<   2008年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 30日

ヤマモモ

二日間で約4kg収穫したヤマモモ。
さて何を作ろう。


左側の完熟したヤマモモは生食用。
e0008820_835481.jpg




先ず1kgをアルコール度20の日本酒に漬けた。

次にジュースを作ることにした。
e0008820_8365024.jpg

ヤマモモ      1.5kg
グラニュー糖    300g
レモン・スライス  6~7枚
水は材料が隠れる程。

沸騰させてから弱火にして約8分間煮込む。
冷めたら出来上がり。


まだ暖かかったジュースを氷を入れたグラスに注いだ。
e0008820_837546.jpg


さて味は?

最高!


一番時間をとったのは収穫したヤマモモを水洗いして、一個一個ペーパー・タオルで拭き取る事だった。



次に作ったのがジャム。
ジュースを作った後のヤマモモを一個ずつ種を取り除く。
これが一番時間が掛かってしまった。

果肉だけにした上にグラニュー糖を約400g加える。
(ヤマモモから出た水分があるので、水は加えない)

グツグツ煮ること約40分で出来上がり。

捨てたのは種だけだ。


もしヤマモモが手に入ったら是非お試し下さい。

by hamabo-1m | 2008-06-30 08:50 | 男の料理
2008年 06月 29日

自然の恵み

山へ行くと野イチゴが赤く色付いていた。

e0008820_81871.jpg


e0008820_8182133.jpg

甘酸っぱい味が口の中に広がる。
とても美味しい。




ツヅラト峠入り口にある池に毎年咲く大賀蓮。
昨年から異変が起きていた。

何者かに新しく出た葉を食べられている。
e0008820_8183511.jpg


e0008820_8184829.jpg


犯人は誰だ。
地元の方々に聞くとどうやら鹿のようだ。

山に餌が少ないわけでもない。
何故大賀蓮を狙うのだろう。
新芽が柔らかくて美味しいのだろうか。

これで今年もあの素晴らしい色をした大賀蓮を見る事が出来ないのだろうか。
昨年も3~5輪咲いただけで終わってしまった。

防御策として池の周りに柵を設ければ良いのだが、柵で囲まれた池は見たくない。
実に困った事態に陥ってしまった。

by hamabo-1m | 2008-06-29 08:29 | 風景
2008年 06月 28日

霧雨の中

「早起きは三文の得」と言われるが・・・・・。
今朝目を覚ましてツヅラト峠入り口の池へ出かけた。
現地到着5時25分。

驚いた事にそこには3人の先客が居た。
それぞれの人が立派なカメラを手に忙しく動き回っていた。

チョウトンボの羽化直後を見つけた。
でも・・・カメラを向けて見ると何か変だ。
霧雨に濡れたにしては様子がおかしい。

「飛んで行かないよう霧吹きをしました」と・・・。
e0008820_7115691.jpg

これでは自然な姿では無いと感じる。

更にその後の行動には憤りを感じた。
「良い背景は無いかな」とチョウトンボを捕まえてアッチコッチに置いていた。

羽化直後のトンボの羽は弱い。
触ってしまったら100%奇形になってしまう。

良い写真を撮る為に取った行動が、トンボの為には最悪の事となる。
人間の欲の為に犠牲になるトンボが可哀想だ。

「良い写真だろう」と自慢したいが為に行った事なのだろう。



近くには命を終えたチョウトンボが水面に浮かんでいた。
e0008820_7121195.jpg




シオカラトンボの雌。
e0008820_7122679.jpg


これもシオカラトンボの雌だが、早くも飛び立とうとしていた。
e0008820_7124218.jpg




私たち人間も自然の中で生きている。
人間の欲の為に行動する事は慎みたい。

今朝は人の身勝手さを見せられた少し嫌なものになってしまった。



チョウトンボの不思議
2週間前くらいから見かけるチョウトンボ。
毎日10数匹が羽化している。
しかし・・・・・昼間に飛んでいる姿を見た事が無い。
何故だろう?
山の中に入ってしまっているか。

もう少し暖かくなれば池の上を飛ぶ優雅な姿を見せてくれるだろう。

by hamabo-1m | 2008-06-28 07:26 |
2008年 06月 27日

チョウが好む花

夏の花ハマユウ(浜木綿)が咲き始めた。

アゲハチョウが好む花だ。
e0008820_513395.jpg


e0008820_51499.jpg


e0008820_52419.jpg



フウセントウワタも開花。
2年目にカバマダラが吸蜜していた。
e0008820_521781.jpg


e0008820_52338.jpg


e0008820_524829.jpg



センダンの花。
この花が咲き始めるとシジミチョウが増えてくる。
e0008820_53643.jpg



チョウが好む花はそれぞれだが、ハマユウ・フウセントウワタ・センダンが特に好まれるように思う。
チョウ達がやって来るのが楽しみだ。

by hamabo-1m | 2008-06-27 05:09 |
2008年 06月 26日

貴方はどっち巻き?

