☆ はまぼうの里 ☆

hamaboo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 02月 22日

デコポンのへそ



デコポンが美味しい時期になった。

友人のミカン農家で毎年分けていただく。

そこで採れる最高級品だ。

e0008820_16271131.jpg



そのデコポンを食べて不思議なものを発見。

上の写真の頭の部分。

ネーブルなどとよく似ている。

その部分をほぐしてみると・・・・・。

e0008820_16272976.jpg


こんなになっていた。

不思議なものを見ている感じだ。








冬季オリンピック

予期せぬアクシデントが多発して、メダル確実と思われた種目で逃したり、エッそんな種目が

あるのと思ったものでメダルを取っている。


先ほど終わった女子スノーボード・回転競技に、大回転で銀メダルを取った竹内選手が出ている。

大回転は惜しくも金メダルを逃してしまった。

竹内選手は回転はあまり得意ではない。

予選は通過したがベスト16で対抗戦の戦いが始まる。

組み合わせによっては上位に食い込むだろうが、回転が得意な選手と当たったら駄目だろう。


残る種目でメダルを獲得できるチャンスがあるのは、女子スケートのパシュートだけか。

韓国を破りベスト4に勝ち進んだが、準決勝で対戦するのはオランダだ。

とても勝ち目があるとは言えない。

どの国と当たるか分からないが、3位決定戦で勝ってくれないかと期待したい。







採点競技

フィギアスケートやスキー、スノーボードで採点競技がある。

見ていても「どう見てもそれはないだろう」という問題が多い。

スキーでは上村愛子選手が4位だったが、何度見ても3位の選手より上手だった。

女子フィギアスケートでもロシアが優勝したが、どう見ても許せる点ではない。

韓国では大騒ぎになっているが当然だろう。


スポーツで採点競技は不可解な事が多過ぎる。

そんな競技は無くしてしまえと思う。

タイムで勝ち負けが決まったり竹内選手が出ているスノーボードのように、直接勝ち負けが決まる

競技がスッキリしている。



それととても嫌なことがある。

それは、フィギアスケートで演技が終わると花束や縫いぐるみなどをリンクに投げ入れる事。

競技であってシューではない。

何故フィギアスケートだけそれが認められているのか不思議だ。


他の競技で花束などを投げ入れたらどうなるだろう。

あのような馬鹿げたスポーツは止めにして欲しい。




竹内選手が活躍したスノーボード会場で、テレビ画面に出てきた日本人観客。

またまた奇妙な格好をした家族が大きく映った。

あれも絶対にやめて欲しい。

外国人から見たら「日本人はあんな衣装を着ているのか」と思う人も多いはずだ。

あんな格好をした日本人は非国民!

あれこそテレビで大きく扱って非難して欲しいと願う。

by hamabo-1m | 2014-02-22 16:55 | その他


<< 昼ご飯      鹿が目の前に >>