☆ はまぼうの里 ☆

hamaboo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 09月 08日

ミョウガの収穫

5日の朝庭のミョウガを見るとたくさん芽を出していた。

葉を掻き分けて捜して収穫した。

e0008820_7154659.jpg


早速女房が綺麗に洗って酢漬けにした。

春に植え替えたミョウガ。

春ミョウガだが植え替えたばかりで収穫出来なかった。

それが秋ミョウガとしていっぱい芽を出したのだった。






手術後

白内障の手術を受けた翌日の朝はぼやけて見えなかった目。

時間が経過するにつれて少しづつ回復に向かっている。

当分の間はブログもお休みするつもりだったが大丈夫のようだ。

ただ写真を撮るのが難しい。



昨日の夕方には自分で運転して地元のメガネ屋さんへ行った。

今までかけていたメガネの右レンズを取り外してもらった。

すると今までと極端に違わない視力となった。

しばらくは防護メガネと併用することで生活に支障が無くなった。


朝昼夕寝る前の4回の目薬が大切。

一日一日回復に向かっているように感じる。


今日からお風呂に入ることも出来る。

顔に水がかからないよう気をつけなければならない。

一番の問題は洗髪だ。

行き付けの美容院で洗って貰うようお願いしてある。


来週13日には左目の手術だ。

楽しみだ。







台風被害

台風12号の被害が次第に明らかになってきた。

怪我人などの人的被害は皆無だったが、山奥では土砂災害が数多く確認されている。


我々が育てているマコモにも甚大な被害が出た。

e0008820_935407.jpg


上の葉が壊滅状態になってしまった。

それでも根元部分は残って少しでも収穫が望めると思った。

ところが水田と同じように水が入らなければならない。

その水路の上流で大規模な土砂崩れがあり、水の確保が絶望的になってしまった。

先程役場の建設課へ出向いて相談に行った。

町内の至る所で災害が起こっているので回復には相当な日がかかると言う。

勿論一般町民の生活に直結する災害を優先しなければならない。

マコモの水路回復は等分の間は絶望になった。


今年の収穫を諦めることは簡単だが、来年の為に苗の確保が最優先で対処しなければならなくなっ

た。

早急に会議を開いて今後の対策をすることとなった。


まだ元気な苗を掘り起こして水が絶えない水田に移植しなければならない。

その水田も借り受けなければならない。


今年は自分達で育てたマコモを食べることが出来ない。

収穫を待っている人々にもそれを伝えなければならない。

かなりショックな状態だ。

by hamabo-1m | 2011-09-08 07:29 | 我が家の庭


<< 台風12号 その後      お知らせ >>