2007年 02月 06日

ヤーヤー祭り

毎年2月1日午前0時から始まる尾鷲市の奇祭「ヤーヤー祭り」。
最終日の昨日孫を連れて見に行った。
近くに30数年住みながら初めて見る祭り。


1日、“在周り”と呼ばれ祭りの始まりを市内に知らせる。

2,3,4日は“ヤーヤー”と市内を練り歩く。
市民は家や店舗を壊されないよう頑丈な木枠で守っている。
それ程激しい練りまわりだ。
夜には魚市場で“コオリオキ”と呼ばれる男衆数人が素っ裸で目の前の海に向かって走り、勢い良く飛び込む。
通路の両側に陣取った大勢の主婦からヤンヤの喝采を受けるそうだ。

昨日5日は最終日で神社に奉納する為に道中踊りや練を繰り返しながら市内を廻り神社へ向かう。
e0008820_9193654.jpg




「チョウサじゃ!チョウサじゃ!」の掛け声を発しながら練る。
e0008820_9194773.jpg




子供達による道中踊り。
e0008820_9195824.jpg




市内20町が順番に神社に入り踊りなどを奉納して祭りが終わる。

5日間お祭りが続くために仕事のやり繰りに苦労をしているそうだ。
何時の日か短縮されたお祭りに変わってしまうであろう。

by hamabo-1m | 2007-02-06 09:29 | 祭り・イベント


<< 大台山系を見る      突然目の前に >>