2015年 01月 02日

何とかならないの

大晦日から無謀としか言いようの無い雪山

登山者が遭難多発。

テレビを始めラジオや新聞でも大寒波と、

何度も繰り返して報道していた。

私も女房と滝原宮へ初詣に出掛ける

予定だった。

しかしテレビ報道を見て中止した。

雪山登山する人びとは余程自信家なのか。

遭難すればどれだけの方々に迷惑をかけるか、

何も考えないのだろう。

天気予報を無視して登った方々の責任。

二次遭難があったら、何と言い訳するのか。

警察官、消防士、山岳隊員をはしめとした大勢

の方々が気の毒で仕方ない。

家族でお正月を迎える事が出来なかった

方々がどれだけの数になるだろう。

厳しい言い方だが、人に迷惑を掛ける

雪山登山家が勝手過ぎる。

御嶽山の噴火て亡くなられた方々とは、

全く違う。

突然の噴火は防ぎようが無い。

しかし今回の無謀雪山登山は防げた。

テレビ報道するにも厳しく言うべきだ。

「何故中止する勇気がなかつたのか」

「迷惑をかけた方々に何と謝罪するのか」

顔を出して堂々と言わせるべきだ。

今回のような遭難事故は毎年繰り返されて

いる。

冬山登山は全面禁止しても良いと感じる。

学者の研究調査ではなく、ただの遊びだから。


私の意見に反論したい方も居られるに違い

無い。

どうか意見を聞かせて欲しい。


by hamabo-1m | 2015-01-02 22:46 | その他


<< 雪      残雪 >>