☆ はまぼうの里 ☆

hamaboo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 01月 25日

庭に春がやって来た



庭にムスカリの花が咲き始めている。

その数は10数本。

毎年ムスカリを見ると春が近いなぁと感じる。

e0008820_1933883.jpg





e0008820_19314738.jpg





その横にはホトケノザが咲いていた。

e0008820_1933273.jpg


ホトケノザの花は可愛いが、至る所に出てくるから困った雑草だ。

毎日毎日見つけては抜き去っている。




今朝もかなり冷え込んで3ミリほどの氷が張っていた。

昨日は5ミリ以上あったから、今日の方が少しは良かったのかも・・・。

しかし午前7時の気温は1度しかなかった。

今晩は雲が多くなるだろうから、明日は今日ほど冷え込むことは無いだろう。








イスラム国拉致問題

今朝のニュースを見て驚いた。

湯川氏を殺害したと言う写真を持った後藤さんの写真。

遺体が写っている部分にボカシが入っていた。

ネットでボカシの無い写真を探した。

それを見ると合成写真に見える。

あくまでも「一人殺害したのだから、残る後藤氏も殺すぞ」という脅しなのだろう。

本当に殺害したのなら今までは動画を公開していた。

今回は写真だけというのは、明らかに変だと感じる。


ヨルダンで死刑判決を受けている女性と交換するという。

ヨルダン人の戦闘機パイロットが捕虜になっている。

その人を差し置いて日本人と交換なんて考えられない。

当然ヨルダン国民が許さないだろう。


それじゃどうする?

ヨルダン人捕虜プラス後藤氏、そしてまだ生きているだろう湯川氏の3人と交換か?

それでは1対3になる。

1プラスお金で解決させるのだろうか。







紛争地へ行く人

国は世界の紛争地や危険な場所に行かないように指示している。

勝手に行って殺害されても本来は自己責任だ。

それが拉致されると国際問題になってしまう。

政府も内心「またか」と思っているに違いない。


マスコミも大きく報道するが、もっと違う観点で警告するべきだ。

政府やマスコミの報道を無視して向かう人は、何があっても国は関知しないと言うべきと思う。


雪山で遭難した人達にも同じことが言える。

天気予報も見ずに登る愚かな人達が多過ぎる。

お正月に遭難した人をヘリで助ける時に「私達も命がけなんだよ」と言っていたのが忘れられない。


本当に人というものは他人に迷惑をかけても平気な者が多い。

学校で道徳教育をしなくなったのも一因と思うが・・・・・。

by hamabo-1m | 2015-01-25 20:06 | 我が家の庭


<< ヒヨドリ      魚見小屋 >>