☆ はまぼうの里 ☆

hamaboo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2005年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 30日

早 朝

昨年の9月29日は台風の影響を受けた豪雨だった。
半日で1,300㎜降った豪雨の傷跡がいまだに残っている。
田舎には国や県の予算が回りにくいためか、なかなか復旧が進まない。
米作りを1年放棄した方も大勢居る。

その傷跡の残る横に、流されずに残った彼岸花が咲いていた。
植物の生命力には驚異的なものが有る。
e0008820_1118150.jpg

彼岸花に集まる虫たちを捕獲しようと、蜘蛛が網を張り待ち構えている。
e0008820_11203785.jpg

さて、今日の獲物は何だろう?
No.311

by hamabo-1m | 2005-09-30 11:21 | 山野草
2005年 09月 29日

ツリガネニンジンと蝶

ファインダーを覗いた瞬間、1匹の蝶が「私も写して」とやってきた。
蝶の仲間のモデルさんかも知れない。
数枚撮り終わっても立ち去らない。
余程自分の姿に自信があるのだろう。
e0008820_71722.jpg

その横に咲いていた白花リコリス。
e0008820_7182721.jpg

先日黄花リコリスが開花し、友人の奥様が撮影した。
それを聞き行ってみると、有ったのは掘り起こした痕の穴だけだった。
この白花の横にある株が、切り取られて捨てられていた。
株の有った所には目印の棒が挿してあった。
数日後球根を掘り起こしに来る準備だろう。
勿論棒を捨て、球根の有る所を草で被ったが、おそらく解ってしまうだろう。
熊野古道に来られるお客さんに喜んでもらおうと植えた花を盗掘する者。
情けないの一言だ。
No.310

by hamabo-1m | 2005-09-29 07:32 | 山野草
2005年 09月 28日

カモがやってきた

片上池にカモがやって来た。
毎年越冬のために来る。
第一陣はヒトリガモ5羽とカルガモ2羽の合計7羽だ。
昨年も来た鳥達なのか、恐れずに近づいてくる。
これから仲間も飛んできて賑やかになるだろう。
e0008820_7343514.jpg

右端に見えるのがカルガモだ。

長さ2㎝に満たないバッタ。
これで成虫なのかな?
e0008820_7361946.jpg

No.309

by hamabo-1m | 2005-09-28 07:38 |
2005年 09月 27日

蕎麦畑

春に収穫した蕎麦畑に、また花が咲いていた。
二毛作(?)と思いながら近づいてみた。
e0008820_7383739.jpg

耳をすますと「プーン」と無数の音が聞こえる。
「何だろう?」
しゃがみ込んで花の写真を撮ろうとしたその時、ファインダーの中から見えたのはミツバチだった。
e0008820_7415815.jpg

「一緒に撮って」と言いたげだった。
目を凝らして見てみると、無数の蜂達が飛び交っているのが見えた。
アッサリした蕎麦の花に甘い蜜が多いのか、と初めて知った。

昨日9月26日は災害の多い過去の歴史がある。
5,000人以上亡くなった「伊勢湾台風」、1,000人以上の犠牲者が出た「洞爺丸」。
今年は昨年に比べて台風が少ないが、10月までは油断できない。
地球温暖化で大型台風が増えたと言われているが、太平洋岸に住む者にとって有り難くないことだ。
No.308

by hamabo-1m | 2005-09-27 07:50 |
2005年 09月 26日

箒 草

箒草(コキア)が紅葉(?)した。
形の良い草で春から晩秋まで楽しませてくれる。
見て良し、食べて良しだ。
e0008820_8292143.jpg

e0008820_829418.jpg


「愛地球博」が終わった。
一度も行かなかった。
大盛況で終わったと関係者が大喜びしている。
が、今朝のラジオを聴いていて?と思った事がある。
隣の我が三重県の経済効果はどうだったんだろう?
それは×だ。
レジャー施設関係、観光地及び宿泊関係が軒並み30%前後のマイナスだった。
おそらく岐阜県、静岡県等も同じと推測出来る。
事故も無く無事終わった事に拍手を送りたいが、万博の影で泣いた人も大勢居ることを知っていただきたいと思う。
No.307

by hamabo-1m | 2005-09-26 08:43 | 我が家の庭
2005年 09月 25日

臭い!

