2014年 02月 17日

立木伐採



朝早くに玄関のチャイムがなった。

来たのは良く知っている土建関係の子だった。

「〇〇さん、川の土手に危険な木があるそうですね。」と言った。

私は「去年に役場の人にお願いしたことかな?」と聞くと、1週間前に県の人と見に来ました。

この2本だなぁと思い、伐採に来ました」と言った。

現場で打ち合わせをすると思っていたのとまるで違った。

切って欲しかった木は何時までも役所が来ないから、近所の人の協力で伐採したのだった。

それを説明すると困惑した表情で「どれを切れば良いのかなぁ」と・・・・。

相談して2本あるエノキの1本を切ってもらうことにした。

もう1本は春先にゴマダラチョウが出てくる木なのだ。

もしそれを切ってしまえば絶滅してしまう。

それを説明して残してもらった。


チェンソーで切り始めた。

e0008820_1951878.jpg



切り終えた場所を見に行くとサッパリした風景が広がっていた。

e0008820_19512626.jpg


落葉樹で秋になると我が家の庭に落ち葉が舞っていた。

掃除も大変だったが無くなるとみように寂しく感じた。





昨日までの台風並みの風が治まった。

午前11時過ぎには我が家の外で16度まで上昇した。

外に出ると暖かくて長袖のシャツ1枚でも寒さを感じなかった。

朝6時には薄氷が張っていたのが不思議なくらいだ。


週末にまたまた低気圧が接近しそうだ。

雪にならなければ良いが・・・・・。

by hamabo-1m | 2014-02-17 19:58 | その他


<< 漫画家      晩白柚(ばんぺいゆ) >>