☆ はまぼうの里 ☆

hamaboo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2008年 02月 29日

最後の冷え込み?

今朝の気温が0度まで下がった。
日中は小春日和になる予想だが・・・。

開花間近なタンポポが凍っていた。
e0008820_8324996.jpg


e0008820_833492.jpg



綿帽子も凍っていた。
e0008820_8332170.jpg



今日で2月が終わる。
この冬最後の冷え込みのようだ。

早く春が来て欲しいと願っている。

by hamabo-1m | 2008-02-29 08:37 | 山野草
2008年 02月 28日

ミサゴを探しに

最初に見つけたミサゴは余りにも遠すぎて写真を撮れなかった。
別の場所へ行くがなかなか見つからない。

フッと山を見るとヒノキの上に止まっていた。
e0008820_8174391.jpg

何処?

ズームアップした。
e0008820_818420.jpg

首を回して獲物をさがしているが飛び立とうとしない。


30分待っても飛び立とうとしない。
諦めようかと考えながた。
それからかなりの時間が経過した時にやっと動いた。
e0008820_8182161.jpg



獲物を見つけたのかホバリングをした。
e0008820_8183628.jpg

獲物が居るんだろう早く飛び込め。
連写モードにして待っていたが・・・・・。


結局飛び込む事無く上空を舞い始めた。
e0008820_8185144.jpg

その後も待っていたが十数分後には山に戻っていった。


飛び込む姿を撮りたかったが残念。
諦めて帰宅した。

by hamabo-1m | 2008-02-28 08:28 |
2008年 02月 27日

てこね寿司

昨日は新鮮なカツオを使った伊勢名物の“てこね寿司”を作った。

何杯でも食べられる美味しい寿司だ。
e0008820_9194855.jpg


作り方は簡単。

カツオは昨日の茶漬けと同じように薄切りにする。
醤油、日本酒、味醂、砂糖で作った漬け汁に約20~30分漬け込む。
ご飯は勿論寿司飯。

寿司飯の上に漬け込んだカツオを並べて、シソ・刻み生姜・刻み海苔等を好みで乗せれば完成。
カツオで作るのが“てこね寿司”が普通だが、好みで鮪を使っても良い。

“てこね寿司”と“づけ丼”区別は何だろう?
作り方は殆ど同じだし・・・・・。
寿司ご飯と普通のご飯の違いだけだろうか。


三日連続料理のアップになってしまった。



昨日の雨も上がり暖かい朝を迎えた。
今日はミサゴを探しに出かける事にしよう。

by hamabo-1m | 2008-02-27 09:39 | 男の料理
2008年 02月 26日

カツオ茶漬け

昨日mariさんが「カツオ茶漬けが美味しかった」と書き込みを頂き、自分も食べたいなぁと思っていた。
女房が夕食の準備をしているのを覗き込むと・・・・・何とお茶漬けの材料が並んでいた。

ワクワクしながら食卓に並ぶのを待った。

我が家のカツオ茶漬けの作り方を紹介しよう。
① カツオの刺身、醤油、すりおろし生姜、シソの葉の細切りを用意。
② カツオはお刺身で食べる時より薄く切る。
③ 器に焚きたてご飯を入れる。
これで準備完了。 
e0008820_8385354.jpg


④ ご飯が隠れるほどカツオを乗せ、シソと生姜を乗せる。
⑤ その上に適度な量の醤油をかける。
  (醤油は一口食べた後に追加する程度に少なめにかける。
   これは好みが違うから、必ず守って欲しい)
⑤ ポットやヤカンで沸騰させた湯を注ぐ。
⑥ カツオの色が白くなるよう満遍なく注ぐのが大切。
e0008820_8391293.jpg


出来た!
実に簡単で最高に美味しいお茶漬けだ。
是非お試し下さい。

二日連続で私が食べたいと思っていたご飯が並んだ。
35年以上一緒に居ると察するものがあるのだろうか。

小鳥の食事

by hamabo-1m | 2008-02-26 09:00 | 男の料理
2008年 02月 25日

蕎麦うち

昨日町内の公民館で「下河内里山を守る会」主催の「蕎麦打ち講習会」があった。

募集した15名が参加した。
全くの初心者から数回の経験者まで色々な方が集まった。

e0008820_8315218.jpg

講師は会員で蕎麦打ち道2段の女性。
そして初段の6人の方がサポートした。

私と女房も参加させて頂いた。

私は病気をしてから1年半振りの蕎麦打ちに少し不安があった。
手順の総てが理解出来ているつもりだったが時々???。
練りをする時には手が思うように動かない自分に苛立ちを覚えた。

