2010年 04月 05日

矢の川峠

現在の国道42号線は尾鷲市から長いトンネルで南下出来る。

昭和30年代までは高い山を越えていた難所だった。


その峠の頂上まで仲間と登った。


岩を削って出来たトンネル。

e0008820_858038.jpg


途中の道沿いには可愛く綺麗なツツジが出迎えてくれた。

e0008820_8581152.jpg


途中の道から見える尾鷲湾。

e0008820_8582348.jpg


ここに見える町は尾鷲市三木里地区。

e0008820_8583377.jpg


所々コンクリートで舗装された場所もあった。

多分車がスリップする場所なのだろう。

e0008820_8584350.jpg


歩き始めてから2時間半で峠の頂点に到着。

左に何やら表示されている。

e0008820_8585289.jpg


なんとここから富士山を撮影した人がいたようだ。

何処の誰かは書かれていなかったが驚きだ。

e0008820_859176.jpg


所々に朽ち果てた倒木に苔が生えていた。

e0008820_8591622.jpg


砂防のコンクリートにはびっしりと苔が付き緑のカーテンに見えた。

e0008820_8592529.jpg


小さな滝も数箇所にあった。

e0008820_8593663.jpg




万歩計によると私の足で往復28.000歩。

所要時間は約5時間。

仲間の皆は普段から山歩きに慣れている。

私を心配して気遣ってくれた。



この旧国道を人は勿論車も行き来していた。

昔の人の健脚を教えられた。

所々に落石があり難所だったに違いない。

今では重機で工事が出来るが昔は大変な作業だったに違いない。

今でも雨が降ったり強風の度に落石があるようだ。





何故こんな所へ行ったのか・・・・・。

この6人で月末に夢紀行を予定している。

それは帰ってくるまで内緒にしておこう。

by hamabo-1m | 2010-04-05 09:26 | その他


<< タイムカン      ミカドアゲハ >>