2016年 01月 11日

餌付け問題



最近特に問題になっている野性動物や鳥類の餌付け。

今朝町内の高塚公園で目にした。

夫婦で来られていた方が、パンをちぎってトンビに与えていた。

e0008820_19145269.jpg


上で舞っているトンビは20羽ほど。

この写真には3羽写っている。

この男性は何度も車からパンを出して、小さくちぎって投げていた。

これって良い事??


野生生物に餌を与える理由は多々ある。

① 保護を目的

② 観察を目的

③ 観光を目的

④ 家畜化を目的

⑤ 無意識の餌付け


④の家畜化を目的は大昔に犬などを家畜化する為に行ったそうだ。

①②③⑤は問題があると言わざるを得ない。

動物の場合は人に慣れてきて、交通事故などで死亡する例が多い。

北海道の子熊やキタキツネなどがその良い例だ。

鳥類も問題はえさを食べすぎて栄養過多になり、繁殖力が爆発的に大になる。


人間が自己満足のために行っている場合が一番多いだろう。

そして「自分は良いことをしている」という間違った考えの人が大半だ。

絶滅の心配な動物や鳥類に関しては、国や県など行政が取り組んでいる。

もしくは行政と協力して一般人も参加している場合もある。


しかし自己満足のためにかってに餌を与えるのは間違いだ。

町内で野良猫に餌を与え続けているお婆さんがいる。

近所の方々が大変迷惑をこうむり、警察に相談した事例もある。

どうなったのか?・・・・・。

人気の少ない山の近くに連れて行って、そこで野良猫に餌を与え続けている。

今のところ大きなトラブルは無いが、栄養過多で増えすぎたら問題になるだろう。

自分さえ良ければ何をしても良いと思う人が多すぎる。

その人たちの共通した意見は「何かあなた方に迷惑をかけてるの」と。

迷惑だから注意しているのが理解出来ない勝手人間だ。






暖冬が続く?

私は12月にスタッドレスタイヤに替えた。

雪の心配で出かけられないことがあった昨年。

雪が降り始めて慌てて帰宅した去年。

今年はそんな心配がいらないようにスタッドレスタイヤに替えたのだ。

毎日ニュースになるほど雪が降らない。

一般の人は雪が無いほうが良い。

しかしスキー場などは死活問題だろう。

スキー場で働く方の仕事が無い。

飲食店にお客さんが来ない。

ホテルや民宿などもお客さんが無い。



私がスタッドレスタイヤに替えた一番の理由。

病院に行くのに心配が無くなること。

それと御在所岳の霧氷を見に行きたいこと。

準備万端で新年を迎えたが、今現在は空振りだ。

そのうちに役立つ日が来るに違いないと思っているが・・・・・。

by hamabo-1m | 2016-01-11 19:51 | その他


<< リーバイス・ジーパン      エゴの花 >>