何とか打ち終わり最後の切りに入った。
体が覚えているのか自然と包丁を持つ手が動いた。
出来上がりの蕎麦の太さには大満足で終わった。

終了後に自ら打った蕎麦を茹で上げて試食。
ヤッパリ手打ち蕎麦は美味しい。

不安感一杯の自分が再び蕎麦打ちが出来た事が嬉しかった。



昨日の夕食

蕎麦打ちを頑張った私を気使ったのか女房は私の大好物の“鰤の刺身”を買って来てくれた。
e0008820_8321233.jpg

久し振りの鰤の刺身をお腹一杯食べることが出来た。


一昨日の夕方から冷え込んで雪がちらついていた。
車の屋根に積もった雪で知人が“雪だるま”を作ったそうだ。

今週一週間は寒い日が続きそうだ。
岩海苔が成長することを期待できそうだ。

by hamabo-1m | 2008-02-25 08:53 | その他
2008年 02月 24日

岩海苔

海岸沿いの岩場で岩海苔が成長しているのを確認した。
2年振りの採取だ。
昨年は暖冬の影響で全く成長しなかったが、今年の寒さが順調に伸びた。


岩を覆うように付いている。
e0008820_8254323.jpg

この海苔を道具を使わずに手で取るのだが・・・これが大変な作業なのだ。

自宅に持ち帰って砂や貝殻、虫を取り除くために10回程水を替えながら洗った。
その作業に約2時間。
寒さで手が震えた。

大部分は一旦冷凍保存をした。
暖かい日を選んで板海苔を作る予定だ。


綺麗に洗った岩海苔を適度に刻んで鍋に入れる。
日本酒、味醂、醤油と少量の砂糖を入れて煮込んだ。

出来たのが岩海苔の佃煮。
e0008820_826018.jpg


昨日の昼食に孫達に食べさせると「美味しい」と感激してくれた。
チビの愛華も「おいちぃ」と催促をした。

市販の海苔の佃煮は色々な添加物が入っているので、愛華と柊人は食べる事が出来ない。
我が家の無添加佃煮を喜んだのは言うまでも無い。
今朝も娘から「朝ごはんをイッパイ食べたよ。また作ってね」とメールがあった。


岩海苔の横にはヒジキが波に揺られていた。
e0008820_8264192.jpg

これもスーパーのレジ袋一杯採って来てた。
大鍋で約45分ほど炊いて天日干しをした。
出来上がったのは極僅かだ。

2年振りに自然の恵みを堪能出来た。

昨日までの一週間は春の陽気だったが今朝から冷え込んだ。
これでまた岩海苔が生長するだろう。
次の大潮(3月6日から)を待ってもう一度採りに出かけよう。

孫達や娘達の喜ぶ顔を思い浮かべながら採るのも楽しい。

女子サッカー

by hamabo-1m | 2008-02-24 08:49 | 男の料理
2008年 02月 24日

お知らせ

今週末から来週には77777番になります。

皆さん是非キリ番を獲得して下さいね。

今が一年で一番干物が美味しい時期です。

是非紀州の干物を味わって下さい。

by hamabo-1m | 2008-02-24 08:10 | その他
2008年 02月 23日

狙われたセキレイ

岸壁でカモメやウミネコを見ていると、そこにセキレイが飛んできた。

e0008820_8252585.jpg


何処から見ていたのかセキレイを狙ったネコが近付いてきた。
ジッとセキレイの動きを見ている。
e0008820_8254176.jpg


何時の間にか2匹目のネコがやって来た。
e0008820_8261231.jpg



セキレイは歩き回り餌を探しているが、ネコの存在は解っている様子だった。
この距離が安全なのか平然としていた。

暫らく見ているとネコが足を上げた途端、セキレイは飛び去った。


周りを見ると何時の間にか6匹のネコが集まっていた。
場所が民家から遠いことを考えると捨てネコなのだろう。

漁師に話を聞くと「水揚げする魚を狙って来る」と言っていた。

売り物にならない雑魚等を狙ってネコ、カモメ、アオサギ、カラス、トンビ、鵜が集まる。

集まる鳥達を狙っているのが私だ。
出来るだけ近付いてカメラに収める。

by hamabo-1m | 2008-02-23 08:39 |
2008年 02月 22日

ジョウビタキ

ウォーキングを楽しむ私の前にやってきたジョウビタキ君。

歩く方について来た。
ジョウビタキ(雄)
e0008820_901588.jpg


餌のおねだりでもしているのだろうか。
後姿も綺麗だ。
e0008820_903260.jpg


我が家の庭に毎日遊びに来るジョウビタキ(雌)
e0008820_9312195.jpg



ウォーキングしている道沿いには数多くの野鳥達が生息している。
2匹のルリビタキも目の前を飛んで行った。

カメラを構える時間が無いほどアッというまに林の中に消えてしまう。

その中でもジョウビタキ君とヤマガラ君だけは人に近付いて来る

他の小鳥達とも仲良くしたいのだが・・・・・。

by hamabo-1m | 2008-02-22 09:06 |
2008年 02月 21日

万歩計

一日中動き回る愛華に万歩計をつけてみた。

一昨日は約11,000歩。
昨日は約13,000歩だった。
e0008820_8335069.jpg


気が付くと落としている時もあるから実際にはもう少し歩いているのだろう。

ジイジが後ろを追いかけていると疲れてしまうのがよく解った。

ご飯を食べる量も姉の夏鈴と変わらない。
それでも太らない理由がここにあったのだ。



夏鈴とジイジの会話。

先日柊人が母親の手伝いで餃子を幾つか作った。
その時に「しゅうちゃんの作ったのは食べたくない」と言って柊人を泣かせてしまった。

ジイジ  「何でしゅうちゃんに意地悪を言ったの」
夏鈴   「そんな事は忘れて」

女房と次女の顔を見て笑いこけてしまった。

by hamabo-1m | 2008-02-21 08:42 |