2012年 07月 21日

きほく燈籠祭り

我が町の最大イベントである「きほく燈籠祭り」が来週28日(土)に開催される。

e0008820_19352363.jpg


燈籠祭りが復活して今年で26周年。


私と仲間3人で復活に奔走してから26年も経過した。

若者たちが受け継いでくれて毎年開催されていることに感謝したい。


連日連夜紀伊長島駅横の「ふれあい広場マンドロ」で準備が進んでいる。

今年テーマは“感謝~いつも「ありがとう」の気持ちを胸に~”。

その気持ちを花束にする。

高さ10mになり重さも1,5トン。

製作は順調に進んでいた。

e0008820_19374518.jpg


製作現場の壁には過去の燈籠の写真が飾られている。

e0008820_1938158.jpg



復活した26年前は私が製作委員長を務めて巨大燈籠「龍」を製作した。

「龍」を作ることを提案したのも私。

予定では全長50m高さ15mだった。

しかし燈籠を乗せる台船の大きさの都合で35mになってしまった。

重さは約2.5トン。

「竜童組」のコンサートとジョイントした。

復活開催が無事に終わってから感激の涙が溢れたことを今でも思い出す。



花火大会を第一目的としなかった。

あくまでも昭和初期に始まった「とうろう祭り」を復活させたかったのだ。

花火大会は全国何処にでもある。

花火だけでは町を活性化する為には不満足だと感じた。


平成初期には「聖鬼魔Ⅱ」を呼んで一大イベントとした。

デーモン閣下も大変な力を貸してくれ大成功した。

NHKテレビで全国放送もされた。


最近は予算の関係から大きなイベントを組むことが出来ないのが残念だ。


町の若者達よ、素晴らしい「とうろう祭り」を永遠に続けてくれ!








お断り

毎年「とうろう祭り」にブログ友も来て下さる。

お会いするのも楽しみだったが、残念ながら今年は留守をしなければならない。

28日29日に長野市のビッグウエーブで「全国少年少女空手道選手権大会」が開催される。

三重県大会で2位に入賞した孫娘の夏鈴が出場する。

前日の27日から長野市へ出かけなければならない。

上位入賞は無理と解っていても応援を欠かすことが出来ない。

by hamabo-1m | 2012-07-21 19:58 | 祭り・イベント


<< 焼肉パーティー      セミの羽化 >>