2014年 02月 12日

初鰹(はつがつお)



今朝地元の船がカツオ20数トン積んで帰港した。

かなり大き目のカツオだそうだ。


そのカツオがお昼前には近所のスーパーに並んだ。

我が家と娘達の3軒分購入した。


お刺身は勿論のこと大好きな「カツオ茶漬け」。

e0008820_1927523.jpg


これにお醤油をかけて熱湯を注ぐ。



カツオの身がサッと白く変わる。

e0008820_19272046.jpg


この写真では少し醤油が少ない。

少し足してから一気に食べつくした。





スーパーでは100g148円。

これともう一つ固まりを買った。

e0008820_19273353.jpg




晩酌の肴はこれ。

食感はモチモチとして最高に美味しかった。

e0008820_1927464.jpg



このカツオと言う魚は新鮮さが第一。

市場に上がったその日が最高なのだ。

これだけは都会の方には味わう事が出来ない。

二日目に食べるとかなり鮮度が落ちている。

地元万歳!





初カツオと言えば誰もが知っている俳句がある。

「目に青葉 山ほととぎす 初鰹」

300年ほど前に山口素堂という方が読んだそうだ。

本当は「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」と読んだそうだ。

青葉・ほととぎす・初鰹と3ツの季語が入った珍しい俳句だ。

しかしこの句は5月頃に読んだ句だ。

まだ2月の現在は青葉は無くほととぎすの声もない。

季節外れの初鰹だった。




だれが読んだか知らないが・・・・・。

「目には紅葉 ヤマホトトギス 戻りカツオ」という句もある。

なかなか面白い句だ。

by hamabo-1m | 2014-02-12 19:44 | その他


<< ネコヤナギ      カリブロの収穫 >>