☆ はまぼうの里 ☆

hamaboo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 31日

八朔踊り

本来は陰暦の8月1日に行われ、豊作を祈願する祭りだ。

毎年9月になってしまい子供達の参加が難しくなった。
それで8月の最終日曜日に開催されるようになった。


e0008820_8555450.jpg



毎年一番の賑わいを見せるが・・・・・今年はこの通りの状態だった。
e0008820_856143.jpg


午後8時半くらいまで見ていたが参加する方々が増える様子はなかった。

踊りの輪も二重三重になっていた昔。

何故こうなってしまったのか不思議だ。

10年程前から目立つのは中国人の女性だ。
研修の名目で日本に来ている中国人女性。
今では町内に100人以上いる。

踊りに参加した人たちにお菓子の代わりに渡す500円を貰うために集まってくる。
数年前から問題となり子供達だけに渡すようになったが・・・・・。

昨夜も踊りの輪の中に7,8人参加していた。

これを快く思わない人たちが増えて、参加しなくなった人が多くなったようにも聞く。






中国人労働者。

およそ100人以上が主に水産加工業に従事する中国人女性がいる。
自転車に乗り我が物顔で町内を走る。
スーパーへ行けば野菜や果物を一つ一つ手にとって吟味している。
他のお客さんがいてもお構いなしに時間をかける。

以前は小動物や小鳥を飼っている人のために野菜クズをダンボール箱に置いてあった。
中国人の人たちは真っ先にそれを持ち帰るためにやって来る。
買い物は殆どする事はないが野菜などを触るだけで帰ってしまう。
当然お客さんからの苦情が殺到した。
そして野菜クズは店内から消えた。

例えクズでも食べられることを教えているのは大変良いことは理解出来る。
日本人も見習うべき面も多々あるが・・・・・。



中国人の他にはインドネシア人が多い。
名目は漁業研修だ。

共通している事は・・・研修という名目で安い労働力を輸入しているに違いない。
その証拠に日本語を覚えた人たちに聞いた事・・・・・。
働きに来ただけで帰国しても日本で覚えた技術の仕事に就くことは無いと言う。

そういう外国人労働者を手厚く歓迎するのもどうかと思う。
町や商工会などが主催して盛大な歓迎会を催したり優遇している。
ちっぽけかも知れないがここでも税金の無駄使いをしている。






衆議院選挙結果。

民主党が大勝した。
小泉チルドレンが大挙当選した選挙と似ている。

本当に政権交代が吉と出るかはこの一年にかかっている。
一年後に控えた参議院選挙がそれを判断するだろう。

by hamabo-1m | 2009-08-31 09:27 | 祭り・イベント
2009年 08月 30日

ベニシジミ

アメジストセージが大好きなベニシジミ。

他に開花している花が多くあってもアメジストセージの葉の上に止まる。

e0008820_9225473.jpg


葉からの分泌物を好むのだろうか。





いよいよ衆議院選挙の投票日がやって来た。
今日で政治が大きく変わるのだろうか。


田舎に住んでいるとその影響が大きい。

先ず現在工事中の紀勢高速道路。
平成24年度完成予定だったが遅れるに違いない。
自民民主のどちらが勝っても同じだろう。
特に民主が勝ったときには大幅に遅れることになるだろう。

紀州は国道42号線が生命線だ。
度重なる自然災害で孤立することが多々ある。

災害に強い高速道路の建設が大切だ。
それが遅れることはあってはならない。

地方切捨ての政治が続くのだろうか。

by hamabo-1m | 2009-08-30 09:31 |
2009年 08月 29日

衆議院選挙

いよいよ明日に迫った衆議院選挙。

あなたは誰にどの政党に投票しますか?

各党が実現が難しいマニフェストを掲げているが、どの政党も選挙対策でしかないように思う。

政権を獲得するのは自由民主党か民主党のどちらかなのは明らかだ。

自民党が勝った場合は今までと変わることが無いだろう。

民主党が勝った場合はかなり変わるに違いない。
しかし良い方向に変わるとは限らない。
良い事尽くめの民主党の主張。
信じても良いのか???

