カテゴリ:名所・史跡( 16 )


2015年 12月 01日

なばなの里 イルミネーション



昼食が終わってから長島ジャズドリームへ向かった。

欲しいものを探したが半分は見つからずに終わった。


そこから車で10分ほどの「なばなの里」へ向かった。

園内に入りイルミネーションが見える場所に到着。

その5分後に点灯式があった。

e0008820_2243281.jpg






マウント富士に乗るために沢山の行列が出来ていた。

e0008820_2244499.jpg






今年の出し物は「アルプスの少女ハイジ」。

ハイジとペーターが踊っているのも、何も不自然さ感じない素晴らしい動きだった。

e0008820_22442993.jpg


写真撮影や携帯電話での動画撮影をして、3度も最初から最後まで見入ってしまった。


物語風になっていて見ていても楽しかった。

今までのなかで最高だ。

コンピューターのプログラミングが大変だったであろう。






午前11時に家を出発して帰宅が午後9になった。

全工程280km。

心地良い疲れが残っただけだ。

今日はかなり体力が続いたのに驚きを感じ少し自信が付いた。

by hamabo-1m | 2015-12-01 22:55 | 名所・史跡
2015年 01月 24日

魚見小屋



町内島勝浦にある「魚見小屋」を目指した。

入り口には案内看板が。

魚見小屋まで45分と書かれていた。

e0008820_20243927.jpg




上って行く途中には多くの案内版があった。

e0008820_20245248.jpg




e0008820_2025590.jpg





e0008820_20251667.jpg





島勝漁港が見える。

e0008820_20252899.jpg





かれこれ30分は上っただろうか。

次の看板を見てガッカリ。

まだ三分の一しか登っていないのかとガッカリ。

e0008820_20255791.jpg


誰も登っている気配もない。

一人で無理をして動けなくなったら、人様に迷惑をかけてしまう。

それに普段からの運動不足もある。

ここで引き返すことに決めた。


登った場所の全体の半分は急勾配。

かなりきつかった。





降りてきて駐車場から大台方面を見ると雪が積もっているのが見えた。

e0008820_20261377.jpg




ズームアップすると。

e0008820_20262336.jpg



今朝は冷え込んで我が家の庭でも5ミリほどの氷が張った。

日中は風が無いとかなり暖かだった。

しかし夕方からはぐっと冷え込んで8時現在の外気温は5度。

明日の朝もかなり冷え込むのだろう。

by hamabo-1m | 2015-01-24 20:42 | 名所・史跡
2014年 12月 01日

頭之宮四方神社


今日は風邪引きで保育園を休んだ柚奈を預かった。

昼からは暖かく感じて隣町の大紀町大内山にある「頭之宮四方神社」へ行った。

「こうべのみや よもじんじゃ」と呼ぶ。

日本で唯一の頭の神様である。

受験を前にした子供が他県からもお参りに来るほどだ。



神様の前で手を合わせているのは孫娘の柚奈。

e0008820_19521487.jpg


何をお祈りしたかは分からない。




本殿横の広場には大きなイチョウの木がある。

地面は黄色に染まっていた。

柚奈はその葉をすくい上げて投げた。

e0008820_19523020.jpg


余程楽しいのか何度も何度も繰り返していた。




日中の気温は22度程あったが、この暖かさは今日までだ。

by hamabo-1m | 2014-12-01 20:05 | 名所・史跡
2014年 01月 28日

世界の椿園


娘達の住む尾鷲市に「世界の椿園」という場所がある。

e0008820_19225924.jpg




e0008820_19233976.jpg



残念ながら花の時期ではなくて咲いていたのは数本だった。

その中に小型で可愛い花があった。

その名は「乙姫」。

