☆ はまぼうの里 ☆

hamaboo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 06月 12日

伊勢型紙

名古屋市で開かれている伊勢型紙「東 邦光 個展」へ行った。

東邦光氏は30数年前からの友人だ。

会場は名古屋市民ギャラリー。

会場に到着すると次々と観賞に訪れる方がいた。

久しぶりに見る作品の数々。

e0008820_728524.jpg



e0008820_7292541.jpg



お客様に説明をする東氏。
e0008820_7304831.jpg



繊細な部分をアップ。
e0008820_7294820.jpg

(撮影はニコン・クールピクス)


東邦光御夫婦と時間の許す限り話した。

会場を後にするとブログ友の三浦氏も会場に来られた。
三浦氏と奥様は2年前にitsukiさんの「ステーキハウス樹」でお会いしている。

その後には同じくブログ友の〇ちゃんが会場に来られた。
お二人にお会いしたかったが残念なことだ。















高速バスで名古屋駅に到着後「ジェイアール名古屋高島屋」の51階にあるカフェで食事をした。

目の前に広がるパノラマに驚いた。
e0008820_7521921.jpg



突如目の前にヘリコプターが。
上の写真の左側のビル屋上に着陸した。
e0008820_7531968.jpg


眼下に広がる名古屋の町並み。
e0008820_7523118.jpg


私が食べた「生ハムのサンド」
e0008820_753427.jpg


このカフェの若い男性従業員がとても親切だった。
おのぼりさんの私たち夫婦に名古屋市の景色を説明してくれた。
気持ち良い待遇に「また行きたい」と感じた。





帰宅前に買い物するために歩いていると目の前に現れた建物を見て驚いた。
なんとルイビトンの店舗だ。
e0008820_7532997.jpg

私は個人的にルイビトンが大嫌いだ。

約34年前にフランス・パリでルイビトンの直営店へ行った事がある。
勿論女房へのお土産を買う為だった。

開店直前に店に行くと店員が出てきて英語で「日本人には売るものがないから帰れ」と言われた。
私と友人が激怒して店を後にした。
その時に誓ったことは「生きている間はルイビトンを買うまい」。

それ以来ルイビトンが大嫌いになった。

今では日本での販売が主力となっているルイビトン。
その時の従業員は現状をどう見ているのか知りたい。

その後グッチの直営店へ行きお土産のバッグを購入した。
グッチでは女性の店員さんが英語で親切に説明してくれたのが今でも記憶に新しい。

田舎のジャージー姿のオバちゃんでもビトンの財布を持って買い物をしている今。
ビトンの経営陣に見せてやりたい。

by hamabo-1m | 2009-06-12 08:13 | 祭り・イベント


<< ホタル ②      伊勢型紙 >>