2015年 02月 12日

不注意



昨日の夕方に庭のイチジクの枝の整理をしていた。

ノコギリがスベリ親指に向かってしまった。

第一関節の部分を直撃。

ノコギリを持つ右手に骨えお削る感触があった。


指を見ると真っ赤な地が吹き出ていた。

慌てて指で傷口を押さえて台所の水道へ行った。

水を勢い良く流しながら傷口を洗った。

しばらくの間は指で強く圧迫して、地を止める努力をした。

しかし血は止まることが無かった。


ガーゼを当てて特殊なテープで強く巻いた。

それでも隙間からは血が流れる一方だった。

何度もそれを繰り返していた。


夕食前にガーゼ交換をしようとすると、女房が覗き込んできて「尾鷲のERへ行こう」と言った。

昨日は休日のうえ夜間だ。

それでも救急病院だから受けてくれた。


内科医しか居なかったが「これは大変だ、縫わなければ」と・・・・・。


局部麻酔をして縫い始めたが(5針)、麻酔が効いているので痛みは皆無。

麻酔の注射がたまらなく痛かったが・・・。


今朝一番に整形外科へ行った。

消毒が気分が悪くなるほど痛かった。


まだ出血は少しあるが痛みは少し和らいだ。


もし軍手をしていても結果は同じだっただろう。

これからノコギリや鎌などを使う時には、分厚い手袋をしようと反省。



写真は手術前に撮影したが、グロが苦手な方は見ないで欲しい。



来週の金曜日に抜糸する予約をして帰宅した。




e0008820_15371467.jpg


by hamabo-1m | 2015-02-12 15:55 | その他


<< 雪      眼科へ >>