<   2009年 06月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 30日

巨大ユリ

昨日所用で伊勢型紙の先生の友人宅へお邪魔した。

奥様の手作りの昼食を戴きながらユックリさせて頂いた。



その後「赤塚植物園」へ。

玄関前に置かれた巨大なユリが目に飛び込んできた。
e0008820_917149.jpg



素晴らしいユリだった。
e0008820_917231.jpg

真似をして作ってみたいと思ったが、鉢も巨大で持ち運びは不可能だろう。
鉢の下にキャスターを置いて移動すれば可能かも知れないが・・・・・。

鉢に入れる用土はどれくらい必要なのだろう。

そんな事を考えながら素晴らしいユリの虜になっていた。






帰宅後に庭の花を見回った。
斑入りツユクサが咲いていた。
e0008820_9173154.jpg

花は普通のツユクサと変わらないが、葉に現れる斑が素晴らしい。



アサギマダラが好むキジョランの花が咲いた。
e0008820_9174046.jpg

指と比べると大きさが分かっていただけるだろうが、本当に小さな小さな花だ。

秋に南下してくるアサギマダラ。
たくさんの産卵を見届けたいと願っている。

そして来春には我が家からアサギマダラが飛び立つのを見たいと思う。

by hamabo-1m | 2009-06-30 09:29 |
2009年 06月 29日

ハマユウ(浜木綿)

道沿いに植えたハマユウが咲いた。
e0008820_9545573.jpg



e0008820_955293.jpg



e0008820_9551473.jpg




畑にはフルーツ・トマトの完熟が。
最高に美味しかった。
e0008820_9552567.jpg



間もなく収穫するトウモロコシ。
e0008820_9553489.jpg



ドッサリ実が付いた二番成りのイチジク。
一番成りは数個だったが素晴らしく甘かった。
e0008820_9554386.jpg

昨年は赤くなるのを待っていたら腐ってしまった。
このイチジクは外が青くても中は熟している。



スクスク伸びるヒマワリ。
e0008820_9555297.jpg



花芽を見てみると・・・・・。
e0008820_9591057.jpg


順調に育っている。

35年前長女が赤ん坊の頃巨大ヒマワリが咲いた。
毎日代えるオシメをつけ込んだバケツの水を肥料代わりに与えたからだ。
高さが約5m花の直径は確か60cm以上あったように記憶している。

その頃は「〇〇さんのお宅は何処ですか?」と聞かれて説明すると「アァあのドエライヒマワリが咲いている家」と直ぐに分かるほど有名になった。

それから巨大ヒマワリ作りに挑戦するが全く駄目だ。




追 記

町村合併後の町の花は「ササユリ」となった。

by hamabo-1m | 2009-06-29 10:08 | 我が家の庭
2009年 06月 28日

トンボの産卵

昨日夕方の4時にツヅラト峠入り口の池へ行った。

シオカラトンボのペアが産卵場所を探している姿が見えた。

産卵するのに必死なのか1m足らずまで近寄っても逃げることがなかった。

ホバリングをしている時は簡単に撮影する事が出来る。

e0008820_5522133.jpg

シャッタースピード1秒/2500で撮影



産卵中は常にオスも付き添って飛んでいる。
同一画面に収まった。
e0008820_5523158.jpg



トンボの産卵には2種類ある。
シオカラトンボやショウジョウトンボなどは飛びながらお尻で水面を叩くようにする。

ギンヤンマや糸トンボなどは水草などに止まってお尻を水中に入れる。

止まって産卵している姿のほうが簡単に撮影する事が出来そうなのだが、ギンヤンマは警戒心が強くて近づくことが出来ない。










巨大カミキリムシ

帰宅してからヤマモモの収穫をした。
傘をさして木の下に入り枝をゆすった。

落ちてくるヤマモモが傘を叩く音が面白い。


ヤマモモ以外のものが落ちてきた。
10cm近くある巨大カミキリムシだった。
e0008820_5524693.jpg



綺麗な模様をしていた。
e0008820_5525814.jpg




昨日までのヤマモモの収穫量は約18kgになった。

木を見上げるとまだまだ収穫を望める。

完熟したヤマモモを選り分けて夕食後に孫達に届けた。
柊人と愛華が夢中になって食べた。

夏鈴は空手の練習で留守をしていた。









素敵なカップル

トンボの撮影が終わって帰宅する途中、ツヅラト峠を降りてきたカップルが駅に向かって歩いていた。
「駅まで遠いから送りますよ」と声をかけると遠慮されて「イエイエ大丈夫です」と爽やかな笑顔で答えた。
「どうぞ遠慮なさらずに乗ってください」と言うと「申し訳ありません」と言いながら乗ってくれた。

