2012年 11月 27日

藻玉(もだま)

ボルネオに居る友人が帰国して今朝お会いした。

珍しいチョウの写真や一度は行きたいと願っているコタキナバルの写真をCD-Rにして下さった。

そしてお土産にボルネオ・サバ州のサバ紅茶も頂いた。

お昼に飲んでみたが、砂糖を加えなくとも甘くてとても美味しい。

e0008820_18532489.jpg




ポケットから何やら不思議なものを取り出した。

e0008820_18533363.jpg


大きな種だと分かったが・・・・・。

ネットで調べてみた。

これは「藻玉」というものだった。

東南アジアに広く分布している植物で、ジャケツイバラ等と同じ科のようだ。

名前の由来は「種子が落下して海水に浮かんで、海藻に混じって漂着する」ことからだそうだ。

日本でも沖縄近辺でかなりの数があるそうだ。


藻玉は「幸せが訪れる」と言われて、アクセサリーに使われている。

ネットで調べると日本でも装飾品で販売されている。

そして写真のような固体でも販売されている。



藻玉は大きな豆で長さ1m以上ある。

e0008820_18534158.jpg


人は食べることが無いようだが、ボルネオではオランウータンの餌になっているそうだ。


今日まで知らなかった植物。

世の中には不思議な動植物が多々あることを知らされた。

by hamabo-1m | 2012-11-27 19:10 | その他


<< お参り      道路建設 >>