2011年 02月 20日

嬉野大根(うれしのだいこん)

ご存知だろうか嬉野大根(三重県嬉野町)。

過去には日本一高値がついた大根だ。

嬉野大根は無菌の土に有効微生物を混ぜて発酵させた「土こうじ」を使って、安心安全な栽培方法に

より白くてつるつるしたみずみずしい大根が生まれる。

見た目は他の大根とさほど変わらないので画像はカット。


数年前からこの大根にはまっている。

大根おろしは勿論サラダや輪切りにして生で食べても絶品だ。

私は晩酌の肴に輪切り大根に少しの塩をかけて食べる。

是非是非一度は食べて頂きたいと思う一品だ。


その嬉野大根もそろそろ収穫が終わるという。

一年中食べられないのが残念だ。


松阪市方面に行った時には必ず数本購入する。

1本の値段は150円前後。

今では普通の大根と変わらない値段になった。


地元で栽培したいと思い種を分けて頂けるようお願いした。

「地元農家の財産だから種はお分け出来ません」と言われた。


おそらく名古屋方面でも売られているだろうが、それ以外は手に入らないだろう。


今日の夕ご飯にもドンブリいっぱいの大根おろしを食べた。

それに菊芋のキンピラ。

もうひとつは冷凍マコモと鹿肉で作ったキンピラ。

なんて健康食ばかり食べているのだろうと自画自賛。


先週は久居市の蕎麦打ちメンバーが農家から分けて頂いた100本前後の嬉野大根を差し入れして下

さった。

その中の一部は即売した。

購入したお客さんは食べてみて驚いたに違いない。


来年の収穫時期には何時も訪問頂いている皆様にプレゼント出来たらと思っている。

by hamabo-1m | 2011-02-20 19:38 | その他


<< 夕食      白鳥 >>