カテゴリ:里山を守る会( 72 )


2016年 01月 29日

梅の花



里山の会本拠地「旭屋」の庭にも梅が咲き始めた。

毎年この木で収穫したものを梅干しにする。

今年はどれほど採れるのだろう。

e0008820_20102812.jpg



昨夜から降り続いている雨。

普通なら冷たい雨と呼びそうだが、先日の猛烈な寒さの後だからそれを感じない。





昨年12月12日の里山の日に、鹿の刺身で中った。

それから2ケ月近く経過したが、体調が良くなったり崩れたりの繰り返しだ。

1週間ほど前からまた崩れてきて、思うように食が進まない。

何とわずか週間で体重が4kg減った。

このまま続けばもう直ぐ女房と同じ体重になりそうだ。

医者に何度も診てもらっているが、?????ばかり。

今朝は採血をして精密検査に回した。

かなぁ?

半分冗談で半分は真面目だ。

来週には大病院で検査してもらおうかと思っている。

by hamabo-1m | 2016-01-29 20:22 | 里山を守る会
2015年 12月 12日

里山の日 開催




今年最後の「里山の日」が開催された。

お天気にも恵まれたために、開店から大勢のお客様が来店。

余りにも多くて食事をお出しするのに時間がかかってしまつた。

e0008820_17590432.jpg


お座敷にもお客様が。

e0008820_17593605.jpg



野菜や手作りコンニヤク等を並べた売店。

飛ぶように売れた。
e0008820_18002466.jpg




今日は町の観光協会が募集した団体さんも、手作り箸の製作を

したり最後には食事もして頂き喜んでお帰りになつた。

e0008820_18005381.jpg

閉店時間の午後2時まで、お客様が途切れる事がなかった。





お客様が帰られてから食事。

常連客の差し入れの鹿肉のローストビーフを食べた。


e0008820_18012331.jpg

刺身に近いことで皆は遠慮気味。

私一人でこの皿全部食べた。

鹿は木の芽を中心に食べるから、生食しても大丈夫だ。

ビールを飲めなかったのが残念。

来店して下さったお客様の多くが、年末の年越し蕎麦を予約して

帰られた。

余りにも多くのお客様で疲れ切った。


by hamabo-1m | 2015-12-12 17:58 | 里山を守る会
2015年 12月 11日

夏 日


台風のような低気圧が強烈な風雨をもたらした。

合計雨量はまだ分からないが、60mm/時間の大雨を記録した。

都会と違い地盤の強い地域だから、殆ど被害は無かった。

朝9時頃からは気温も上昇して26度を越える夏日になつた。

明日の「里山の日」の準備に行った。

風邪引きで無理かと思っていたが、思いの外回復が早くて

急遽参加した。

コンニヤク作りは大変。


e0008820_16550795.jpg



煮物の里芋を昔風の道具で綺麗に洗った。

e0008820_16553825.jpg

午後5時現在の今でも外気温度は17度。

明日は午後から雨があるかも知れない。

お客様に迷惑がかからないと良いが………。





レンゲ畑に異変が。


e0008820_16561798.jpg

この画像にある田の水溜まりは何だかお分かりだろうか。

金網の何処からかイノシシが入り、ミミズなどのエサを探す

ために掘り起こしたのだ。

せっかく種まきをしたレンゲ畑なのに………。

来春に咲いてもまばらになるに違いない。


by hamabo-1m | 2015-12-11 16:54 | 里山を守る会
2015年 11月 27日

蕎麦打ち5段


里山の会のメンバーが蕎麦打ちの最高段位5段に合格した。

全国に段位者が12000人いるが、5段は43人しかいなかった。
今回約300人の挑戦者がいたが、最終的には14人が合格しただけだ。

今日の中日新聞に大きく掲載された。

e0008820_12335258.jpg
今までも里山の会が全国的に有名だったが、これでまた一段と名が売れたに違いない。


スタートは私も一緒だつたが、練習4回目を終えた後脳梗塞を起こした。

左手に力が入らず蕎麦打ちを諦めた。

里山の会のメンバーの中には4段位を持っている者は4人。
3段位は10人以上いる。
その中には我が女房も入っている。

私も続けていれば少なくとも3段にはなつていただろう。

左手が不自由でも蕎麦打ち出来ると思い、来年は女房に習いながらトライしてみたい。


by hamabo-1m | 2015-11-27 12:26 | 里山を守る会
2015年 11月 13日

コンニャク作り


明日は里山の日。
朝からコンニャク作りに忙しい。
先月と比べると涼しくて、火を扱うのもかなり楽だ。

e0008820_15005479.jpeg

昼から雨の予報たつたが、3時現在も降っていない。


e0008820_15022376.jpeg

ベテランになつたメンバー。
手慣れた作業で次々と出来る。

最後に煮て出来上がり。

e0008820_15060163.jpg

熱が取れたら食べる事ができるが、私たちは一晩置いてから食べる。

今日の作業が終わるのは6時頃になりそうだ。


by hamabo-1m | 2015-11-13 14:58 | 里山を守る会
2015年 10月 15日

レンゲ種まき



里山の会の本拠地「旭屋」前の田にレンゲソウの種をまいた。


田の広さは2700㎡約820坪。

そこに10キログラムの種をまいた。

種の仕入れ値は1㎏2000円。

e0008820_18533459.jpg





田に肥料をまく機械を使った。

e0008820_18534229.jpg





種。

e0008820_18535192.jpg


来年の春にはレンゲ畑が広がり、お客さんに喜んでもらえるだろう。








マコモ

隣町ではマコモの出荷が早くから始まっている。

レンゲの種まきが終わってからマコモ畑に入ってみた。

