2010年 09月 27日

中国人を見ると・・・

我が町にも100人前後の中国人研修生がいる。

名目上は研修生だが出稼ぎ労働者と言うのが正しい。

尖閣列島問題が起こってから中国人労働者を見る目が変わってしまった。

話しかけて「尖閣諸島問題をどう思うか」と聞いてみたい気もする。

彼女たちも自国では反日教育を受けていたはず。

それなのに嫌いな日本に何故やって来るのか。

スーパーへ行くと商品を一つ一つ手に持って吟味する。

それを返す時には投げ捨てるような行動。

問題が起きてから彼女たちを見る目が変わってしまったのは私だけだろうか。

だからと言って彼女たちに危害を加えたりする者はいない。

日本人は優し過ぎるのだろうか。


雇用主に聞くと「人目がない時には必ずさぼろうとする」と言う。

それでも安い労働力が魅力なのだろう。

町内にいる中国人には今回の事件には何も関係ないことは分かる。

しかし国に帰れば日本批判をするに違いない。

教育の違い国民性の違いと言ってしまえばそれまでだ。


中国では日本人を狙った事件が起きている。

逮捕された4人の日本人。

彼らはハメラレタたのであろうが、軽率な行動でもあった。


世界から見れば日本も中国も笑い者だ。


政府は沖縄地検の判断と言っているが、そんなことを地検が出来るはずもない。

首相、外務大臣が留守をしている時に幹事長が勝手に判断したのだろうか。

中国大好きな小沢、鳩山が動いたに違いないと思う。

民主党議員が「長期政権を担っていた自民党が問題を先送りにした結果だ」と、小学生の喧嘩の言い

訳のような発言をしている。

国会議員が責任のなすりつけあいをしている情けない姿。


日本国家も落ちるところまで落ちたと感じる。

by hamabo-1m | 2010-09-27 22:35 | その他


<< ツリガネニンジンとソバナ      虫捕り >>