☆ はまぼうの里 ☆

hamaboo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2005年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2005年 06月 30日

清 流

澄み切った水に涼しげな水草。
ここは海山町「大白公園」の中を流れる川だ。
“ササユリ”が保護されている地の前を流れている。
上流に民家が少なく、生活排水の流れ込みが僅かであるからこそ、この素晴らしい自然が残されているのであろう。
e0008820_812143.jpg

e0008820_8122019.jpg

流れの中には小さな魚達も居たが、何であるかは確認出来なかった。
この水草はもともとこの川に有ったものか、植えられたものかは解らない。
もし植えられたものであったら生態系に問題がありそうに感じる。
e0008820_8204077.jpg

e0008820_8205641.jpg

公園を見回り、管理しているお二人に話を聞いたが、「訪れる人が少ないのでゴミも出ず綺麗だ」と言っていた。
莫大な税金を投入して作られた公園なのだから、より多くの人に見て貰いたいと思う。
No.219

by hamabo-1m | 2005-06-30 08:25 | 風景
2005年 06月 29日

ハギの花

屋久島ハギが沢山の花を付けた。
枝も数多くあるが全体の大きさは20㎝強しかない。
e0008820_15172453.jpg

斑入りヘビイチゴに近づいてみると、こんな画像になった。
e0008820_15183543.jpg


午前に病院で精密検査を受けるとやはりヒビが入っていた。
しかしテーピングで治ると聞き一安心。
指の画像をアップしようと思ったが、グロテスクなのでやめにした。
No.218

by hamabo-1m | 2005-06-29 15:21 |
2005年 06月 28日

イタリア村・ビクトリア号

柊人を連れて一路名古屋港へ。
イタリア村に着くとそこは熱帯地のようだった。
月曜日というのにこの混雑何なのだと思いながら歩く。
e0008820_11215254.jpg

お腹か空いて本場のピザを食べにお店に入ると、冷房が追いつかないのか暑さ地獄だった。
e0008820_1123202.jpg

ピザは大好物だが何故か口に合わなかった。

暑さにも負けずに走り回る柊人を追いかけるの一苦労。
e0008820_11263170.jpg

一回りしてから港へマゼランが世界一周した“ビクトリア号”を見に行く。
ポルトガルを追われる様にスペインに行ったマゼランが、スペイン国王に認められて1519年出航した。
僅か90トンのビクトリア号他4隻、乗組員277名の乗り組員と大西洋に出た。
1521年今のフィリピン、セブ島での戦いでラプラプ王に殺害される(41歳)。
残った乗組員で最後の1隻で1522年僅か18人で帰国した。
e0008820_1137592.jpg

世界1周で名を残したが果たして快挙なのだろうか?
寄港する島々では略奪を繰り返し、反抗する者を殺害したマゼラン。
欲望と共に旅したマゼラン号を複雑な目で見てしまった。
No.217

by hamabo-1m | 2005-06-28 11:43 | 風景
2005年 06月 27日

ナナフシ

次女の車にゴミが付いていると思い手を伸ばすと、ンン?動いた!
ゴミが風で揺れたと勘違いしてつかもうとすると又動く。
目を凝らして見ると15㎝近くある“ナナフシ”だった。
慌ててカメラを取り出して写した。
下から孫息子の柊人が「ジイジ、ジイジ」と触りたくて手を伸ばす。
何でも口に入れてしまう柊人なので触らせなかったが、はたして美味しそうに見えたのかな?
「もし食べたらどんな味がするかな」なんて馬鹿な事を考えてしまったジイジ。
飼育ケースで飼ってみようかと思ったが、雌雄が解らないうえに1匹では子孫を残すことも出来ないだろうから止めた。
こんなか弱い昆虫がいるほど環境が良いのか、チョッピリ嬉しくなった。
e0008820_8415224.jpg

e0008820_8421041.jpg


No.216

by hamabo-1m | 2005-06-27 08:43 |
2005年 06月 26日

アメリカでいこ(ディコ)

ブラジル原産で江戸時代に日本に入った植物だそうだ。
この鮮やかな赤色は何処に咲いていても、目に飛び込んでくる。
街路樹に使われている事も多い。
e0008820_1013429.jpg

花言葉は「夢」「童心」
e0008820_10133085.jpg

今日は紀州も真夏日になりそうだ。
No.215

by hamabo-1m | 2005-06-26 10:15 | 樹 木
2005年 06月 25日

ホタルブクロ

隣り町、大内山へ“ゲンジホタル”を見に行ったが、我町より寒い為か数匹を確認出来ただけだった。
“ヘイケほたる”と違い大きいので1匹でも存在感の有る光を放っていた。
昼間に見た“ホタルブクロ”を一輪だけ頂戴し、ヘイケホタル”を見に行くと見事に飛び回っていた。
その中の2匹を捕まえてホタルブクロに入れると、花の中で動き回りながら光を放つホタルが浮かび上がった。
「ワァー!綺麗」と女房と友人が感激してくれた。
e0008820_8271192.jpg