駅に向かいながら話していると隣の駅に車を置いて来たそうだ。
電車に乗ってそこまで行くと言う。
約2時間に1本しか電車は来ない。
しかも特急だったら停車しない。

車を停めた所まで送ることにした。

荷坂峠を登り送った。

到着して名刺交換をした。

ご夫婦なのか結婚前なのかは聞くのを忘れたが、とても素敵なカップルだった。
女性もとても可愛くて素敵な笑顔を見せてくれた。
男性は背が高くて好男子でセントレアのお勤めだそうだ。

遠く愛知県常滑市から来られていた。

常識の無い若者たちが増えた中、素晴らしいカップルに出合った。

もしこのブログを読んで下さったら嬉しいのだが・・・・・。
次回紀州へ来られるようなことがあれば是非再会したいと思った。
色々な所を案内して美味しい料理を食べさせてあげたいと思う。


帰宅後に女房に話をすると「また送ってあげたの。素敵なカップルに出会って良かったね」と・・・・・。

by hamabo-1m | 2009-06-28 06:27 |
2009年 06月 27日

アメリカディゴ

昨日の藤と同じマメ科植物のアメリカディゴ。

公園の片隅に鮮やかな色で咲いていた。

e0008820_8122838.jpg



e0008820_8123823.jpg



e0008820_8124647.jpg


マメ科であるから花後には実を付けるに違いないが、管理された場所にあるのが多くて選定されてしまう。
実を付けた姿は見たことが無い。






真夏日が続く毎日。
やっと寝苦しさから開放された。
部屋のエアコンが壊れていたのを取り外し、母の部屋にあった10年前の新古品を取り付けてもらった。

新古品?
母の為に寝室に取り付けたのだが使ったことが無かった。

寝苦しい夜にエアコンのスイッチを入れると気持ち良い風が出てきた。
寝る前の僅かな時間だけ動かす事にしている。

今日も気持ち良い目覚めが出来た。

by hamabo-1m | 2009-06-27 08:22 |
2009年 06月 26日

何の種?

川沿いの道を走っていると奇妙な物が目に入った。

e0008820_7503551.jpg


藤の種だ。


煮付けたら美味しそうに見えてしまった。
e0008820_750458.jpg



e0008820_7505689.jpg


絶対に食べられるはず・・・・・。
そう思うのは私だけだろうか。


追 記
藤の種は非常に硬くて採るのは大変だそうだ。
種を集めてオーブンで10分程焼いて皮を剥いて食べるとギンナンに似た味がして美味しいそうだ。
今年は是非試食してみよう。
競争相手がいないから楽に採取出来そうだ。





