2008年 09月 07日

昭和の縁日

昨日の午後3時から7時半まで町内の長楽寺の参道で「昭和の縁日」が開催された。

浴衣を着た子供連れで大変な賑わいをみせた。
e0008820_5323171.jpg



紙芝居、射的、輪投げ、おはじき等で楽しむ子供たち。
e0008820_5324356.jpg



ケン(メンコ)、あや取り、お手玉、駒回しに興じる。
e0008820_5325386.jpg



アルコールを燃やして動く船、子供の大好きな綿菓子。
e0008820_533660.jpg


8月17日から殆ど毎日雨が続いていたが、久しぶりの快晴となった今日は夏日となった。
会場内では人の体温で40度近くまで上がっていた。

流れ落ちる汗が止まらない。
下着までずぶ濡れになった。

来場した子供達は受付でコインを貰い、自分の好きな遊びに向かっていった。
食べ物も総てコインと交換で無料だ。
景品のある輪投げや射的などもコインで遊ぶ事が出来た。


町内の複数のグループが計画したこの催し。
大成功に終わった。









未明の3時半キックオフ。
前半18分中村俊輔がフリーキックを直接ゴールに叩き込んだ。
そして43分相手のハンドで得たPKを遠藤が確実に決めて前半を終わった。

後半39分中村憲剛が相手のデイフェンダーが気を抜いた時にミドルシュートを決めて3-0.
楽勝ムードで残り5分。
日本ディフェンダーのミスでゴールを決められた。
その1分後信じられないミスで2点目を献上。
キーパーへのバックパスがそのままゴールに入ってしまった。

結果は3-2で勝利して勝ち点3を得たが、課題の残るゲームとなった。
素直に喜ぶことが出来ない試合だった。

こんなゲームをしていたらオーストラリアに勝てない。
早く立て直しをしなければならない。

by hamabo-1m | 2008-09-07 05:57 | 祭り・イベント


<< 秋の花      エッ!アジサイの花? >>