本物はもっとピンクでとても可愛かったが、撮影技術の足りなさがこの写真になった。

e0008820_19235890.jpg


この椿園は平成3年に植え始めたそうだ。

尾鷲市の花である「やぶ椿」も2500本植えられているそうだ。

椿は国内産が544種類、外国産が187種類の計731種類あるそうだ。

花の時期にはもう一度訪れてみたい。




尾鷲湾はとても綺麗な場所が多い。

岩が割れている面白い場所もあった。

e0008820_19241685.jpg




尾鷲市には特産品の一つである「向井の地漬」がある。

向井地区で地元の方々が漬ける美味しい大根漬け。

私はこのお漬物が大好きでこの時期を待っている。

その漬物用に大根が干してあった。

e0008820_19243763.jpg


帰りに尾鷲市内のスーパーへ入って漬物を探した。

思わず「あった!」と声を出してしまった。

2本買った。

1本250円から350円ほどだ。

この向井の地漬けは普通より少し高価なのだ。

しかしその高さに負けないだけの美味しさがある。

シーズンが終わるまでに何本食べるだろう。


今日も早速焼酎の肴に食べた。

by hamabo-1m | 2014-01-28 19:39 | 名所・史跡
2013年 12月 25日

お伊勢参り

20年に一度のご遷宮が終わった伊勢神宮。

数日前から女房と話して、今年1年無事に過ごせたお礼の参拝に行った。

午前6時半自宅出発。

高速道路に乗り伊勢市へ。

1時間後の7時半に内宮さんの近くの駐車場に到着。

車を停めて入り口に向かった。

すると正門にある鳥居の前に大勢の人が集まっていた。


そう言えば正門の中から日の出が見えるとテレビで報道されていた。

その報道のお陰でとてつもない人が押し寄せたそうだ。



午前7時59分いよいよ日の出だ。

e0008820_19594133.jpg



早々に撮影を終えてさんぱいするために鳥居をくぐった。

振り返るとまだ撮影している人が動く気配も無かった。

200人は超えていただろう。

私は仕方なしになるべく前のほうの横に入れて頂いて撮影した。

ところが日の出が見えると一斉に腕を上げて、撮影を始めたのだった。

私も負けじと撮影した。


この大勢の方々の殆どは参拝をする事も無く帰ったようだ。

e0008820_200126.jpg




内宮正面。

e0008820_2002397.jpg




参拝を終えておかげ横丁を歩いた。

殆どのお店は10時頃にオープンだそうだ。


まだ8時半。

赤福だけは午前5時から営業していた。

空き空きのお店に入り赤福を注文して、五十鈴川の見える縁側に座った。

風も無く寒くも無かった。

e0008820_2004393.jpg


やはり何時食べても赤福餅は美味しい。



午前9時から10時頃には凄い人が訪れるそうだ。

早く行って良かった。


鳥居の中から日の出を見て参拝が出来たのは最高の気分だ。

by hamabo-1m | 2013-12-25 20:12 | 名所・史跡
2013年 11月 01日

御在所岳・なばなの里

今日は女房の誕生日。

朝から紅葉見物に御在所岳へ行った。


ロープウェイに乗り山頂へ。

思ったほど紅葉が無くて少しガッカリ。

e0008820_0393251.jpg



1212mの山頂からスキー場が見える。

冬場は三重県でただ一つのスキー場。

e0008820_0394455.jpg


このスキー場まではリフトに乗って行く。

リフトを降りてこちらの山頂へ行った。

山頂の差は僅か5cm低いだけ。


岩場から下を見た。

この写真では見えないがカモシカが3頭が見えた。

e0008820_0395943.jpg


スキーコースを歩いて降りた。

途中から登りになりリフトに乗った。




下りのロープウェイから見た景色。


e0008820_0401528.jpg



e0008820_0403129.jpg


冷え込みも無くてリフトに乗っている時以外は、半そで姿で歩いた。






馬鹿者(若者)

