2013年 02月 21日

カリブロ

カリフラワーの1種のカリブロ。

本来の名前はロマネスコでイタリア語だ。

16世紀には存在していたと言われている。

日本ではあいも変わらず勝手な名前を付けている。

私は始めて目にした時の商品名が「カリブロ」だった。

他にも「カリッコリー」「やりがい君」等と呼ばれて販売されているようだ。


昨年手に入れた種を「里山の会」のメンバーにおすそ分けした。

私はヒヨドリ被害で頭を抱えたが、その方は実に立派に育てていた。

e0008820_19141899.jpg



e0008820_19142760.jpg



e0008820_19143914.jpg



夕食に茹でたものをマヨネーズを付けて食べた。

カリフラワーやブロッコリーよりはるかに美味しいと思う。


我が家のヒヨドリ被害にあったカリブロは、中から新葉が少しづつ伸びている。

果たして口に入るかどうかは疑問だが、少しでも伸びて欲しいと願っている。

by hamabo-1m | 2013-02-21 19:18 | その他


<< クリスマスローズ      孫達と食事 >>