2006年 06月 18日

雨の中

昨日雨に濡れないよう軒下に取り込んだ合歓の木がやはり濡れてしまった。
繊細な花のため濡れると花の価値が無くなってしまう。
きょうは家の中に取り入れて咲かせてみよう。

この白花ネムの木は外来種と思われる。
e0008820_901087.jpg


ツツジも濡れて咲いている。
e0008820_9111100.jpg

見事な花数だが濡れてしまっては勿体無い。
しかし、取り込む場所が無いのでどうしようもなかった。



昨日ある山野草展へ出かけると珍しいカキランがあった。
e0008820_912241.jpg

10年以上前には山でも見かける事が出来たが、乱獲で山から消えてしまった。
この写真を撮っていると持ち主が「数年前に山でたった1本さいているのを見つけた」と聞きもしない事を話し掛けてきた。
「これだけ増えたのなら、数本山に返したらどうですか」と言うと「植えても直ぐ誰かが採ってしまう」と返事が返ってきた。
「その誰かは貴方達でしょう」と言いたかったが止めた。
山野草愛好会が率先して山から採取している。
実に情けない話を聞いてしまい、その後の撮影をやめてしまった。

山野草を愛する人が率先して山や野原で咲いている花を大切にするのが本当だろうと思う。

by hamabo-1m | 2006-06-18 09:14 | 我が家の庭


<< 赤とんぼ      二度目のホタル見物 >>