鳩山、小沢、管、そして田中夫婦の民主党。
元自民党の悪党ばかりだ。

今の政治を悪に向かわせた張本人を父親に持つ田中夫婦。
その側近だった小沢。


悪党ばかりの政治家

政権交代で日本が良くなるのか疑問を感じる

私個人的な思いは・・・小差で自民党が勝つことを願う。
それで自民党が少しでも良い方向に向かうことを祈る。


人それぞれの考え方の違いが結果を生み出すだろう。

日本の政治家に救世主が現れることが無いのだろうか?


明日の投票前に本当の日本が向かうべき方向を示すことが出来る、そしてそれを実現出来る政党を選んで欲しい。


私は今日不在投票を済ませた。


この記事は数日後に削除させて頂きます

by hamabo-1m | 2009-08-29 19:11 | その他
2009年 08月 29日

ビオトープ

里山を守る会が作ったビオトープ。

トンボを初めとした多くの昆虫が集まる。
水の中を観察するとメダカは勿論のこと色々な生き物が生息する。

ひょうたん型をした池。
e0008820_8101917.jpg



上流側の池には誰が入れたのかホテイアオイで覆われている。
e0008820_810298.jpg



花は綺麗なのだが・・・・・。
e0008820_8103778.jpg

多すぎるホテイアオイを半分以上に減らした。


下流側の池は絶滅危惧種のアカウキクサを保護するために昨年ホテイアオイをすべて取り除いた。
e0008820_8104544.jpg

昨年よりは数は減ったものの無事に育っていた。


近くに寄ってみるとその綺麗な姿を確認することが出来る。
e0008820_8105677.jpg



写真を撮っていると目の前を数種類のトンボ達が飛び交っていた。



気になることが一つ。
それは生態系を守らなければならない事を知らない人が多い。
善意でホテイアオイを入れたりメダカを入れたりするのが困りものだ。
看板を設置したいと思うがせっかくの風景を台無しにしてしまう。





この近くの田んぼには会員が育てているマコモもある。
e0008820_8264269.jpg

早いものは食べられる太さになっているものもあった。

来月から始まる収穫が楽しみだ。

by hamabo-1m | 2009-08-29 08:28 | 自 然
2009年 08月 28日

赤福氷

所要で伊勢市に出かけた。

用事が終わった後は当然「おかげ横丁」へ。

この夏初めての赤福氷を食べた。
e0008820_17444793.jpg



とても美味しい抹茶を食べていると中から赤福が。
e0008820_17445711.jpg

何度食べても飽きることのない赤福氷。
一時の幸せを感じる短い時間だった。


孫娘の夏鈴が食べたイチゴ。
e0008820_1745792.jpg

本物のイチゴのジュースがかかっていて美味しい。
普通のシロップではないのが嬉しい。


朝からバタバタと忙しく過ごした一日だった。

by hamabo-1m | 2009-08-28 17:49 | その他
2009年 08月 27日

みちのくの旅が終わって

カッパ伝説の遠野で出会ったトンボ。

e0008820_84944.jpg


ホテルの庭に飛んでいたトンボ。
e0008820_845025.jpg


花火大会の会場では歓迎の挨拶に来てくれたトンボ。
e0008820_85120.jpg




今回の旅で一番期待したアサギマダラに出会うことが無かった。
行く先々でチョウの姿を見たがアサギマダラはいなかった。
ヒヨドリバナの群生地もあったが・・・・・。

走るバスの中からも目を凝らして探した。
蔵王には数多く居るのに何故なのだろう。






今回の旅行で素晴らしかった事。

勿論一番は花火だ。

そしてツアー客も。
集合時間に遅れる人は皆無。
殆どの観光地で出発5分から10分前には全員集合した。
ブツブツと不平不満を言う人もなかった。

次は食事が美味しかった事。

まだ色々とあったが今は思い起こせない。

by hamabo-1m | 2009-08-27 08:16 | 旅 行
2009年 08月 26日

みちのくの旅 Ⅱ

花火終了後ホテルに到着して風呂にも入らず眠ってしまった。

最終日は午前9時半出発。
参加者全員が睡眠不足。


最初に向かったのが玉川温泉地獄。
バスを降りると強烈な硫黄の臭いが鼻をついた。
e0008820_815187.jpg



98度の強酸性(PH1,2)のお湯が毎分8,400リットル湧き出ている。
e0008820_82270.jpg



不気味な音が聞こえてきた。
蒸気が吹き出ている。
e0008820_821298.jpg



綺麗な川に見えるが毒川だ。
e0008820_822248.jpg



宿泊や日帰りの湯治客が大勢居て驚いた。
地熱で体を温めて癌などの治療をしているそうだ。
こうした人々が観光客が通る道の横に驚くほど多く居た。
e0008820_823631.jpg

