2008年 11月 15日

イルミネーション

「なばなの里」でイルミネーション点灯式へ行った。

午後2時過ぎに出発。
途中で休憩しながら到着したのが4時半。
この時の気温が21度と暖かだった。
車の中で夏鈴の着替えをして園内に入った。


入り口を入ると偶然ピーターラビットがやって来て夏鈴と記念写真。
e0008820_8241147.jpg



園内に広がるイルミネーション。
今年は450万個の電球が使用された。
毎年スケールアップされているのに驚きを感じた。
おそらく日本全国を探しても無いだろう。
e0008820_8242569.jpg


e0008820_8243567.jpg


e0008820_8251680.jpg


写真の続きはMoreで。



心配していた横着な老人カメラマン・グループが居なかった。
それでも場内アナウンスで注意されているにもかかわらず、三脚を広げている馬鹿者も見かけた。
光のトンネルのど真ん中で三脚を広げて撮影している馬鹿者グループが2組。

それでも全体的には昨年までと比べると格段に良かった。

点灯式の5時から閉園される9時まで歩き回った。
夏鈴も大喜びで一言も我儘も言わずに楽しんでいた。










夏鈴の大好きな光のトンネル。
e0008820_8403094.jpg


今年のテーマ「花」の広場。
e0008820_842724.jpg


光の花畑に飛ぶ蝶。
羽を広げたり閉じたり。
e0008820_845124.jpg


帰りのトンネル。
星空の中を散歩しているような感覚だった。
e0008820_8423584.jpg


夏鈴が乗ったマウント・フジ。
地上45mからのイルミネーション見物が出来る。
長い長い列が出来ていた。
e0008820_8424715.jpg


歩道沿いにある池の周りは紅葉していた。
ライトアップされた紅葉が綺麗だった。
e0008820_843828.jpg



最後に夏鈴が遊びまわった広場。
30分以上走り回っていた。

e0008820_8432128.jpg
e0008820_8433592.jpg



ここで夏鈴に付きまとう子供が居た。
「夏鈴、少し遊んであげなさいね」と言うと2才にならない子供が喜んで夏鈴の後ろについて歩いていた。
するとそこへその子の両親が・・・。
顔を見て驚き。
長女の幼馴染だった。
今は名古屋に住んでいるが、こんな大勢の中で出会うとは・・・・・。
先週の伊吹山での出会いなど、驚かされる事が多い。


帰りの車の中で騒いでいた夏鈴もやがて眠りについていた。


今朝機嫌良く起きてきた夏鈴の第一声。
「ジイジ、今度はいつ行くの?」

by hamabo-1m | 2008-11-15 08:41 | 祭り・イベント


<< 巨大な魚      紅葉したナンキンハゼ >>