2013年 01月 17日

我が家に帰って

15日の正午に女房が迎えに来てくれた。

退院手続きを済ませて看護師さんにお礼を言って病院を後にした。

松阪市へ走ってウナギの松本へ行った。

久し振りのウナギの美味しかったこと・・・・・。

松阪市で少し買い物をしてから帰路についた。


途中高速道路紀勢線に雪が残っていて驚いた。

e0008820_19442972.jpg


この場所は少ないほうだった。


家に帰るより孫達の顔を見たくなり、町を通過して尾鷲市へ。

次女宅に着くと夏鈴、愛華が「お帰り!」と飛びついてきた。」

柊人はやはり男の子。

遠目で私を見て「お帰り」と言っただけ。

それでも待っていてくれた気持ちは変わらない。

表現が下手なだけ。



昨日は暖かくて海岸堤防の上を歩いた。

今日は風があり寒くて歩ける状態ではなかった。

病院内が暖か過ぎて自宅が寒く感じる。

もしかして更年期障害の多汗症が治ったのだろうか。

それなら普通の人に戻れる。

しばらく様子見しないと判断出来ない。







毎朝見た日の出。

e0008820_19534545.jpg


2度も「お帰り」と言った看護師さん。

帰る時に「もう二度と戻って来ないからね」と言うと「そうですね」と言ってくれた。

本当に親切にしてくれた看護師さんに感謝。









18日午前8時半

着替えをしようとした。

何と3年振りにセーターを着る気になった。

それだけでなくスキー用のアンダーパンツまで・・・・・。

今回の入院で更年期障害が終わったのだろうか?

逆に寒がりになっているのだろうか。

不思議な体感に自分が一番驚いていると同時に戸惑っている。

by hamabo-1m | 2013-01-17 19:56 | その他


<< 水疱瘡      退院 >>