事前にバスガイドさんからは「湯治客には話しかけないで下さい」と注意された。




次に向かったのが八幡平(はちまんたい)。
そこの大沼を散策した。
e0008820_8234694.jpg



散策道沿いには色々な花が咲いていた。
トリカブト?
e0008820_8235565.jpg



サワキキョウ?
e0008820_824416.jpg

沼を一周すると30分以上かかると言われたが、駆け足で20分で回った。


大沼を後にして八幡平を下った。
車の窓からは岩木山が見えてきた。
e0008820_8241652.jpg

この素敵な場所にスキー場があったのが残念。
大自然の中に作る必要があったのだろうか。



冬場の大雪で枯れたのだろうか。
多くの枯れ木が素晴らしい景色を造りだしていた。
e0008820_8242687.jpg



e0008820_824365.jpg




その後昼食を取り一路盛岡駅へ。
e0008820_8244589.jpg




東京駅で乗り継いで名古屋駅に到着したのが午後9時21分。

旅が終わって解散。

タクシーに乗り駐車場へ。
itsukiさんのお店の中を見ると姿が見えた。
お世話になったお礼を言って車に乗った。

紀伊長島まで160km高速道路を走り帰宅したのが午前0時。

強行軍の旅行だったが大満足だった。



もう一度東北をユックリ回ってみたい。
特に八幡平散策してみたいと思う。

by hamabo-1m | 2009-08-26 08:46 | 旅 行
2009年 08月 25日

みちのくの旅 Ⅰ

名古屋駅集合時間が6時50分。

早朝家を出て150km走るのも疲れる。
駅前のビジネスホテルを予約して前日の20日の午後に名古屋へ向かった。

夕方到着してチェックイン。

6時頃に「ステーキハウス樹」へ。
4日間駐車する場所をitsukiさんにお世話になった。

お店に到着すると「〇ちゃん」が待っていて下さった。

美味しいステーキとitsukiさんに選んで頂いたドイツワインを飲みながら話込んでしまった。
気がつくと10時になりホテルに戻った。

宿泊するホテル前からツインタワーを見上げた。
e0008820_844855.jpg




第1日目

午前5時半起床。
準備をして名古屋駅の集合場所へ。
新幹線ひかり号に乗り東京へ。
東京駅で東北新幹線やまびこに乗り継ぎをした。
北上駅到着12時32分。
そこからはバスに乗った。
黒煙を吹きながら走る古いバスに驚いた。


民話のふるさと遠野到着。
テレビで見たカッパ伝説の常堅寺へ。
e0008820_8524533.jpg


いかにもカッパが出てきそうな川。
e0008820_8525569.jpg


萱吹き屋根の修理を見ることが出来た。
e0008820_8552520.jpg


ゆっくり散策してホテルへ。
雫石高原プリンスホテル。
e0008820_8565390.jpg

周りはスキー場だけで出かける場所は皆無だった。
食後にホテル近辺を散歩するとススキの穂が風に揺れていた。
すっかり秋になっていた。





第2日目

朝食もバイキング形式で美味しかった。
e0008820_913742.jpg


午前9時出発して一路田沢湖へ。
水深423,4mで日本一深い湖だ。
e0008820_915119.jpg


湖岸の木々の下を見ると素晴らしい水の色が見えた。
何故こんなに青いのだろう。
e0008820_92071.jpg

走るバスの中から撮影した。

伝説の「たつこ姫」の像。
e0008820_929100.jpg

彼女は非常に焼きもちやきだそうだ。


その後角館へ。
旧家が立ち並ぶ町並みをユックリ散策。
昔から広い道で変わっていない。
e0008820_9114492.jpg


その中の一つ青木家へ入った。
約3000坪の素晴らしいお屋敷だった。
e0008820_9115383.jpg


45年前に訪れた事のある角館。
その時にお世話になった方の事が知りたくて尋ねるが誰も知らない。
諦めて上品なお土産屋さんに入った。
そこの奥様に聞くと「ハイ昔この近くに居られました」と。
しかしそれ以上のことは分からなかった。
女房が「お父さんそれだけでも分かって良かったね」と

