2006年 06月 16日

19年前

燈籠祭を復活した1987年、製作責任者として龍を作った。
何も解らない初心者ばかりの集まりで、元大工さんであり燈籠製作経験者の指導を仰ぎながら取り組んだ。
全長35m高さ最大10m総重量約2t.

復活した巨大燈籠の前で記念写真を撮ったが、この時の感激を今も忘れない。
e0008820_6495161.jpg


祭前日に行われた電飾テストには町内から大勢の見物客が訪れた。
e0008820_6511028.jpg

全国でも珍しい祭のためテレビをはじめとしたマスコミが大挙押しかけ、テレビニュースの中で生中継までされた。

復活20回目に当たる今年の出し物も龍。
若者達が「先輩達が作った龍に負けないものを作ろう」と連夜製作に頑張っている。


地元紀北町観光協会が観光パンフレットを作って、道の駅などで町を訪れた方に配布している。
表紙を飾る天狗と花火の写真(2004年製作)。
e0008820_72110.jpg

この写真は私hamaboが撮影したものだ。
カメラはニコン・クールピクス4500.
タイムラグのある旧式のカメラだった。
上の2枚の写真はプリントしたものをスキャナーで取り込んだもの。


☆キリバンイベント☆
予測では18日の夜から19日に20000到達しそうだ。
ゲットされた方はカメラで撮影して添付メール下さいね。

by hamabo-1m | 2006-06-16 07:09 | 祭り・イベント


<< 二度目のホタル見物      天狗の引越し >>