2012年 12月 07日

東南海大地震68年

今日は1944年(昭和19年)13時36分、M8.0の大地震が起こった日だ。

夕方のニュース速報で宮城県沖でM7.3の地震発生が知らされた。

68年前に我が町を襲った大地震と同じ日に起きるなんて・・・・・。


東南海地震は町の沖合い約20kmが震源地だった。

震度はM8.0。

15分後には大津波が襲った。

私は生後8ヶ月で母の背におわれて山へ逃げたそうだ。

地震の揺れはかなりの時間続いたそうだ。

勿論立ってはいられなかったと言っていた。


テレビ中継を見ていると海岸沿いの道路を走っている車が何台も写っていた。

「何故避難をしないの?」と思った。


車を走らせていると大きな地震でも分からない事がある。

それにしても周りを見れば避難するのに走っている人々が目に入るはず。

昨年の被災を忘れているのだろうか。


寒気団が居座ってかなり寒い日だが、本当にお気の毒と思う。

午後7時20分に津波注意報が解除された。

走って転んで怪我をした方が大勢おられるそうだが、死者が出ていないようで安心した。



何時かはやって来る東海地震。

油断出来ない。

by hamabo-1m | 2012-12-07 19:24 | その他


<< 里山の日      弘法大師 >>