45年前にそのお医者さんと散歩していると田んぼの中に正座して頭を下げる農家の方々の姿を思い起こした。
地元では神様のような存在のお医者さんだったのだ。




いよいよ大曲の花火会場へ。
駐車した場所から約30分歩くと雄物川の河川敷に到着。
土手の上から会場全体を見渡すことが出来た。
その広さに驚くばかり。

e0008820_922759.jpg

土手の上から左方向を見た。
奥に見える橋の手前が私たちの桟敷席だった。
参加者全員が「何でこんなに端っこなの。」と口々に不満を言った」
所が後に一番良い席になるとは誰も信じられなかった。


午後5時からは何と昼花火の競技が始まった。
五号玉五発で競う花火だ。
e0008820_9221639.jpg


昼花火が終わるとお客様を歓迎するかのように西の空が赤く染まった。
e0008820_92226100.jpg

次々と変わる雲の姿に見とれた。


午後7時にいよいよ全国花火競技大会が始まった。
e0008820_9225439.jpg


e0008820_9233100.jpg


e0008820_9231395.jpg


午後9時半過ぎまで全国から集まった27の業者が花火の素晴らしさを競った。
その途中にも大仕掛けのスターマインが打ち上げられた。
中でも素晴らしかったのが「武士道」と名付けられた花火だった。
終わると会場からは割れんばかりの拍手と歓声が上がった。


端の席で何故良かったのか・・・・。
花火の写真の中に見える煙がお分かりだろうか。
打ち上げられた花火の煙が右方向に流れている。
おそらく桟敷席の左から右方向の席では煙が邪魔をして綺麗に見えなかっただろう。
その上に花火のかすが頭から降ってきたようだ。
不満たらたらの我々の席が最高だったのだ。

今回は自分も花火を堪能したいがために写真を撮るのを途中で止めた。


興奮が冷める事が無いまま会場を後にしてバスの駐車場に大急ぎで戻った。
乗車してから30分程の渋滞だけで高速道路に乗ることが出来た。

早くホテルに戻って風呂に入りたい。

所がバスは延々と走り続ける。
いったい何処まで行くの?

10時半出発したバスがホテルに到着したのが午前2時前。
創業5年目の旅行社が確保出来たホテルが遠く離れた場所だったのだろう。
ホテル到着後部屋に入り浴衣に着替えてビールを1本飲んで泥のように眠りについた。

by hamabo-1m | 2009-08-25 09:50 | 旅 行
2009年 08月 24日

みちのくの旅

22日(土)に行われた日本一の花火大会を見に行った。

秋田県大仙市で行われた「大曲全国花火大会」。

花火の数は15,000発と少ないが全国の花火師がその腕を競うことで有名だ。

毎年NHK・BSで実況中継がされていて「一度は行ってみたい」と夢見ていた。

観客数65万人の中の一人として素晴らしい花火を堪能することが出来た。

週間天気予報では曇り一時雨。
旅行に出る日の21日の予報曇り。
前夜の予報は晴れとなった。


e0008820_8591067.jpg



写真を撮ることばかりに熱中していた私だが、今回は花火を堪能することに決めた。






お知らせ

昨日秋田県を立ち観光地を回って盛岡へ。
東北新幹線、東京駅乗り継ぎで名古屋へ。
名古屋からは車で自宅まで約2時間弱。
自宅到着が午前0時前。


かなりの強行軍での旅行だった。
撮った写真が約400枚。
整理するのに時間がかかりそうだ。

追って旅行記を紹介したい。

by hamabo-1m | 2009-08-24 09:07 | 旅 行
2009年 08月 19日

お知らせ

20日(木)から23日(日)まで留守致します。

ご訪問頂いた方々には大変申し訳御座いません。

by hamabo-1m | 2009-08-19 19:21 | その他