今シーズンは何も手入れをしなかったことで、草が根元に広がって見えない。

草を掻き分けて探し回った。


約15キログラムほど収穫出来たが、不良品ばかりでガッカリ。

しかし見かけが悪くても家庭では食べることが出来る。


里山の会も毎年平均年齢が1才づつ上がるだけ。

普段活動出来るメンバーで一番若い者で65才。


地道なボランティア活動に参加してくれる人は居ないようだ。

by hamabo-1m | 2015-10-15 19:07 | 里山を守る会
2015年 10月 10日

里山の日


恒例の「里山の日」を開催。

朝10時から始まるが待ちかねたようにお客さんが来られた。

お天気は曇り空で普通の方は肌寒く感じただろう。

e0008820_14244184.jpg




お座敷も残り1席だけ。

この後直ぐに満員となった。

e0008820_14245439.jpg






入り口に飾った季節の花。

コスモス、ホトトギス、アメジストセージは我が家から切って持参した。

e0008820_14251577.jpg






お座敷の床の間にも我が家で狂い咲きしたグラジオラスを飾った。

e0008820_14252758.jpg


お客様の8割は女性客で花を喜んでくれる。




今日のお客さんの中には奈良県から来られた方々もおられた。

そして名古屋氏からは在日ドイツ人も。

日本語もかなり達者で会話には苦労をしなかった。

この建物の裏にある防空壕も興味深げに見ていた。

色々と案内をしてから35年ほど前に、ドイツのディツセルドルフに行った事があると言うと、

かなり驚いていた。

蕎麦打ちもかなり熱心に見物していて、私が話していることをメモしていた。

何をしている方なのか聞くのを忘れたのが残念。

by hamabo-1m | 2015-10-10 14:37 | 里山を守る会
2015年 10月 08日

コンニャク造り



しばらく休んでいたコンニャク造り。

今月から再開した。

釜に火を入れてコンニャクイモを茹でて、作ったものを茹でる。


茹で上がった芋をミキサーにかけ、手でまんべんなく手で揉む。

最後にニガリを入れて固める。

この作業もかなり疲れる。

e0008820_19335137.jpg





私はもっぱら火の番だ。

e0008820_1934225.jpg


先日作った薪を入れて水を沸騰させる。

こな釜では芋を茹でることと、出来上がったものを茹でることだ。


まだ10月で滅茶苦茶暑い。

秘密兵器の胸を絞めるバンドをして作業にあたった。

脇の下側はずぶ濡れだが、首から上は額に薄っすら汗が出ただけだった。

自作のバンドだが大正解だった。

これが無かったらメガネに汗が溜まったことだろう。


明日も朝からコンヤク造りをしなければならない。

手打ち蕎麦の次の人気商品だから、かなりの量を作らなくてはならない。


お客さんが喜ぶ顔を見たいからこそ出来る作業だ。


確実に体重が減る作業。

by hamabo-1m | 2015-10-08 19:46 | 里山を守る会
2015年 09月 30日

薪造り


朝から里山の会の男メンバーで薪造りをした。

10月から始めるコンニャク造り用だ。


会長の御主人が事前に山から丸太を運んでくれた。


私の友人が助っ人でチェンソーで短く切ってくれた。

e0008820_191760.jpg





私たちはそれにクサビを当ててハンマーで割った。

e0008820_1911693.jpg


午前9時から始めて昼食をはさんで午後3時過ぎまでかかってしまった。

奥にある保管場所に積み上げた。

コンニャク造りの期間にこれだけあれば足りだろう。


終了後はゴミ掃除。

全てが終了したのが午後4時だった。



思い鉄ハンマーを振り続けて腕が痛い。

知らない間に足に何か当たったのか、内出血していた。

左手の親指も2回もハンマーで叩いてしまって内出血。


明日の朝起きた時に体が普通に動くのか・・・・・・心配。

by hamabo-1m | 2015-09-30 19:11 | 里山を守る会
2015年 08月 11日

里山の草刈


今日は四日市南高校のサッカー部の高校生50人が里山にやって来た。

先生がサッカーばかりでなく地域に貢献出来ることもしようとのことだった。

スポーツで鍛えられている高校生達は実に礼儀正しい。

そして大変な草刈も一生懸命に動いてくれた。

e0008820_20161372.jpg



お昼は会員が打った蕎麦を食べさせた。

全員が「こんな美味しい蕎麦は初めて食べた」と大喜び。

おにぎりも含めて育ち盛りの子供たちの食べっぷりには驚いた。


休憩に時にスイカを出すとまたまた大喜び。

e0008820_20162411.jpg


子供たちの行動には驚く面が多かった。

昼食後は食器などを綺麗に後片付け。

テーブルも切れに拭いてくれた。

そして外に張ったテントも、机も全て片付けてくれた。



作業が終わると全員並んで今日の体験させてもらったお礼を言ってくれた。

e0008820_20164137.jpg


この後も民宿のお迎え小型マイクロバスに乗って帰るのだが、残った子供たちは草の後片付けを始めた。

全ての子供たちが帰ったのが午後7時。


運動部に所属する子供たちは常日頃躾を習っているのだろう。

チャランポランの高校生が多い中、今日は素晴らしい高校生に出会うことが出来た。



私は今朝から右足に痛みを感じたが、生徒達の手前見物だけとはいかなかった。

草刈機で連続1時間作業を行った。

この夏最高の暑さで体が言うことを聞かない。

1時間過ぎた頃に一度車の中で冷房を効かせて休憩。

その後も昼迄草刈作業をした。

昼までに取った水分は2リットル。


昼食後は仲間が「体の動きが変だよ。休んで見物してなさい」と言ってくれた。


直ぐにでも眠りたいと思うが、今頃寝たら夜中に起きてしまう。

もう少し眠気を我慢しよう。

by hamabo-1m | 2015-08-11 20:38 | 里山を守る会