近所の公園に毎年凄い数のギンナンが付く銀杏の木がある。
早朝、見に行くと落ちて強烈な匂いを放っているギンナンがあった。
e0008820_8211194.jpg

公園のものだから誰でも拾えるということで、袋を持って匂いと戦いながら集めた。
流水で1個1個洗い、実を取り出して天日干しにする。
e0008820_8252370.jpg

合計630個。
実を取り出すのに1時間半を費やした。
食べるときの楽しみを思いながらの作業だった。

夏鈴と彼岸花デートが出来なかった。
仕方無しに写真だけ撮りに行った。
e0008820_8284889.jpg

No.306

by hamabo-1m | 2005-09-25 08:29 | その他
2005年 09月 24日

小雨の中

何か無いかと草むらに入ると、「アッター!」。
開花を待っていたホトトギスだ!
1年ぶり再会できた。
e0008820_11403547.jpg

何とナンバンギセルと一緒だ。
ホトトギスの後ろに咲いている。
e0008820_11422968.jpg

e0008820_11432324.jpg

小雨の中、出かけた甲斐があった昨日だった。
No.305

by hamabo-1m | 2005-09-24 11:45 | 山野草
2005年 09月 23日

秋を感じる

三重紀伊長島は黒潮流れる熊野灘沿いにあるため、殆ど紅葉を見る事が出来ない。
モミジ、ウルシの木があるくらいで、それも群生している所も無い。
その中で出会った紅葉らしきものを撮ってみた。
桜の木だが落葉する前の僅かな期間だ。
e0008820_965023.jpg

湿地沿いにあり、左後方にシラサギの姿も見られた。

桜の木の元に咲いていたハギの花。
e0008820_973089.jpg


ツヅラド峠入り口の川の堤に咲く彼岸花が満開を迎えていた。
e0008820_134649.jpg

努力の甲斐があって町内でも知られるようになり、家族連れで見物に訪れる人も増えた。
No.304

by hamabo-1m | 2005-09-23 09:11 | 風景
2005年 09月 22日

昨夜アジの夜釣りに出かけた。
ランプで照らした海面に小さな電気浮が浮かぶ。
早速あたりがあり上げてみると何とネンブツダイ!
それから約1時間。
目的のアジは1匹も釣れず、ネンブツダイを友人と二人で150匹程釣り上げ納竿。

昔からネンブツダイは頭を落としてミンチにし、団子ににして吸い物に入れ食べる。
店先に出回ることが無く、リヤカーを引いたお婆さんが売り歩く魚の中に入っている貴重な(???)食材だ。

昼、山に入るとギボシとツユクサが並んで咲いていた。
e0008820_724210.jpg

道端に邪魔なほど伸びた“クズ”の花。
e0008820_725233.jpg


今の季節は花が少ない?
ブログにアップする被写体が無い!
悩んだ末、昨年同時期に撮った写真をアップしよう。

e0008820_7324614.jpg

ツリガネニンジンの蜜に寄って来た蝶。
何時もこのような被写体を求めているが、なかなか出会うことが少ない。
昨夜から雨で花を撮ることも出来ない。
ブログを休もうか本気で悩んでいる。
No.303

by hamabo-1m | 2005-09-22 07:33 | 山野草
2005年 09月 21日

不思議な種

これを見て何の花かお解かりの方はスゴイ!
e0008820_747189.jpg

そう、フウセントウワタの花だ。
この可愛い花がこんな実を付ける。
e0008820_7491031.jpg

さて中はどうなっているのか?
種が枯れると顔を出す。
タンポポのように綿毛が付いている。
子孫を寄り多く、より広範囲に広げる為なのだろう。
e0008820_7521286.jpg

同じ場所で花から種まで観察出来た。

ある情報掲示板に種の写真が載り、「ケサランパサランか?」と騒いでいる方がいた。
「これは何だろう?」とするべきではないだろうか?
No.302

by hamabo-1m | 2005-09-21 07:58 |