2011年 09月 09日

台風12号 その後

1350mm以上降った雨。

雨が止んで4日過ぎた昨日の川を見た。


泥濁りした川と清流に戻りつつある川の合流点。

e0008820_8192833.jpg


右側の泥濁り下川の上流に私たちの「里山を守る会」の本拠地がある。


上の写真の場所から200m程下流の堰堤。

泥で濁った水が流れ落ちている。

e0008820_8193638.jpg


濁っている川の上流の山で数ヶ所山崩れを起こしている場所がある。

そしてマコモを育てている田に入る水路が完全に埋まっていた。

葉が台風被害を受けたうえに水が入らなくなった。

絶望感を味わった。


来年用の苗を作る為に何かの対処をこうじなければならない。

明日会員が集まって送球に結論を出すことにした。






非難指示、勧告、命令

多大な被害がでて死者も出た紀宝町。

住民の多くは「防災無線が無かった」と言っている。

我が町では各個に1台の防災無線が配布されている。

どんな豪雨でも強風でも家の中で役場からの連絡が入る。

数多くのスピーカーが外に設置されているが、暴風の中ではほとんど聞き取ることが出来ない。

娘たちの住む尾鷲市には室内用が無い。

「外から何か聞こえるが何も聞き取れない」と言う。

e0008820_8194427.jpg


台風上陸多発地域、豪雨多発地域である紀伊半島沿岸地帯。

室内用の防災無線受信機の設置が遅れている。


設置されている我が町では「〇〇地区が危険。非難して下さい」とハッキリ聞こえてくる。

そしてJRが止まった事、国道が不通になったこと等随時放送される。

昨日の夕方も不通となっていた町道が開通したことを知らせてくれた。

お金の無い地方財政。

県や国の援助で早急に設置して欲しいと願っている。

この1台があれば三重県南部や和歌山県での大惨事も未然に防ぐことが出来ただろう。






手術後4日目

メガネ無しで視力が0.8程に回復している。

以前からかけていたメガネの右レンズを外した。

左目よりも視力がある。

koneko2yさんが仰っておられた「白が綺麗に見える」のを実感出来た。

濁っていた水晶体を新しい物に変えた結果だ。

左目で見る色が濁っている。

今までの色の判断が間違っていたことが分かった。

そして部屋も明るく見える。

来週の13日に左目を手術したらどんな世界が待っているのだろう。

手術が楽しみになった。

by hamabo-1m | 2011-09-09 08:53 | その他


<< プリウス・アルファ      ミョウガの収穫 >>