2010年 09月 29日

肺炎球菌

肺炎で亡くなる方の90%以上が65才以上だそうだ。

先日中日新聞の片側一面広告にワクチンの記事が載った。

e0008820_18474798.jpg



昨日町の健康診断で病院へに行った。

そこの友人の医者に聞いてみると「ワクチンが1本あるよ。打とうか」と言われた。

「お願いします」と直ぐに打ってもらった。

保険が利かず6500円。

健康でいるための出費としてはそれ程高価でもないと思った。

ワクチンの効果有効は約5年間。

ブログを見てくださる中の65才以上の方々に是非お勧めしたい。




もう一つ医者に質問した。

「先生、家族に迷惑をかけたくないからコロっと死にたいね。」

先生が言った「それは無理難題だ」

脳梗塞、心筋梗塞、事故以外はコロっと死ぬことが出来ないようだ。

最後に先生に言った。

「私が倒れて寝たきりになったりしたくないから、延命治療はしないで下さい」

先生が「倒れたら救急病院へ行くから私には出来ないね」と。




健康保険証の裏に肺炎球菌ワクチン接種を受けたことを証明するシールが貼ってあった。

そこに自分自身の意思表示をするシールを貼るのが良いのだろう。

「無駄な延命処置をしないで下さい」

「臓器は網膜以外は提供します」

「網膜だけは女房に移植して下さい」

早速シールを作ることにしよう。

by hamabo-1m | 2010-09-29 19:06 | その他


<< ナンバンギセル      緑色の卵 >>