行った。

遅過ぎたのかほとんどの花が終わりを告げていた。

やっとの思いで一つ見つけることができた。

e0008820_8355641.jpg


種が欲しいので車の中からヒモを見つけて目印に結んだ。

半月後にもう一度行ってみよう。


その横にはシロツメグサがあった。

e0008820_836654.jpg




豊浦海岸へ行くとフジが満開になっていた。

e0008820_8361864.jpg



e0008820_8362786.jpg



e0008820_8363651.jpg



その近くにはオンツツジも咲いていた。

この近辺はオンツツジがかなり自生している。

もっと増えて欲しいと願う。

e0008820_8364584.jpg



e0008820_8365948.jpg





町内にあるお店でウリの苗(キンウリ)3本買った。

昨年は買い損なって植えることが出来なかった。


ヒモトウガラシも1本。


買って帰ると困ったことになった。

畑は果樹ばかりになって植える場所が激減した。


果樹の収穫や手入れの邪魔にならない場所を確保しなければならない。

それとも庭のガラ地に土を入れて植えつけようか迷っている。

by hamabo-1m | 2011-04-27 08:48 |
2011年 04月 26日

ヤマドリ

山で見かける鳥はキジが多い。

滅多に出会う事のない山鳥が目の前を歩いていた。

e0008820_6164240.jpg



e0008820_6165172.jpg



e0008820_617682.jpg


キジのメスと間違える場合があるが、尻尾の羽の柄が違うことで判別出来る。

町内にヤマドリが残っていた事に感激した。

ギンリョウソウ

by hamabo-1m | 2011-04-26 06:23 |
2011年 04月 25日

天南星

山へ入ると多くのマムシクサ(蝮草)が見られた。


地味な花だが可愛く見える。

e0008820_7385874.jpg




e0008820_739759.jpg



山間部では緑色の花が多いが海岸近くへ行くと茶色したものも見られる。


このマムシクサは山間部では別の名前で呼ぶ人もいる。

「狐のしょんべんたご」

「狐が小便をする入れ物」の意味。

少し可哀想な呼び方だ。



マムシクサと天南星との違いがよく理解出来ない。

色や形の違いだけなのだろうか。









一昨日の結婚披露パーティーで疲れきってしまった私。

朝10時過ぎまで目が覚めることがなかった。


今朝は6時過ぎには気持ち良く目覚めた。

しかし少しづつ歩いて体力を戻さなければならないと実感した。

病気は仕方ないことだが年よりは長期入院すると駄目なことが分かる。

一日中ベッドに横になっていると日に日に体力が落ちてしまう。

病院内を散歩出来る場合は良いが、私のように点滴が続いているとなかなかそれも出来ない。

トイレに行く度に足が弱っていくのが分かった。

2週間の入院で良かった。

それ以上続いていたら本当に歩行困難になってしまっただろう。

by hamabo-1m | 2011-04-25 07:57 | 山野草
2011年 04月 24日

結婚式

踊りのリーダーとサブリーダーが結婚した。

昨年12日25日に入籍は済ませていて、事情があり結婚式が昨日となった。

結婚式と披露宴が済んでから2次会パーティーが開かれた。


踊りを通しての結婚は数組になった。



e0008820_1144798.jpg



e0008820_11441710.jpg


この二次会には二人の友人や踊りの仲間が集まった。

夕方始まった二次会は大盛況で終わった。



新婦が高校生の頃に知り合ってもう10年になる。

新婦は踊りの写真を撮るようになってからだ。




行き帰りとも踊りのメンバーに同情させてもらった。

写真撮影や久し振りの美酒に酔って疲れきってしまった。

昨夜はなかなか寝付かれず困った。


毎日6時には起床していたが今朝は10迄眠り込んでしまった。


まだまだ体力が戻らない。

by hamabo-1m | 2011-04-24 11:51 | 祭り・イベント
2011年 04月 23日

花盛り

長引いた入院生活から家に戻って驚いた。

色々な花が満開となっていた。


