2006年 08月 16日

神聖なる日

地元では一年間に亡くなった方の為に精霊送りの行事が毎年16日に行われる。

写真を撮り始めたら雨が降り出して逃げ帰った。
まだ8時頃までお参りが続けられ、最後には河口の広場に飾り物を積み上げて火を放ち精霊を送る。


e0008820_18343593.jpg


本来ならば寺の境内イッパイに広がりお参りするが、雨が降る予想でテントを張った中で焼香が行われた。

e0008820_18345630.jpg


田舎ならではの行事だが地元の有志の頑張りで続けられている。



一つ間違えれば私もこの中に祭られていたのだろう。
こうして写真を撮る立場に居る自分を喜んで良いのか、送られる側に居たほうが幸せだったのかは解らない。


拾ったチッポケな命だが・・・これからどう生きて行こうか考えた。
自分の思う通り生きる事にしよう。
残り少ない人生を送るのに何をしては駄目だとか、縛られて生きるのは死ぬほど嫌だと感じた。
好きなお酒を飲み好きなタバコを吸い、命が多少縮むならそれでも良いじゃないか。
好きな事を我慢して長生きし「生きた屍」のような老体には絶対になりたくない。


ご訪問を頂きました皆様に怒られる事は理解出来ますが、自分のたった一回の人生に悔いの無いように生きて行きたいと思います。


ブログを休んだのも「体調が悪い事」「自分自身を振り返っていた事」が原因でした。
「もう止めてしまおうか」とも考えました。
皆様の励ましを頂いておきながら勝手な事を書き綴って申し訳御座いません。
もう暫らくブログを続ける事に致しました。

勝って気ままに続けてまいります。
今までのブログと違ってしまう可能性大ですが、宜しければこれからもお付き合いをお願いしたいと思います。

by hamabo-1m | 2006-08-16 18:58 | 祭り・イベント


<< 自分の姿???      有難う御座います >>