☆ はまぼうの里 ☆

hamaboo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 12月 31日

餅つき

次女の嫁ぎ先で恒例の餅つきがあった。



先ず蒸篭(せいろ)でもち米を蒸す。
e0008820_933792.jpg



ペッタンコ・ペッタンコ男衆が頑張る。
e0008820_935181.jpg



餅の手返し。
熱くて普通では触れない。
e0008820_993836.jpg



女性陣は切り餅用やあんこ餅を手際よく作り上げていく。
e0008820_983228.jpg



つき上がった餅をきな粉を付けて美味しそうに食べる夏鈴と柊人。
e0008820_984834.jpg



餅つきが終了後七輪に火を入れて焼肉で打ち上げ。
e0008820_99017.jpg




この日は午前8時から午後2時までに24キログラムのもち米をつきあげた。
24㎏??
あの大きな米俵が60㎏だから・・・その4割になる!!!

エッ?どうしてそんなに?
親戚に配る為だ。

最近は田舎でしか見られなくなった餅つき。
とても楽しかった。
夜目を閉じてもペッタンペッタンという心地よい響きが聞こえて眠りについた。


追記
餅つきに使った道具(ウス、キネ)は総て手作りだ。
ウスにしている石は裏山で見つけた石を1週間ほどかけてコツコツと削ったそうだ。
職人が作った物ではないから一層美味しさが増す理由なのだろう。




一年間私のつまらないブログを覗いて頂きましたことに感謝致します。
旅行や病気で数日間お休みしましたが、それ以外は毎日アップを続ける事が出来ました。
これも皆様の励ましのお言葉が支えとなりました。
特に7月に起こった脳梗塞の折には皆様のお力で復帰出来たと確信しております。
12月には3人目の孫を授かり、さらなる意欲が湧いてきたように思います。

来年も出来る限り頑張って行く所存です。


新しい年を迎えられる皆様のご多幸をお祈り致しまして今年最後のアップを終わらせて頂きます。

by hamabo-1m | 2006-12-31 09:30 | その他


<< 2007年      今年もあと二日 >>