2005年 10月 19日

猿の腰掛

昨日の新聞記事を見て「猿の腰掛」を見に行った。
昔はよく目にしたが、どうして減ったのだろう?
記事の中に「猿の腰掛」と「霊芝」が混同されているように感じた。

早速インターネットで調べると、意外な事実が書かれていた。
猿の腰掛は単なる俗称で、そのものは存在していない。
「〇〇〇猿の腰掛」と言われるものは幾つか有る。
「霊芝」は中国名で和名は「万年茸」と呼ばれる。
漢方薬として高値で取引されている。

さて下の写真は何だろう?
e0008820_820770.jpg

e0008820_8205641.jpg

俗称「猿の腰掛」の一種は多孔菌科の中の一つだそうだ。
もしそれであるなら、寄生しているこの樹木は枯れてしまうようだ。
木の寿命を知らせる物だそうだ。

ネットで調べて書いたが、間違いが有るかも知れない。
皆様も是非調べてから、知識として残して下さい。
No.330

by hamabo-1m | 2005-10-19 08:29 | その他


<< クイズ      サギ >>