☆ はまぼうの里 ☆

hamaboo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 12月 25日

クリスマス

孫たちが楽しみにしていたクリスマス。

何が楽しみ?
それはプレゼントだ。

愛華が喜んで見ているのは私がプレゼントした絵本。
e0008820_6121025.jpg



普通の絵本?
e0008820_6122258.jpg



いえいえ世界で一冊しかない絵本だ。
e0008820_6123250.jpg

〇〇あいかちゃんへ。
「〇〇のジイジより」と書かれている。


物語の中にも住んでいる尾鷲の地名や、パパ・ママとお姉ちゃんのかりんの名前も登場する。
e0008820_6124260.jpg



写真を撮りたいために愛華のプレゼントを空けた。

夜に夏鈴から電話がかかった。
「ジイジ、ほんの中に夏鈴の名前や愛華の名前が出てくるよ。スゴーイ、ありがとう」と興奮気味な声だった。



11月初旬に車の中で聞いた「世界で一つの絵本」。
帰宅して直ぐにネットで調べた。
そして「孫達へのクリスマスプレゼントにぴったりだ」と思った。
直ぐに注文。

先ず数種類ある絵本を選ぶ。
登場人物の名前を書き込む。
すると見本として「こういう内容になります」と表示される。
間違いが無いか確認後に正式に注文した。

きっと孫たちは絵本を大切にしてくれるであろう。
大人になっても私を思い出してくれるだろう。
そんな気持ちを込めて贈ったプレゼントだった。

by hamabo-1m | 2008-12-25 06:30 | 祭り・イベント


<< 愛華の入院      白菜漬け >>