合歓の花は数多くあるが、その中でもひと際赤い花を見つけた。
e0008820_751836.jpg


緋合歓とは違い普通にある品種だが・・・。







昨日も気温が30度を超えた。
毎晩寝苦しくて悩んでいた。
それは部屋のエアコンが壊れてしまったからだ。

昨日知り合いの電気屋さんにお願いして、使っていない部屋のエアコンを自分の部屋に移動してもらった。

その甲斐あって昨夜は快適に眠れた。

今日も真夏日になりそうなお天気だ。

by hamabo-1m | 2009-06-26 08:01 |
2009年 06月 25日

ショウジョウトンボの飛翔

トンボの飛翔姿を撮るのは非常に難しい。

それを解決してくれたのがEX-FH20だ。

止まるであろう草を決めて待つ。

勿論カメラは三脚に乗せシャッター速度を1秒/2500にセット。


e0008820_7474791.jpg

ピントが少し甘くなったのが残念。


40コマ/秒間のうちの連続した8コマ。
e0008820_7475823.jpg

羽の動きが手に取るように分かる。



続いてシオカラトンボに挑戦した。
e0008820_7481396.jpg



カメラの上級機種の70コマ/秒間で撮影出来たらもっと素晴らしいのだろうと感じた。



この撮影法でチョウトンボを狙いたいが、先日見た1匹以外に姿を現さない。

待ち遠うしい毎日だ。

by hamabo-1m | 2009-06-25 07:56 |
2009年 06月 24日

尾鷲曲げわっぱ

曲げわっぱ」というものをご存知だろうか。

スギやヒノキを使って作る曲げわっぱ。

全国で作られているが中でも尾鷲ヒノキで作られた曲げわっぱが最高だ。

先日新聞紙上でご紹介したとおり尾鷲ヒノキは赤身が強く丈夫だからだ。

尾鷲市に一軒の伝統工芸家がいる。
お店の名前は「ぬし熊」。
HPがあるので「尾鷲曲げわっぱ」で検索すると見える。


昨日お店を訪ねた。
奥様が製品の紹介をして下さっている間に、ご主人に作業場を見せて頂いた。

そして買ったのが。
e0008820_805611.jpg

左がお弁当を入れる側、右が蓋になる。


横から見ると素晴らしい木目が見える。
幾重にも塗られたウルシの色が素晴らしい。
e0008820_811790.jpg



留めの部分。
e0008820_81303.jpg



尾鷲ヒノキで作られた曲げわっぱはご飯などの腐りも防ぐ。
そして電子レンジにもかけられる。




以前から欲しかった曲げわっぱ。

娘たちが「母の日、父の日」のプレゼントしてくれた。

このわっぱにちらし寿司やウナギを入れたら美味しさも倍増だろう。

買った製品は一つしかなくもう一つ作って頂くようお願いした。

ヤマモモ収穫

by hamabo-1m | 2009-06-24 08:11 | その他
2009年 06月 23日

ヤマモモ・ジュース

庭のヤマモモの収穫が始まった。
我が家のヤマモモは瑞光という種類。

1.5kgを使ってジュース造りをした。


綺麗に洗った後ペーパータオルで水分を拭き取った。
土鍋にヤマモモを入れ300gのグラニュー糖、レモンスライス7枚。
水をヤマモモが隠れる程度入れた。
e0008820_849418.jpg



ぐつぐつ煮詰めること40分。
綺麗なジュースが出来上がった。
e0008820_8495276.jpg


出来上がったジュースは1600ccだった。


ジュースをボールに移した残りのヤマモモ。
e0008820_850289.jpg


これを1個づつ手で果肉を取った。

それに400gのグラニュー糖を加えて煮詰めた。

これは時間が掛かるため中断した。


今朝からジャムを煮詰めた。
焦げ付かないよう弱火でコトコト。

やっと出来上がった。
e0008820_1020593.jpg





これから10日間ほど収穫が続く。
次は何を作ろうか迷っている。

果実と言えばお酒だが今年は止めにした。
その理由は、綺麗な色のまま残るのは半年ほどなのが気に入らない。

どうしてもお酒で飲みたい時はジュースに焼酎を入れれば出来る。

一年前に作ったジュースを冷蔵庫から取り出しても、綺麗な色が残っている。

by hamabo-1m | 2009-06-23 09:03 | 男の料理
2009年 06月 23日

皆既日食

7月22日に南西諸島で皆既日食が見られる。

紀伊半島南部では約85%の部分日食となる。
東京では約75%。

紀伊半島南部では午前37分頃から欠け始めて、最大は10時56分頃
12時17分頃には天体ショーは終わる。

生きている間には二度とない皆既日食を撮影したい。

300mm望遠レンズで撮影する為に減光フィルターを探した。
ケンコーの製品で1/8減光(透過率12.5)をネットで見つけて注文した。
レンズの後掲が77mmと大きいので探すのに時間がかかってしまった。

追尾装置付き三脚も販売されているが・・・・・。


皆さんは用意されましたか?



当日は快晴を期待するが、もし曇天や雨天だったらお終いだ。

後は天の神に祈るしか無いだろう。

by hamabo-1m | 2009-06-23 08:10 | その他
2009年 06月 22日

キジョラン

秋に南下するアサギマダラが産卵するための植物キジョランに花が付いた。

昨年も10個前後の卵を確認出来たが、残念ながらサナギになることがなかった。

そのキジョランに花芽が。
e0008820_8211996.jpg

このキジョランはブログ友のospreyさんが昨年下さったものだ。


昨日ospreyさんご夫婦が我が家に来て下さった。
そして種まきをして発芽したキジョランを下さった。
e0008820_8212912.jpg



庭にはやはりブログ友から頂いたブッドレアもある。
そして自然生えのガガイモもある。

今秋にはたくさんの産卵を見届けて、サナギとなり来春に我が家からアサギマダラが飛び立つ姿を見たい。








ユリの花の数

先ず昨日のササユリの写真をご覧ください。
6枚の花と思っていたら3枚のガクと3枚の花びらだと知った。
クリスマスローズも同様のようだ。

by hamabo-1m | 2009-06-22 08:29 |