2010年 08月 28日

年金不正受給問題

毎日報道されている年金不正受給問題。

それが高齢者の所在不明問題に発展した。

先日尾鷲市でも147歳の方がいるのが判明した。

それに驚いていると・・・何と我が紀北町にも149歳が生存している事が分かった。

江戸時代末期に誕生している女性。

子孫が町内に居るにもかかわらず何故こんな事が・・・・・。

100歳以上の戸籍上での生存者が72人いることも判明した。

また戸籍上の生存者とは別に町内に住所があるのは7人だそうだ。

7人のうち1人は私の伯母だ。

この伯母は今でも私の名前を間違えたことが無い。


人口2万人強の小さな町でもこんな事が起きるのかと驚くばかりだ。


私の母も95歳。

遺族年金と軍人遺族年金を頂いている。

毎年調査票で返答している上に医療も受けている。

医療記録を調べればもっと簡単に分かりそうに感じるが・・・・・。










秋近し

残暑厳しい中でも野山では秋の兆しを見せている。

e0008820_7221748.jpg



e0008820_722254.jpg



毎日気温が30度を越している。

その中で育っている栗の味はどうなんだろう?


我が家のイチジクは猛暑の為か落果が多く、甘味も少し欠けているように思う。

間もなく収穫が終わろうとしているイチジク。

300個以上実が付いて50個以上落果した。

残っている実も毎日やってくる10匹程のスズメバチが食べている。

葉が少ないことで実が目立っていたのだろう。

by hamabo-1m | 2010-08-28 07:28 | その他


<< 世界一小さな花火大会      事故死 >>