若い者のグループが多かった。

大きな声で喋ったり奇声を発したりと腹立たしい。

頂上の奉ってある場所に上って景色を見ている馬鹿娘達。

罰当たりこの上無い。

e0008820_0404645.jpg




4m以上の高さの上に上って騒いでいた馬鹿男。

e0008820_041046.jpg


最近は何処へ行ってもこういう馬鹿者(若者)が多い。

正直なところ殴りたくなる。





3時頃に下に下りて車に戻った。

次の目的地は「なばなの里」。

勿論夜のイルミネーション見物だ。

5時20分点灯式があった。

ユックリ廻って写真撮影をしてレストランへ。

女房の誕生日を祝ってステーキを食べた。


7時半に「なばなの里」を後にして高速道路に入った。

するととんでもない事に。

四日市インターを過ぎてから鈴鹿インターまでの間で事故があった。

7kmの大渋滞。

それを抜けるのに1時間30分かかった。

好きで事故を起こす者は居ないが、本当に迷惑な事だ。

帰宅出来たのが10時半を廻っていた。




写真の整理が出来ていない。

イルミネーションの写真は明日にアップする事にしよう。

by hamabo-1m | 2013-11-01 23:59 | 名所・史跡
2012年 12月 06日

弘法大師

隣町の大内山地区の山林内に、古い社を見つけた。

何度も同じ道路を通っていたが、今まで気づかなかった。

e0008820_21482226.jpg



弘法大師さんをまつってある様だ。

e0008820_21483210.jpg



一番奥には本殿。

e0008820_21484238.jpg


滅多に人が訪れることが無さそうだ。





今週末は本年最後の「里山の日」が開催される。

その準備に行った。

大好評のコンニャク作り。

お一人様〇個としないと直ぐに売切れてしまう。

これだけを目的に来られるお客さんもいるほどだ。

夕方の4時までかかったが、3時を回った頃からは寒くて仕方なかった。

明後日の土曜日の天気予報も寒い日になりそうだ。

by hamabo-1m | 2012-12-06 21:55 | 名所・史跡
2009年 10月 06日

伊勢神宮

福岡から来てくれた女房の母親と妹夫婦とお伊勢参りに出かけた。

朝から今にも降り出しそうな空。

伊勢市に着くと小雨が降ったり止んだりだった。

お伊勢参りの順序として先ず外宮へ。
e0008820_8301094.jpg


内宮へ向かう頃には雨も多くなってきた。

赤福本店前に着く頃には霧雨となった。
e0008820_8302048.jpg


満員の中で座る場所を見つけて、出来たての赤福を食べた。
e0008820_8303175.jpg



仮橋を渡ると工事中の橋を見ることが出来た。
平成25年の遷宮にあわせて架け替えが進んでいた。
e0008820_830415.jpg


こな橋は来年完成して通行可能となるそうだ。
e0008820_8304961.jpg


また雨が降り始めた。
傘も差さずにお参りする方も大勢いた。
本殿に到着。
e0008820_8305868.jpg



驚いたのは全国からお伊勢参りに来られた方々が、雨の中を大勢参拝していたことだ。
旅行日程が決まっているので変更出来ないのだろうが、見ていて気の毒に感じてしまった。

紅葉が始まりかけているお伊勢さん。
良いお天気の中で参拝して欲しかったと心から思った。



お伊勢さんを後にして津市の船着場へ。
福岡へ帰るセントレアへ渡るために妹夫婦を送った。








台風18号


南の海上を通過することを願っていたが、どうやら直撃を免れることが出来なくなりそうだ。
少しづつ勢力が衰えている。
再接近時には950hp前後になるだろうが、大型台風には違いない。
瞬間最大風速は40m/秒の強風となりそうだ。
アサギマダラを待つ花々が全滅する恐れが出てきた。

一番困るのは停電することだ。
冷蔵庫の中でも特に冷凍庫の物が融けてしまうだろう。

何時も小型発電機を買おうと尾考えていたが・・・・・。

by hamabo-1m | 2009-10-06 09:02 | 名所・史跡
2009年 02月 19日

権兵衛の里

全国に種まき権兵衛の名所がある。

我が町にも10年以上前に公園が作られた。

その名は「権兵衛の里」

開園当初の入園は有料だった。
苦情などがありいつの間にか無料となった。

広い庭園。
e0008820_9361934.jpg



入り口の横には権兵衛さんの立像。
e0008820_9362929.jpg


近寄ってみよう。
e0008820_9363737.jpg



数年前に植栽された川津桜。
権兵衛の里に植えられたことで「権兵衛桜」と名付けられていた。
まだ幼木ながら綺麗な花を付けていた。
e0008820_9364661.jpg



昨年と比べると20日も早い開花だったそうだ。
e0008820_936546.jpg



花の名前を御当地名に変えるのは良いことなのか・・・チョッピリ疑問を持った。
立てられた看板には説明書きがされているが、それを見なければ新しい権兵衛桜という名前で覚えられてしまうだろう。

こういうことが全国的にあるのも事実だ。
色々な草木の名前が変わってしまっている。
その土地で昔から独特の呼び名が付けられていることも多い。
それはそれで素敵なことだと思うが・・・・・新しく植えられた植物に新しい名を付けるのはどうか?

私の個人的なこだわりだ。

by hamabo-1m | 2009-02-19 09:49 | 名所・史跡
2008年 04月 09日

滝原宮

昨日女房が「お父さん。誕生日を記念して滝原宮へお参りしようか」と言った。
早速車に乗り30分。
滝原宮(たきはらのみや)に到着。

ゆっくり歩きながら本殿へ向かったが、すれ違った人は一人だった。
e0008820_86085.jpg

滝原宮は伊勢内宮の別宮。
正式参拝を終えて帰るが、また一人すれ違っただけだった。

この滝原宮はお正月と、神事以外の時は参拝客が少ない。


4ヶ所の神殿があるが参拝する順番がある事を知らなかった。
e0008820_862648.jpg



夕食後孫達の顔を見に出掛けた。
9時頃まで遊んで帰宅しベッドに入った。

by hamabo-1m | 2008-04-09 08:13 | 名所・史跡