残念ながらその姿は撮影に失敗したが、三脚でカメラを固定し30秒間開放したら写っていたいたのが下の画像だ。
e0008820_8293326.jpg

数回シャターを押したが全く駄目だった。
雰囲気だけでも感じて頂けるだろうか。
勿論帰りにはホタルを開放した。
No.214

by hamabo-1m | 2005-06-25 08:33 | 山野草
2005年 06月 24日

ユスラウメ・大賀はす

4月11日にユスラウメの花をアップした。
それに真っ赤な実が付いている。
口にすると甘酸っぱくとても美味しい。
「初恋の味」と言うが、遠い昔の事で忘れてしまった。
そうだ!ユスラウメの実を入れる籠を作るのに、松阪で麦わらを頂いたんだ!
畑で刈り取りをしていた女性と「これを少し下さい」「何に使うん?」「ユスラウメの実を入れるんです」「フーン、持っていきな」「有難う」という会話した。
きっと「可笑しな、物好きなオジンやな」と思ったに違いない。
e0008820_12554570.jpg

meymamaさん・ha-imoryさん
これが実ですよ。

熊野古道「ツヅラド峠」入り口の池に今年も“大賀ハス”が花を付けている。
この蕾が1番花になりそうで、開花が待ち遠しい。
昨年は開花のの時にはじける「ポン」という音を聞きに朝の4時に1週間通い続けたが、一度も聞くことが出来なかった。
朝の暗闇にじっと座っている自分の姿を想像するだけでも吹きだしそうだ。
今年も行ってみようと思うが・・・。
e0008820_1343052.jpg

No.213

by hamabo-1m | 2005-06-24 13:11 |
2005年 06月 23日

庭の花達

昨夕庭の花を見て廻ると「最近私達の写真を撮っていないじゃないか!」と怒られた。
毎日撮らないと機嫌が悪くなる我がままの子達だ。
部屋に戻りカメラを持ち出し、レンズを向けるとご機嫌な顔を見せてくれた。
可愛い顔を見せ始めた“ネジ花”(モジズリ)
種が落ちていたるところから姿を現す。
e0008820_9373933.jpg

ユリ科の“アガパンサス”
知り合いから頂いてから増える一方の花で、この10年位の間にかなりの数が嫁入りした。
e0008820_9352151.jpg

「私が1番綺麗でしょう」と大きな花を沢山付けて咲いているユリ。
黄色い花は遠くからでも目立つ。
e0008820_9375842.jpg


朝(?)3時半に起きてドイツで行われているサッカーのコンフェデレーション・カップ、日本対ブラジル戦をTV観戦した。
結果は2-2の引き分けだったが良い試合だった。
来年のワールドカップに向けてますます強くなるような予感がした。
No.212

by hamabo-1m | 2005-06-23 09:45 |
2005年 06月 22日

トンボ

夜に降っていた雨も止み涼しい朝を迎えた。
庭に水撒きをしなくても良いのでユックリ新聞を読むことができた。

はまぼうの木で休んでいるトンボ。
e0008820_9445186.jpg

近くの枝に巣を張りめぐらしたクモ。
e0008820_9453859.jpg

No.211

by hamabo-1m | 2005-06-22 09:46 |
2005年 06月 21日

合歓の郷

昨日伊勢志摩の「合歓の郷」へ県下最大級と言われている“花菖蒲”を見に行った。
入り口で入場券付きランチバイキング券を2,100円で買い、先ずは腹ごしらえをして満腹のお腹で丘を下り海と丘の散歩道へ。
花菖蒲園に着くと見事な花が目に飛び込んできた。
d0040056_9454923.jpg

約120種有ると聞き、丹念に見て廻る。
d0040056_9465296.jpg

園は奥が深くアジサイで区画されている中を歩きながら、合歓の花が咲き始めている場所に来た。
手前に合歓の花、蒲の穂、花菖蒲、紫陽花、画像の奥にはビワの木も有った。
d0040056_9521874.jpg

小道には誰の手を借りる事無く、ヒッソリとササユリが咲いていた。
d0040056_9542511.jpg

花菖蒲の横に大好きな“蒲”が穂を見せてくれた。
d0040056_956118.jpg

菖蒲園から海岸へ向かうと紫陽花に囲まれた池が有り、スイレンも咲き始めている。
水路にはクレソンまで自生していた。
海岸近くの池にはハマボウの木が有り黄色い花を見せてくれた。
写真を撮りながら2時間(約8,000歩)程散歩を楽しんだが、お天気に恵まれ過ぎで全身汗でビッショリになった。
No.210

by hamabo-1m | 2005-06-21 10:12 |