☆ はまぼうの里 ☆

hamaboo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 02月 08日

ウナギ絶滅危惧

愛華の大好きなウナギ。

過去3年間の稚魚の捕獲が撃滅しているという記事が新聞に載った。

e0008820_8145361.jpg


世界にウナギは数種類あるそうだ。

私たちが普通食べているウナギはジャポニカ種。

中国から輸入されているヨーロッパ種。

この2種類は尻尾を見ると一目で判断出来る。

ジャポニカ種は尻尾は細くなっている。

ヨーロッパ種は尻尾まで結構太い。

太いだけに無駄が無くて良さそうだ。

味も変わらない。


問題はヨーロッパから輸入して中国で養殖されて輸入されることだ。

病気に対して薬漬けになっている。

そんなウナギを孫には食べさせられない。


昨年史上初めて産卵後のウナギを発見した。

フィリピンの東太平洋だ。


ウナギに産卵させて育てることが出来るのは夢のようだ。


愛華が大人になる頃には国産ウナギが消えているかもしれない。

ヨーロッパ種の稚魚(シラスウナギ)を輸入して日本で育てて欲しい。

by hamabo-1m | 2012-02-08 08:31 | その他


<< マコモ      17年目の挑戦 >>