2013年 08月 17日

精霊送り

毎年恒例の精霊送りが昨夜行われた。

今年は役員で昨日の朝6時から準備にかかった。

夕方から初盆の34軒の方々が集まり始めた。

場所の案内や飾りつけのお手伝い。

日が暮れた午後7時前からお参りの人々がお寺に集まって来た。

寺の境内では精霊を送る唄が続いた。

e0008820_721545.jpg



1軒1軒焼香を行う。

e0008820_7211310.jpg



30代から70才までの方々が鐘や太鼓を打ち鳴らし、送る唄を歌った。

e0008820_7212187.jpg



昨年の私は母を送るために座って、お参りに来て下さった方々に頭を下げた。

大昔から伝統行事として続いてきたが、何時までも続いて欲しいと願っている。

心配なのは過去20年程前からお参りをする人の数が減ったことだ。

特に若い人の姿が少ない。

お盆に帰省した友人達と会っていると考えられるが、少し寂しい気がした。


勿論お孫さんを連れてお参りをする方法を教えている方もおられた。


午後8時半にお寺での焼香が終わり、飾り物を持って河口へ向かった。

そこでも送る唄が歌われて積み上げた飾り物に火が入れられる。


私は寺に残って机や椅子など色々な物の片づけをした。

帰宅したのは午後10時頃だった。

11時にベッドに入り眠ろうとしたら、またまた足がつって悲鳴を上げた。

昨夜は水分補給と塩分補給は十分だったはずが・・・・・。

寝床に向かっていた女房を呼んで足の筋肉をほぐしてもらった。

15分程で眠りに付く事が出来た。

砂利の中を歩く事1万歩。

重い机などを運んだりした。

筋肉が限界に達していたようだ。



今朝も朝6時前から後片付けに出向いた。

ゴミなどは殆ど無く短時間で終わった。

昨年の我が家の初盆、今年のお手伝いと忙し過ぎた。







熊野大花火大会

今日は紀伊半島で最大の花火イベントが熊野市で開催される。

毎年他県からも大勢の見物客が訪れる。

今年は土曜日であり最高の人出となるだろう。

毎年我が町を走る国道42号線も朝から渋滞が始まる。

そして駅周辺に違法駐車をする者が大勢いる。

毎年困ったものだと思うが、モラルに欠けた人が多過ぎるのが現実だ。

by hamabo-1m | 2013-08-17 07:47 | 祭り・イベント


<< 浜なし      夏鈴と愛華の作品 >>