☆ はまぼうの里 ☆

hamaboo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 08月 14日

施餓鬼(せがき)

日本の大半は8月15日の旧盆だろう。

一般的には13日から16日とされている。

我が町の大切な盆の行事である施餓鬼が行われて出席した。

我が家からは私たち夫婦、長女夫婦、次女婿の5人。


そもそも施餓鬼とは・・・。

人が生前行った功徳の結果において、次の世の六道世界に振り分けられるそうだ。

六道世界とは

1 地獄(じごく)
2 餓鬼(がき)
3 畜生(ちくしょう)
4 修羅(しゅら)
5 人間(にんげん)
6 天 (てん)  の6つの世界。

その中で餓鬼の世界とは、生前欲張りで嫉妬深い人が陥る世界で、餓鬼の世界には様々な欲求不満

の人間がおり、決して満たされることの無い己の欲望の炎によって自身の身を焼く地獄の世界。

我々凡人はつい欲深い行いを知らず知らずの間のうちに行って、その結果によって餓鬼道の世界に落

ちて苦しむかも知れない。

そうした人を救うために今生きている私たちが、餓鬼道の世界で苦しんでいる人々のために、代わっ

て善行を積んで、仏様の慈愛でもって餓鬼道の世界で苦しむ人々を極楽世界へと導いてもらうことを

施餓鬼と言うそうだ。

普段から食べ物を大切にして、また他に施して共に分け与えていくという日常の心掛けが、施餓鬼供

養の本当の意味だといわれている。


お寺でお供えや香花、お団子などを供えて住職にお経をあげて頂いた。

e0008820_21252176.jpg


この後に念仏をあげて頂いた。


午後からは住職さんの他に3人のお坊さんがお経をあげて下さった。

e0008820_21253681.jpg


右端に写っている住職さんが纏っている緋衣は、私が20年ほど前に寄贈したものだ。

緋衣は特別な行事と特別な葬儀以外は身に着けることは無い。

私の父母の葬儀には着て下さった。


明日15日がお盆。

明後日の16日の夕刻からはお寺の境内で精霊送りが行われる。

夜8時過ぎには飾り物を持って行列をし、河口に設けられた場所で焼かれる。

これが幻想的で素晴らしい。


17日には祭壇などの片付けをして総てが終了する。

by hamabo-1m | 2012-08-14 21:38 | 祭り・イベント


<< 精霊送り      国交断絶 >>