熊野古道「始神峠」入り口にある広場へ行った。
歩いていると足の踏み場が無い程ネジバナが咲いている場所があった。

普通はこのねじり方をしている。
e0008820_993393.jpg




中には反対巻きも。
e0008820_995170.jpg




ネジバナの変わり者。
ねじれていない。
e0008820_9101219.jpg

周りの花に「お前はオカシイ」と虐められていないだろうか。



e0008820_9103530.jpg



花の中にも変わり者が居るように人間にも可笑しな人が居る。
代表的なのはこの私だろう(らしい・・・)。

自分では普通と思っているが・・・・・。
女房、娘達を始め皆に言われる。
「何処が悪いの?」と聞いても「別に悪くは無いんだけど・・・・・変わっている」と。
私にとっては死ぬまで永遠の謎なのだろう。

人それぞれの個性なのだろうが、世の中にマッチしていないのかも知れない。

by hamabo-1m | 2008-06-26 09:21 | 山野草
2008年 06月 25日

ヤマモモの収穫

赤くなったヤマモモを見つけて採っている。

このヤマモモは四国産の『瑞光』
大きなものは2cm以上になる。
e0008820_19374981.jpg



これだけで800g。
e0008820_1938698.jpg


もう少し採って1㎏にして日本酒漬けにする。

それ以外にジャムや砂糖漬けにする。
砂糖漬けにしたものはとても綺麗でジュースにすると美味しい。


今日は娘がお休みの為に愛華のお守りも休み。
朝からお墓の掃除に行った。
墓に植えられた樹木(5本)の枝きりや草抜きに汗を流した。

帰宅後に頭からシャワーを浴びて汗を流した。

by hamabo-1m | 2008-06-25 13:08 | 我が家の庭
2008年 06月 24日

合歓の花

合歓の花が咲き始めていた。
夏が近い事を知らせているように思う。

e0008820_15252044.jpg


蕾の色は濃いのだが・・・。
e0008820_15253815.jpg


イッパイ蕾がある。
これから長い期間を楽しませてくれるだろう。
e0008820_15255433.jpg


今日は天気予報が外れて曇り空だった。
昨日のような暑さは無いので身体も楽に感じる。

by hamabo-1m | 2008-06-24 15:33 |
2008年 06月 23日

奇妙な訪問者

早朝6時前に庭を廻るとヒオウギの蕾に奇妙な虫が居た。

e0008820_1054013.jpg


カメラのシャッター音に驚いて次に止まったのがカリンに木。
e0008820_10542069.jpg


草むらには綺麗なシジミチョウが。
ベニシジミかな?
e0008820_10543327.jpg



今日も蒸し暑い一日になりそうだ。

by hamabo-1m | 2008-06-23 10:57 |
2008年 06月 22日

紫陽花

自宅前の川の土手に植えた紫陽花が見頃になった。


「墨田の花火」
e0008820_9104471.jpg



e0008820_911041.jpg



e0008820_9111595.jpg



e0008820_9112885.jpg



各地で紫陽花祭が催されているが、見に行く時間が無い。
花菖蒲も咲いている事だろう。

昨日の午後から降り出した雨。
涼しくなるのかと思ったら大間違いだった。
部屋の中ではエアコン無しでは過ごせないほど蒸し暑くなった。

孫達の為には余り温度を下げる事が出来ない。
汗ばむのを我慢しながら過ごした。

愛華の熱も下がり安定したが、鼻水が止まらない。
しかし元気良く遊びまわる姿を見て安心した。

夏鈴も思った程悪くならず元気だ。

by hamabo-1m | 2008-06-22 09:18 |
2008年 06月 21日

トンボの羽化

殆ど終りに近づいた羽化。
羽に体液を流し込んでいるのだろう。

1時間もすれば元気に飛び立つに違いない。
e0008820_10563376.jpg



羽化を終えて飛び始めたキイトトンボ。
まだ色が出ていない。
e0008820_10581666.jpg



水連に止まっているトンボを見た事が無かった。
蕾だととまるのか?
e0008820_1058319.jpg


開花した水連に止まるトンボを撮りたくて探すが、数年間見ているが見つけた事が無い。



愛華の熱も平熱となり元気になった。
昨夜は熟睡出来たようで娘も一安心していた。
代わりに夏鈴が喉をゴロゴロさせている。
またまた病院へ行かなければならない。

午後からは仕事を終える娘もやってきてお泊りする。
久し振りに我が家で大騒ぎになりそうだ。

by hamabo-1m | 2008-06-21 11:05 |