2011年 02月 22日

税金の無駄使い

高速道路紀勢線の上りサービスエリアに初めて立ち寄った。

そこで見つけた驚き。

ドライバー向けのパンフレットが山積みされていた。

e0008820_8565643.jpg



高速道路無料化実験の案内パンフだ。

e0008820_857575.jpg



ETCレーンの使い方まで。

e0008820_8571461.jpg



こんなものは必要だろうか。

高速道路のSAには昔から数々のパンフが置かれている。

そのほとんどは必要のない物だと感じていたが・・・。


パンフを納入する業者が「こんなものを作って置いてはどうでしょう」と道路公団に言っているのだ

ろう。

道路公団の担当者が接待を受けているのだろうか。





我が町を通る生命線の国道42号線。

台風や豪雨で度々通行止めとなる。

それを解消するために紀伊長島から尾鷲市までは国の直轄事業で2年以内に完成する無料高速道路。

開通後は国道42号線の車の通行量は撃滅するだろう。

それを目前にしながら追い越し車線工事を行っている。

10年前に出来ていれば良いことだった。

何を今更という気持ちがある。


別の場所では交差点の拡幅工事が行われている。

右折車があると少し渋滞が起きる。

しかしそれも十数台の車だ。

事故が多発しているわけでもない。


これらの工事も建設業者と国の癒着で行われているしか思われない。





先日岩海苔を採りに行った「和具の浜海水浴場」。

紀伊長島区に作られた30数億円の海水浴場と同じだ。

どちらも辺鄙な場所で滅多に人が訪れることがない。

これらも何故作られたかは地元業者との癒着以外に理由が見つからない。


小さな我が町でもこれだけの税金の無駄使いが目立つ。

日本全国で考えるとゾッとする。


こんな無駄使いをするなら他に使い道がいっぱいある。

学校の耐震工事や建て替え。

保育園の充実。

これらには「予算が無い」と言い少しづつしか進まない。


各省庁の予算の違いがこういう現実を引き起こす。

今一番問題なのは国交省だろう。

見返りの多い事業で国会議員が潤うに違いない。

by hamabo-1m | 2011-02-22 09:32 | その他


<< スギ花粉      夕食 >>