2009年 05月 04日

熊野市・磯崎みなとまつり

昨日熊野市・磯崎で行われたお祭りに出かけた。

初めて行く磯崎が何処にあるかも知らなかった。
カーナビにセットして指示通りに走ると・・・エッと思うような山中を走らされた。
これも楽しい事だった。

途中で時々見かけるチョウ。
写真を撮りたいが遅れる事が出来ない。

何故って?

ブログ友ぐれーすさんのお嬢さんが出演するからだった。

何と到着したのは10分前。
ホッとしてぐれーすさんの姿を探すが、大勢の中ではまったく分からない。
携帯電話に電話するがソーラン踊りの音楽で呼び出し音が消されて聞こえない。

踊りの合間を狙って再度電話すると繋がった。

そこにはぐれーすさん、ご主人、長女の〇〇ちゃんが待っていて下さった。

いよいよお嬢さんの出番だ。

表情から察するとかなりの緊張感が見えた。

ご自分で作曲、作詞した曲を弾き語りすると会場内のざわめきが消えた。
e0008820_9163317.jpg


e0008820_9164233.jpg



本来なら可愛いお顔をお見せしたいが・・・・・。
e0008820_9165233.jpg


2曲演奏して大拍手のもとで終わった。
ご両親も満面の笑みでお嬢さんを迎えた。

私にも挨拶して下さった。

「かなり緊張してたね」と聞くと「ハイ・・・」と、まだ緊張が続いている様子だった。

将来はシンガーソングライターになりたいと夢見る少女の笑顔が輝いていた。


演奏が終了してからしばらくの間ぐれーすさんとお話して当地を後にした。

29日のどれみままさんの演奏会に続き、ぐれーすさんのお嬢さんの演奏を見せて頂いた。
素敵な時間を過ごさせて頂いたご両人に感謝致します。





余 談

私が会場内を歩き回っているとソーラン踊りを終えた人と目が合った。
「何処かでお会いしましたね?」と聞かれた。
「紀伊長島の踊走会のメンバーです」と答えると皆さんが驚いていた。
後ろからは「踊走会の人が見に来てくれているよ」と聞こえた。
何だか嬉しくなった。
「我がチームは紀州で一目置かれている存在なのだ」と感じた。

by hamabo-1m | 2009-05-04 09:31 | 祭り・イベント


<< 桐の花      エビネ >>