2009年 08月 18日

糠漬け

お漬物が大好きな私。

勿論我が家の糠床で漬けられたものだ。

先ず写真を見て「これは何だろう」と首を傾げるだろう。

e0008820_8283968.jpg

昆布、キャベツ、そして手前にある刻んだ物は???


暖かいご飯の上に乗せる。
e0008820_8284859.jpg



二杯酢を適度にかけて混ぜご飯にする。
e0008820_8285934.jpg

これが絶品なのだ。

さてその正体は。

サツマイの茎を刻んだものなのだ。

普通は大きくなったサツマイモしか食べないだろう。
戦中戦後の食糧難に茎を食べたのが始まりのようだ。

糠に漬ける時間はキュウリなどの倍の時間がかかる。
漬ける前に皮を剥いた場合はもう少し短時間に出来る。


他にも美味しい食べ方がある。
それは「キンピラごぼう」ならぬ「キンピラ芋」だ。
これも思わず「ウソッ、美味しい」と言うに違いない。

農家の方々も茎を食べる人は皆無だ。

「小母ちゃん、芋の茎をちょうだい」と言うと「どんだけでも採っていきな。ところで何に使うんや?」と必ず聞く。
食べ方を説明すると「あんたは貧乏暮らししてるんか」と笑う。

最近は道の駅や朝市などでも時々出ている。

もし手に入る方が居られたら是非お試しあれ。






ワラサのあら煮。
e0008820_8291157.jpg

全ての魚で作ることが出来るあら煮。
安くて美味しい一品だ。






次にナスの生。
e0008820_8292098.jpg

写真のように新鮮なナスをミカン割りにする。
それを水に漬けて2回灰汁だしする。
最後に水に入れたまま冷蔵庫で数時間冷やす。

酢味噌を付けて口に運ぶと・・・・・。
美味しい!


耐乏生活を切り抜ける為の工夫料理。
必ず役に立つ日が来るだろう。

by hamabo-1m | 2009-08-18 08:53 | その他


<< 稲刈り      センニンソウ >>