雨に濡れたラグラス。

e0008820_8235825.jpg



雨の重みで倒れかけた。

e0008820_824786.jpg



花菱草。

e0008820_8241881.jpg



e0008820_8242810.jpg



山草の方をのぞくと斑入りチゴユリも開花していた。

e0008820_8243859.jpg




e0008820_8261319.jpg



1週間留守にするだけで庭の花々の姿が変わる。

それが2週間留守をしてしまった為に大幅な変化となった。



それだけではない。

雑草も庭中に伸びている。

これを抜かなければならないと思うと気が滅入ってしまう。


畑を覗くと愛華の大好きなホオズキトマトも順調に成長している。

昨日やって来た愛華にそれを見せると嬉しそうに眺めていた。


今年もビワの実もいっぱい付いた。


春は色々な花々や果物が生長する姿を見るのが楽しい。

by hamabo-1m | 2011-04-23 08:34 | 我が家の庭
2011年 04月 22日

夢輝 のあさん

元宝塚歌劇団のスター「夢輝のあ」さんが蕎麦打ち体験に訪れた。

彼女は宝塚歌劇団の宙(そら)組に所属していて2001年には初主演をした。

2003年に退団するまでトップスターとして活躍された。


今回はFM三重の番組取材で来られた。


会員の指導の下で蕎麦打ちに挑戦。

なかなか素質があった。

e0008820_7433565.jpg



最後の仕上げとなる蕎麦切り。

初めは太く切っていたが最後にはお店に出せるほどの出来栄えだった。

e0008820_7434417.jpg



自ら打った蕎麦を持つ。

e0008820_7435717.jpg



ラジオ局のインタビューに答えていた。

e0008820_744835.jpg



この日の献立。

全て会員が作った野菜と山の幸、海の幸がいっぱい。

e0008820_7441871.jpg



夢輝さんは自ら打った蕎麦の美味しさに感激していた。





夢輝さんが来られた時にお話を伺った。

私の親戚にも元宝塚のトップスターがいた事を告げると「私と同期で今でも大親友です」

と伺い二人で驚いた。

その親戚のスターは「瀬名じゅん」と言って同じ宙組に所属していた。

月組にいた2005年にトップスターとなって2009年に引退して芸能活動を続けている。

宝塚ファンの方なら誰もが知っているだろう。


「夢輝のあ」さんも歌手として芸能活動してラジオのインタビュアーなどもこなしている。

ディナーショーなどは何時も満員になるそうだ。


「瀬名じゅん」さんの祖父は尾鷲市出身で東京の共立女子大の英文学教授だった。

翻訳された本が多数販売されている。

私の父とは兄弟のように仲が良かった。

奥様には私が子供の頃に大変可愛がって頂いた縁が深い。


「夢輝のあ」さんが帰られる時に「次回に紀州へ来られる時には必ず電話する」と約束した。


帰る車に乗っても見えなくなるまで手を振り続けていたのが印象的だった。


退院2日目で疲れ切ってしまった一日だったが、楽しい時間を持てた。

by hamabo-1m | 2011-04-22 08:07 | 蕎麦打ち
2011年 04月 21日

御衣黄

昨日の退院後に「里山を守る会」のメンバーが蕎麦打ち練習をしている所へ行った。

皆に「おめでとう。でもかなり痩せたね」と言われた。


帰り道に毎年綺麗な花を見せてくれる桜の御衣黄(ぎょいこう)を見た。


e0008820_6421424.jpg



e0008820_642236.jpg



e0008820_6423298.jpg



色の乗りはまだまだだった。

これから緑色がさして赤みも増す。


大好きな桜の時期に入院してしまい、テレビでしか見ることが出来なかった。

しかしこの御衣黄と牡丹桜が迎えてくれた。




午後から孫たちの顔を見たくて尾鷲へ走った。

夏鈴が抱きついてきて思わず涙が出かけた。

愛華も何時もと違う目で私を見て膝の上に乗ってきた。

柚奈は4ケ月になるが大きくなっていて驚いた。

柊人とは会えなかった。


今日から普通の生活に戻るが食事だけは別のようだ。

病 院

by hamabo-1m | 2011-04-21 06:50 |